So-net無料ブログ作成
検索選択

   次回の科学バーのお知らせ(11月24日&12月22日)

    12月22日(木)に、科学バー(東京日本橋)を開催です。「アフリカ大陸の地下をめぐる水のはなし~モザンビーク地底探査ルポ」というタイトルで、アフリカ大陸の話やそこに住む人たち&地下水の話をします。(右アイコンをクリック)。また京都でも科学バーを行います(11月24日:木)(先斗町memeさん)。テーマは「コンピュータは地震を予知できるか?」です。電気羊も夢をみる?
KIWI.JPG

前の10件 | -

第1回「科学バー@ホーム」、開催してみます! [▼研究実況 Now!]

東京・京都で好評開催中の「科学バー」ですが、遠くにお住まいだったり、
都合がつかなかったりする方も多いと伺っています。
そこで! ちょっと新しい挑戦として、「科学バー@(アット)ホーム」を開催してみます。

ようするに、科学バーのWeb中継です。
PC、タブレットなどがあれば大丈夫。自宅で居ながらにして科学のお話を聞く、
というわけ。私も自宅から参加(中継)します。

---------------------------------------------------------------
★第1回「科学バー@ホーム」★
2016年12月10日(土曜日)  23:00~ (約40分間)

テーマは「コンピュータは地震を予知できるか?」
2011年以降、日本のアチラコチラで地震が起きています。コンピュータを使えば
これらの地震発生を予測することはできるのでしょうか? その最前線に迫ります

話をする人:後藤 忠徳 ( Tada-nori Goto,http://obem.jpn.org/)
京都大学大学院工学研究科都市社会工学専攻・准教授

場所:お酒とPCなどをご準備いただき、下記へアクセス下さい。
 → https://zoom.us/j/3065252059
   zoom.JPG
   イメージ:GENBA-ISM Webページ「ZOOMの使い方」より
 ※当日は、Zoomというビデオ会議室を使用します。
  ワンクリックで繋がります。PC、Android、iPhoneなどをご用意下さい。ユーザ登録
  などの必要はありません。また、当方では「総接続数」は分かりますが、参加者の
  詳細情報(お名前・お住いの場所)などは分かりません。
  Zoomの詳細は上記のGENBA-ISMさんのサイト、もしくは下記をクリック。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

地図がおもろい [▼科学ニュース New!]

ブラタモリが好きだ。タモさんの地形好き・地質好きに頭が下がるし、
同行する女子アナウンサーとのやり取りも軽妙だ。
(いまの近江アナもよいが、その前の桑子アナも久保田アナも、すごく良かった)

ブラタモリ (2) 富士山 東京駅 真田丸スペシャル(上田・沼田)

ブラタモリ (2) 富士山 東京駅 真田丸スペシャル(上田・沼田)

  • 作者: NHK「ブラタモリ」制作班
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/07/29
  • メディア: 単行本



ブラタモリ 4 松江 出雲 軽井沢 博多・福岡

ブラタモリ 4 松江 出雲 軽井沢 博多・福岡

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/10/14
  • メディア: 単行本


しかし、何が面白いって、地図が面白い。
例えば先日の「富士の樹海」の回でもこんな地図が紹介されていたっけ。
赤色立体地図.JPG
●千葉達朗, 「-赤色立体地図- 地形・地質調査のための地図表現」より
 (関東地質調査業協会技術委員会 技術ニュース, 85, 2015)
 http://www.kanto-geo.or.jp/various/technologyRoom/newsArchive/pdf/tNews_85.pdf

どれも青木ヶ原の溶岩を上から見た図だが、左上は空中写真、右上は地形図。
あまり溶岩っぽくはない。左下は等高線図。ちょっとシワシワが目立ってきて、
溶岩ぽくなってきた。そして右下がブラタモリにも登場していた赤色立体地図。
地形の凸凹を強調した地図だが、うん、これなら溶岩っぽいね!

続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

同窓会 [▼研究実況 Now!]

今日は大学時代の恩師を囲んでの同窓会です。
懐かしいお顔達。

20161203_180249.jpg

考えてみれば、私の最近行ってる研究内容って、
回り回って、学生の時に見たり聞いたり、
体験したり、そんなものの焼き直しの気がします。

さて私は今の学生達に何を残せるのだろう?

…オットいかん、乾杯の準備!
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

補足:西南日本の地震活動を前回と比較 [ 電磁気で地震予知]

先日、当ブログで「次の大地震はどこで起きるか?」という記事を書きましたが、
そこでこんな図を紹介しました。

20140730180648d0d.jpg
 ※福井の原発群と地震・断層(ブログ「原発ゼロと自然エネルギー」さんより)
 ※元資料や解説は、こちらを参照→ http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2016-11-23

前回の南海トラフでの地震(1944年、1946年)前後の地震活動と、最近の地震活動を
もう少し詳しく比較してみましょう。っていうか、図を作ってたのに紹介するの忘れてた。
(てへぺろ)

map1.jpg
※過去の地震津波災害(気象庁)の図に加筆
 http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/higai/higai-1995.html

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

九州大学に行ってきた。 [▼研究実況 Now!]

20161130_170202.jpg
先週になりますが、九州大学に行ってきました。

理学部や工学部がある「伊都キャンパス」で、学会があったのです。
20161130_170312.jpg

しかし(話には聞いてましたが)でかい建物!

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ブログを続けていて、うれしいこと。 [▼ブログ管理]

※昼頃に下書き状態のまま、Upしてしまいました。設定ミス!
えーっと、忙しくてなんにも書いてませんでしたが、、、
この10月で当ブログ開始からなんと、11年が経ちました。いま12年目です!
うぉ、人間で言えば、もう小学校5年生ではないか!


 当ブログのマスコット、メンダコのナナちゃん!
 ※7年目突入時に誕生しました。→ こちら

読者の方などから、しばしばこういうご質問を頂きます。
「どうしてブログを続けたり、一般講演をたくさん引き受けているのですか?」
研究者は研究をしていればよい、そう思っている研究者は実際に多いです。
私にとっての理由は結構簡単なのです。

続きを読む


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

秋の古墳公開に参加中 [▼研究実況 Now!]

20161127_104840.jpg
20161127_104905.jpg
大学の近くの「古墳の森」の一般公開に参加しています。春に引き続き、2回目の参加。
じゃなかった、昨年秋もポスター展示をしていたので、3回目でした。
→ http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2016-07-10
→ http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2015-11-15

でも本日の天気は雨! ホントは地下探査の実演(ライブ地下探査)を
やる予定でしたが、雨では装置がもたないため断念。
それでもお客さんはちらほら(写真は午前中)→午後は増えてきました。
古墳の内部見学にも、勾玉作り体験にも待ち行列。

20161127_105935.jpg
20161127_105856.jpg
傍らでは古代米を薪で炊いてます。
それを取材する地元のケーブルテレビ局。
いいですね、ローカルなお祭りという感じ。

そんななか、私は地下探査のポスターをはって説明してます〜
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

次の大地震はどこで起きるか? [ 電磁気で地震予知]

昨日、福島沖でマグニチュード7.4の大地震が起きました。東北地方にお住まいの方は
もちろん、都内にお住まいの方も飛び起きたのではないでしょうか?
津波も発生しましたし、ドキリとしましたね(被害が少なくて、ホッとしました)。
●平成28年11月22日05時59分頃の福島県沖の地震(気象庁)
 http://www.jma.go.jp/jma/press/1611/22b/201611221100.html

また先週末は関西も揺れました。和歌山でマグニチュード5.4の地震が起きています。
●地震情報 2016年11月19日 11時48分頃発生 和歌山県南部 - 日本気象協会
 http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20161119114809.html

日本中が揺れている昨今ですが、これらの地震はプレート境界では起きたものではなく、
将来のプレート境界での巨大地震(南海トラフ等)に直接影響を与えることはなさそうです。
type.JPG
 ※地震津波対策:地震について(国交省 四国地方整備局 那賀川事務所

続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

謎や疑問の追究方法:ナウマンの場合 [ 科学コミュニケーション]

「研究」と「勉強」(学習と言ったほうがただしい)の違いはなんだろう?
高校までひたすら打ち込んできたのは、勉強あるいは学習(Learn)の方だろう。
一方、大学に入学し、4回生ともなれば、卒業するために研究(Research)なるものを
やらないといけない。卒業論文を書いて、晴れて卒業という大学は多い。

「研究」と「勉強」の違いはなんだろう?
私はよく、この問いを高校生や大学1回生に向けて投げかける(※注1)。
私なりの正解は、「勉強には答えがある、研究には答えはない」だ。
解答の付いていない参考書で受験勉強できるだろうか? 
他方、解答付きの研究など、私はみたことはない。
(大抵は想定した「解答」と違ってくるものだ)。

科学的研究とは、つまりは謎や疑問の追求である。
しかし卒業研究などが徐々に佳境を迎えつつある昨今、研究の進め方で悩む学生も多い。
今日は、ある研究者の足跡を辿って、上手な謎の解き方を考えてみよう。

P8170139.JPG
 唐突にゾウ。タイにて撮影(この話題もまたブログに書かなきゃ)。

続きを読む


nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

鴨川で地下探査中 [▼研究実況 Now!]

20161115_150200.jpg
秋の鴨川でハイキング。
ではなくて地下探査。
磁気探査中の学生さんたちです。
しかし実は測量の方に手間取ってたりして。
小雨もさっき降ってきたが、いまは止んでる。
さ、頑張って!
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog
前の10件 | -
メッセージを送る