So-net無料ブログ作成
検索選択

論文ができるまで ~さてやりますか?(1) [ 連載 Old..]

まとまった時間を取れる夏休み。論文執筆にはいい時期だ。
この1週間で1本、英語の論文を書いて投稿する、そんな状況を毎日実況してみたい。
全7回+αである。これから論文を書こうという誰かに向けて、というか
正直言って自分の意気込みを切らさないための実況である。

材料はもう揃っている。前にプレス発表したものを英文にして世界に発信するのだ。
「新潟沖における海底下のメタンハイドレート柱状分布の発見」


学会などでの発表から1年経っている。いろいろ事情があって…ゴニョゴニョ。
…まあ、気にせず進めることとしよう。

今回は研究作業そのものの肝心な部分、つまり「研究のテーマ選び」とか「実験や観察で
成功するには?」「失敗したときのフォローは?」といったの解説はすっ飛ばして、
すでに得られている研究成果の論文化のみを紹介する。
なので「夏休みの宿題」のテーマの探し方には役立たない。面目ない。
それはまたの機会とさせていただきたい。今回は純粋に「論文はこうして仕上げる」
という雰囲気をご覧いただければ幸いである。それでは、レッツ執筆!(古い表現)

人気ブログランキングへ

しかし私は筆が遅いので、ちゃんと実況できるのか不安である。ええい、有言実行だ。
敬愛するブロガー、大隅先生もおなじことを記事でおっしゃていた。
http://nosumi.exblog.jp/5918047/

※この記事の続きをよむには、サイドバーの「カテゴリーの紹介」をご覧下さい。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る