So-net無料ブログ作成
検索選択

ブログの自動サービスと広告(3) [▼ブログ管理]

前の記事からの続き。これでおしまい。ソネブロ広告とAmazonおまかせリンクの
欠点から、ブログでの広告の方向性について考えてみる。

ホームページ上の自動広告として有名なのは「Amazonおまかせリンク」だ。これを置いて
おくと自分の記事と関係があるAmazonの商品(書籍など)がお薦めとして表示される。


  ↑ 関係ある広告が出てるかな? ↑

昨年末にこの「おまかせリンク」を当ブログのサイドバーにおいてみた。ソネブロの自動広告
とは違って、なかなか的確な商品紹介だった。以前からおいていた「Amazon商品紹介」
(こちらは”非自動”=手動リンクだ)とあわせて、2つのAmazonリンクが当ブログの
サイドバーを飾った。Amazonの商品紹介を通じて、書籍表紙を飾る色々な写真や絵
などを無料でブログに自動表示できるのはおもしろかった(著作権侵害の恐れもない)。

…しかし「おまかせリンク」を先月外した。私が外した理由は2つある。

1) おまかせリンクは無関係な書籍も紹介 →リンク先への読者の満足度が低い
読者は正直だ。ブログの記事でも広告でも、見出しと内容があっていないという
経験が何度かあると、そのようなブログや広告には見に行かなくなる。
レストランで例えれば、いかにおいしい料理を出すとしても、期待はずれが1度2度と続くと
その店には足を運ばなくなるものだ。代わりのお店はたくさんある、という背景もある。

2) おまかせリンクは機械的 →ブログそのものが商業的に見えて読者は興味を失う
Amazonリンクのクリック数は、「おまかせリンク」を使っていた期間は減少気味だ。
クリック数は「おまかせリンク」も「手動リンク」も合算されているので、従来から
おいていた「手動リンク」へのクリック数も減っているわけである。
つまり、1だけではなく、2の影響も大きいといえる。

もちろんこれらの解釈には当ブログの記事毎の質の差とか、日々のアクセス数とかも関係
するので単純に「おまかせリンク」が悪いとはいえないだろう。ただ、今月から「手動リンク」
のみに戻したら、クリック数は少し増えたようだ。

---
ソネブロとAmazonの例から言えることは、完全な自動広告はブログには不向きであり、
ブログの中身と同様に広告の「手作り感」が重要なのではないだろうか?ということだ。

ブログを個人経営の小さなレストランとすれば、Googleなどは巨大外食チェーンだ。
お客が求めるものは自ずと異なる。Googleの検索結果のように何百万人ものアクセスが
あるサイトについては、機械的な自動広告でもある程度の集客は見込めるだろう。一方、
一般的なブログに表示される広告は少数の読者層にあわせるべきであり、ブログの中身
とマッチした商品がブログ著者の手によって紹介されることが必要だと思うわけだ。
技術的には単なる自動広告ではなく、ブログ記事に関連する広告をブログ著者が効率よく
選べるようなシステムが必要だ。つまりブログ著者が情報提供する際の「コンシェルジュ」が
自動システムの役割ではないか?

例えば前記事で触れた「TagClick」だが、元となるキーワードは手入力だ。TagClickが
行うことは、最新記事の中に登録されたキーワードがあるかどうかを自動的に見にいき、
キーワードの出現頻度をチェックして、リスト化するだけだ。一見不便だが、コンピュータに
とって苦手な「情報の解釈・要約」をヒトが、ヒトにとって苦手な「情報の逐次収集・整理・
集計・更新」をコンピュータが行っている。ブログの広告システムについても、このような
方向性がマンとマシンの良い関係のように思うがいかがだろうか?

まぁ、なんということはない。
「自動処理にまかせずに一手間をかけるとよい」という当たり前の主張である。

人気ブログランキングへ

ところで読者が当ブログの広告をクリックすれば、商品の紹介料などがソネブロやAmazonから
私へ支払われる。この際なので正直に言おう。当サイトの場合、ソネブロの広告では数十円/月、
アマゾンの広告で約100円/月である。微々たる金額ではあるが、当ブログの活動を通じて還元
したいと考えている。前者はソネブロを通じて自然災害の義援金へ募金予定だ。後者は本の購入
にあてて、当ブログのネタにさせて頂いている(いままでに買ったのは2冊だ)。
しかし世の中にはこの紹介料で生活できる人がいると聞く。にわかには信じがたい。


nice!(3)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 3

コメント 7

HIROMI

こんにちは。
Amazonの広告は、どう関係があるのか分からないものが出てました。「頭皮洗浄ブラシ」とか「水出し珈琲ポット」とか。どの言葉にHITしたのでしょうね?
おまかせリンクのマイナス面、わたしも同意見です。
by HIROMI (2007-08-16 19:20) 

すうちい

私も本の画像が使える、という理由でマイブログで利用してます。ときどき画像のないやつにSCANした画像を内緒で使ってますけど。^^
アフェリエイトは面倒くさいので未登録。でも今度登録してみよう♭
by すうちい (2007-08-16 21:02) 

ちゃめ

「Amazonおまかせリンク」は、私のブログの場合は、なかなかのマッチ度なのですけど、18禁書籍を表示するのは、止めて欲しいなぁ…。
 アドセンスも随分改良されているようですが、選ばれたキーワードに対する広告主の多寡も関係するようですね。
 あと、時間帯によって広告が変わったりするみたいですよ(あくまで感覚的なお話です)。

 手動リンクの場合は、Manta さんが良いと思ったものを選んでいる訳なので、ブログ読者(多くの場合、Manta さんに好感を持っているはず)としては、関心を持ちやすいですね。
by ちゃめ (2007-08-16 23:35) 

MANTA

駄文に長々おつきあいいただきましてありがとうございます > 皆様

- この記事の広告は極端に精度が低いようです。Amazonの話ばかり
してるからかな? > HIROMIさん
同意見とのこと、さんきゅーです!

- 画像のない本をSCANしてアップしてよいものかどうか…
すうちいさんの記事であれば引用といえるかもしれませんね。
アフェリエイトに登録していると、リンクのクリック数がわかるので
いろいろ参考になって良いですよ。
by MANTA (2007-08-17 07:36) 

MANTA

- 時間帯によって変わる広告は、もはや常識らしい?ですよ
https://adwords.goo gle.co.jp/support/bi n/answer.py?answer=3 3227

いろいろ書いてみて思いましたが、
結局、人間は人間に惹かれる、ということでしょうかね?
私は商品を売ったり、アフェリエイトを稼いだりするためにこのサイトを
続けているわけではないのですが、人を惹きつける広告には興味が
あります。このサイトそのものが「海の研究の広告」ですからね。
by MANTA (2007-08-17 08:20) 

ちゃめ

>もはや常識らしい?ですよ

 そうそう。
 昼間の時間帯は主婦向けで、例えば「旦那の収入超えちゃった!」ってのがよく表示されるんだよね。
 夜は「週末企業で本業の年収を越える」ってのが多い。

 あと、紹介したくない企業の広告が表示されてしまうのも、難点ですね。
 ブロックリストは有限なので、超えてしまうと対処できない。
 出版詐欺で世間を騒がせている会社の広告は、表示したくないんですけどね~。
by ちゃめ (2007-08-17 13:35) 

MANTA

- 広告提供会社(Googleなど)にすれば、広告のサーキュレーションを
自社で制御できないと困るので、ブログ著者などが広告を自由に選択
できるシステムには後ろ向きなのでしょうかね? NGワードくらいは
設定できないのかなぁ?

余談ですが、ソネブロはコメントやTBにNGワードを設定できます。
最近スパムTBが増えましたので、NGワード数も凄い数に。
いま数えたら300語を超えてました!
by MANTA (2007-08-18 20:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る