So-net無料ブログ作成
検索選択

海底到着 -乗船レポート三陸はるか沖(18) [ シリーズ実況 Old..]

…というわけで! 海底に着きました(ハヤッ!)


操縦盤の様子。数日前の火の入っていない状態とは雲泥の差ですね。
http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2008-09-09
周りは人もいっぱい。かいこう運航チーム、研究者、ときどき船長もお見えになります。
オペレーション中は緊張感満点です。特に、ランチャーとビークルの離脱・結合時と、
海底での作業時は緊張が走ります。

海底についてまず最初にしたことは、先日海中に投入した観測装置を探すこと。
音響ソナーとかで探します。まさしく「沈黙の艦隊」です。
探すこと30分、、、、ありました。


ちゃんと海底に座っておりました。また会ったね!
こうして自分が整備した装置と(映像越しとはいえ)海底で会うのはちょっと不思議な感じです。

「かいこう」は「しんかい6500」とは違って、テレビ映像でしか海底を見ることはできませんが、
その代わり、こうして画面を見ながら「ああでもない、こうでもない」と何名もの研究者同士で
議論できます。これが、無人探査機の一番のメリットですね。あとロボットだけに重作業向きです。

080904-120345.JPG
海底装置のアップ。海底になにかたくさんいます。

080904-115456.JPG
ナマコ!! センジュナマコです。水深5200m。
一見、動いていないように見えます。しかしあとでビデオを早送りしてみてみたら、
すごーくゆっくりと歩いていました。「キング オブ だるまさんがころんだ」です。
(関西的には「キング オブ 坊さんがへぇ こいた」)

ナマコ、かわいいです。今回の航海のマスコットになりました。
あ、映像だけですよ。ナマコ本体は採取していません。いまも海底で生きていることでしょう。
しかし考えてみれば、海底にはこれだけたくさんのナマコがいるんですね。
宇宙人がきたら「オウ、地球はナマコの星だ」と思いかねない勢いです。

さて、肝心の海底での調査ですが。。。失敗しました。今回は無人探査機「かいこう」君に
新兵器「人工電流送信装置」と「送信アンテナ」を搭載して、海中で電流を流しました。
この電流を、上の写真にある海底装置(海底電位差計)で受信できれば、海底の堆積物や
地殻の様子が分かります。無人探査機を使った試みとしてはたぶん世界初です。
うまくいけば、海底の活断層調査や金属鉱床調査に威力を発揮!のはずだったのですが…
残念ながら途中で人工電流送信装置の調子が悪くなってしまいました。
ああ… サポートして下さった方々に申し訳ないです。

黄色い「かいこう」君が「シッポ」(送信アンテナ)をつけて電気を流す様から
「かいこう君じゃなくて、ピカチュウ君だ」という話も潜航前にはございましたが、
まさか不発とは… 勉強仕直してきます。
とはいえ、ほんの少しでもデータを取ることができたのが不幸中の幸いでした。

くそ!来年こそ、成功するぜ!とリベンジを誓う私でありました。
まだつづくぜ。

※この記事の続きをよむには、サイドバーの「カテゴリーの紹介」をご覧下さい。
nice!(9)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 9

コメント 9

素風

お帰りなさいませー! お疲れ様でしたー。写真のつのつのした生き物はナマコなんですか。なんだか不思議な形ですね。
by 素風 (2008-09-18 11:13) 

みきぱぱ

>火の入っていない状態
独特の業界用語ですね。
よく使ってましたけど、ホントに火を吹いたら大変です。w

>無人探査機の一番のメリット
船から電力が供給される限り、何時間でも作業できる事もメリットですが、
8時間くらい1人でオペレートすると大変です。w
by みきぱぱ (2008-09-18 12:37) 

あいのかぜ

下船されたのですか?ご苦労様です。
水深7000mまで潜れる「かいこう」君に、水深5200mで生きているナマコさん、すごい世界を見せてくださってありがとう!
ところで、nice 、やっぱりどこでできるのかわかりません。ごめんなさい。
by あいのかぜ (2008-09-18 23:19) 

satokot

映像で見られるっていいですね~。なんだか地球上じゃないみたいです。こうやってみるとナマコも宇宙の別の星の生き物のようです(笑)調査失敗は残念ですが、失敗原因を解決していくことでもっといいものができると思います。リベンジがんばってください!
by satokot (2008-09-19 09:33) 

batta

映像の写真…、最初はCGの再現映像かと思いました。笑
実際の映像なんですね。
ほんとナマコかわいい~♪
by batta (2008-09-19 16:46) 

keisuke

センジュナマコ。ダイビングスポットにいたら間違いなくアイドルですね。
by keisuke (2008-09-20 00:35) 

SAKANAKANE

センジュナマコ、とってもカワイイですね。
実際に運転してみて初めて出て来る現象も多いんでしょうね。大きな失敗でなければ、次回に活かせるデータも取れるでしょうから、確実な前進ですね。
by SAKANAKANE (2008-09-21 12:41) 

MANTA

>写真のつのつのした生き物はナマコなんですか。
素風さん、そのようです。しかも動いてます。ちょーーーーーーっとずつ。
4倍速でもその動きはゆっくりです(^^)

>船から電力が供給される限り、何時間でも作業できる事もメリット
みきぱぱさん、そうでしたね。さすがオペレータ様!
ただしオペレータだけではなく、研究者側も24時間は持ちません。
(体力的には研究者のほうが先に倒れます)

>ところで、nice 、やっぱりどこでできるのかわかりません。ごめんなさい。
あいのかぜさん、お気になさらず(^o^)
So-netユーザ以外はNiceはできないのです。ケチだな、ソネブロ。

>調査失敗は残念ですが、失敗原因を解決していくことでもっといいもの
>ができると思います。
satokotさん、ありがとうございます。失敗は本当に成功の母です。
またがんばります!

by MANTA (2008-10-16 19:52) 

MANTA

>映像の写真…、最初はCGの再現映像かと思いました。笑
battaさん、船上のテレビ画面を写真に撮ったので、CGっぽくなってしまい
ましたね。本物の映像です~

>センジュナマコ。ダイビングスポットにいたら間違いなくアイドルですね。
keisukeさん、行きますか? ほんの5200mです(汗)

>大きな失敗でなければ、次回に活かせるデータも取れるでしょうから、
>確実な前進ですね。
SAKANAKANEさん、ありがとうございます。失敗にも確かにいろいろあります
が、今回のは…やっぱ大失敗かな?でも次につながるデータは取れました。
首の皮一枚で陸へ帰還、といったところです。
by MANTA (2008-10-16 19:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る