So-net無料ブログ作成
検索選択

乗船レポート(5) 避難 [ シリーズ実況 Old..]




写真1枚目は、今朝回収した大きめの海底装置。
これも海底の電気の通りやすさを調べる装置です。
旧型で大型。写真では分かりにくいですが、全高2m以上あります。
ちなみに手前で旗を振っているのが、甲板長(ボースン)。
一等航海士(チョッサー)と連携して、クレーンとロープを巧みに操り、
今回も装置を無事に船上へ回収してくださいました。ありがとうございます。

ちなみにボースンもチョッサーも共に日本人だし、あだ名でもありません。
ボースン=Boatswain、チョッサー=Chief Officer
それぞれ英語の職名の略です。

その後、悪天候のため、一路 陸地へ。いま調査船はは岩手県の宮古湾内で
波風が収まるのを待っています。写真2枚目は、宮古湾の景色。紅葉がキレイ。
そして寒い〜 10℃切ってるんとちゃうか?

そんな三陸沖ですが、お昼ごはんはうな丼でしたので、元気満タンです。
明日にはまた沖に出れるかなぁ… 祈。

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 2

Working Dad Oversea

おお~!
大丈夫かい?
この後の投稿を読んだら、無事、再び出港したみたいだけど、気をつけてね。
自然は、侮れないもんね。
写真を拝見したら、「天気晴朗なれど、波高し」みたいな感じのようだけど、機材回収が「完勝」することをお祈りして・・・。
by Working Dad Oversea (2009-11-04 22:51) 

MANTA

>おお~!
>大丈夫かい?
Working Dad Overseaさん、御心配ありがとうございます。
この時期の北西太平洋はこんなもんですよ。低気圧がくればダメ。
日本列島が高気圧で包まれれば、その吹き出しの強風でダメ。
ところが航海後半は一転、ほどよい海況が続きました。奇跡です。
そのおかげで電気関係の海底観測装置はすべて回収できました~

by MANTA (2009-11-17 20:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る