So-net無料ブログ作成

乗船レポート(8) ロボ発進 [ シリーズ実況 Old..]




前回の写真、間違ってました(汗)
こちらが正解。写真1枚目がトラぶった回路。
失敗があると、こういう写真が増えます。
本当は揺れる洋上で工作作業はしたくないのですよ(泣)

さて、そのトラブルも翌朝までにはなんとか修復して、
いよいよ待ちに待った水中ロボット「かいこう」の登場です。
写真2枚目の黄色いロボットは、海底が近づくと親ガメ・小ガメよろしく、
上側と下側に分離して調査します。調査が終わると合体して、
再び洋上に戻ってきます。

ロボットと言ってもラジコンではなく、リモコンです。船と親ガメ・小ガメは
ケーブルでお互いが繋がっていて、水の中を移動します。
でもケーブルがついているのでロボットは電池切れの心配なし。
また海底のカメラ映像も船上へ生中継されます。

ここ数日忙しい毎日で、洋上からのブログも更新する時間がありませんが、
トラブルにもめげず、なんとか思うように海底調査ができるようになって
きました。

今日も夕方の空が綺麗でした。写真3枚目です。うまくいってもいかなくても
夕日は綺麗に空を照らします。明日もがんばります!

※ちなみに「水中ロボ」とはいわず「無人探査機」っていいます。
 親ガメ・小ガメも「ランチャー」「ビークル」って呼びますし。
 また合体ともいわず「結合」といいます。
 全部、ちょっとかっこいい呼び方です。
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 2

Working Dad Oversea

無事、修復できたみたいでよかった!
「かいこう」の写真、渋いね~!

> うまくいってもいかなくても夕日は綺麗に空を照らします。

まったくもって、人間は小さな存在ですね。

ではでは~。
by Working Dad Oversea (2009-11-08 00:56) 

MANTA

>まったくもって、人間は小さな存在ですね
Working Dad Overseaさん、ほんとうにそうですね。
仮に宇宙から海を見てみたら、大海原にポツンと調査船がいるわけです。
地球や宇宙を「神」と考えたら、まさに手のひらの上ですね(^^)
一方で「かいこう」を使えば、深海5700mまで達することができ、陸上と
変わらない調査活動ができる。こういうとき「人間でよかった」と、なんとなく
思います。

by MANTA (2009-11-19 04:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る