So-net無料ブログ作成
検索選択

乗船レポート(14) またね [ シリーズ実況 Old..]

長々続けました、乗船レポートも最終回です。
蔵出し未公開写真?で終わります。

PB110001.JPG
こちら「最後の晩餐」。調査航海終了日に出して頂いた、晩御飯。
右端にはビールも写ってますね。打ち上げも兼ねています。
司厨(コック)の方々は、つねに調査の様子をうかがいつつ、ゆっくり食べられる日は
そのようなメニューを出して下さります。でも考えてみたら、献立はもっと前から
立てられているわけで、ある意味、一番航海の動向を「予知」されていると言えます。
(そうか!翌日のメニューを見れば、明日の調査がうまくいくかどうかわかるのだ!)
(…そんなこと、ナイナイ)

PB120005.JPG
こちらは、私の自室。けっこう広いし、落ち着く空間でしょ?
でも寝る以外は、ここにはほとんどいませんでした。
だいたいは、リサーチルームと呼ばれるラボでお仕事してましたよ。
(データ解析とか、溜まっている他人の論文のチェック←査読、とか)

おつぎは、看病される観測装置。
PB050061.JPG
氷嚢(ひょうのう)をのせてます。風邪か?熱っぽいのか?
そう、熱っぽいのです。私が持ってきた電流送信装置ですが、オーバーヒートして
しまいました。「これで治ったら、この1枚も楽しい写真になりますね」と、ロボット担当の
方と話をしてましたが、これでは治らず。結局、蓋をあけての「手術」となりまして、
復活とまではいきませんでしたが、なんとか動かすことができました。

PB050046.JPG
こちらは上記の電流送信装置と共に、海底に持っていったケーブル。
このケーブルを使って、海底に電流を流して、400mくらい離れた場所でその信号を
受信することができました。たぶん世界初です(だってこんなこと誰もやらないから)
ケーブルの長さ20mなので「短い、楽勝!」と思ってましたが、いざ、見てみると
ながーーーーーい。こんなのをロボットに持って行ってもらって恐縮です。
(ちなみに、指さし確認をしているのは、台湾からの研究者)

さて、そんな航海ももう終わりました。航海の最後はいつもそうですが、
前日の打ち上げが実質のお別れになります。船が岸に着いた瞬間に、
荷物の積み下ろし、次の調査航海の荷物の積み込み、機器調整、と新たな仕事が
始まるからです。研究者も、サンプルや機材を手に、あちこちに散って行きます。
「さよなら」を言えないことも多いのです。
でもこれでよいのだと思います。船にはまたみんな、帰ってきますから。

下船の時、運よく、船長に下船のご挨拶をすることができました。
すると船長、突然 「お元気で!ぜひまた本船へ!」と私へ敬礼されるではありませんか。
大変恐縮いたしました。と同時に、また来ます、という思いも強くいたしました。
新たな挑戦をしたいと思います(今度は壊れない装置を作ります)。

乗船レポートの締めくくりに、今航海で見た一番美しかった夕日をご紹介。
海の調査は大変ですが、やはり楽しいですね。
またこんな夕日を見に、船に乗りたいと思います!

PB060125.JPG

PB060135.JPG

PB060136.JPG
nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 9

コメント 2

105nokawa

本当においしそうな料理の写真ですね
アルコールもOKなんですね?
飲む量も制限はないのですか?
船に弱い私には一生経験できない場面ですね (^_^)

by 105nokawa (2009-11-16 13:34) 

MANTA

>アルコールもOKなんですね?
105nokawaさん、そうなのです。調査船によってはアルコール禁止の船
もあるのですが(Dry Shipと呼びます)、この船はWet Shipです。
飲む量は、、、明日の調査作業に影響のない程度でお願いします(笑)
ちなみに船酔いする前に酒に酔ってしまえ、という都市伝説は、いつも
まことしやかに囁かれています。
by MANTA (2009-11-23 21:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る