So-net無料ブログ作成

日本の財政 [ 科学ニュース Old..]

前回のつづきです。
多少のスキャンダルなんてヘッチャラ、公的資金に走る政権与党ですが、
そんな民主党バブルも長くは続かなさそうです。


 だって全部、国民の税金と借金なんやもん。

試みに日本の財政に関するニュースを下記に列挙します。(""は各サイトからの引用)
今回も「暗いこと尽くしのリンク集」です。


 この記事の時点(2009年08月07日)では日本のみ-5%を超えるマイナス成長でしたが、
 昨年11月3日時点では、それを超える-10%の予測になってます。
 http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091103AT3S0300Q03112009.html


 ちなみに2009年11月の日本の失業率は5.2%です。
 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3080.html

・国の家計簿の現状は?(財務省)
 http://www.mof.go.jp/zaisei/con_02.html
 "この状況を家計に例えてみると(中略)月収(税収等)が約40万円ありますが(中略)
 年々の借金は増え続け、その残高は約4,600万円にまで達する状況となっているのです"

・株価が予言する民主党政権の未来(アゴラ)
 http://agora-web.jp/archives/815585.html
 "年初来の日本株のパフォーマンスはS&Pが算出する45か国中44位である"

・根拠なき強気(池田信夫Blog part2)
 http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51318340.html
 "「デフレのときは起業も困難だから、まずデフレを止めよう」などという話は、因果関係を
 まったく逆にみているのである"

・国債についての迷信(池田信夫Blog part2)
 http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51344900.html
 "いずれにせよ最終的には、政府債務が維持できるかどうかは、大増税(および大幅な
 歳出削減)が実行できるかどうかという政治的な問題にかかっている"

・長期国債格付け見通し引き下げ 財務相「抜本改革で健全化」
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100127-00000033-fsi-bus_all

・国債発行、13年度に55兆円=予算100兆円に膨張-財務省試算
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100127-00000213-jij-pol

さていかがでしょうか? 心配すべきはデフレではなく、今後来るであろう「ハイパー
インフレ」かもしれません。定年退職後の高齢者の貯えが無に帰すわけですが、
労働者にとっても、日々積み立てている年金なんかも紙切れになってしまうので、
なんとも困った問題です。

こんな日本を背負って立つ「ラストヒーロー」小沢氏が、ニュース・TVを毎日賑わしてますが
東京地検はどうも決め手に欠くようで、このままだと政治資金の修正申告で終わりそうです。
となると、夏の参院選も民主党が勝利するでしょう。これで小沢氏の政治改革は完了です。
衆参両院で大多数を占める民主党はどんな法案・予算案も通せるようになるでしょう。
だんだんと去年の9月の危惧が現実化してきました。日本は、本当にこれでええのか?

ただ、そんな政治になってしまっている元凶は、民主党でもマスコミでもなく、
「利権」が勝つ構造を野放しにしている国民自身=私たちとも言えます。
私も含め、政治や経済をもっと勉強しなければいけませんね。


政治のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ―ひとめでわかる図解入り

政治のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ―ひとめでわかる図解入り

  • 作者: 池上 彰
  • 出版社/メーカー: 海竜社
  • 発売日: 2008/04
  • メディア: 単行本



経済のこと よくわからないまま社会人になってしまった人へ―ひとめでわかる図解入り

経済のこと よくわからないまま社会人になってしまった人へ―ひとめでわかる図解入り

  • 作者: 池上 彰
  • 出版社/メーカー: 海竜社
  • 発売日: 2004/01
  • メディア: 単行本


最後に(古いですが)こんなニュースを。
・犬にも「公平の感覚」がある:「倫理的感覚」の起源は
 http://wiredvision.jp/news/200812/2008121022.html
どうやら「税金の負担額が不公平だ」「補助金をもっとばらまいてほしい」と思うのは、
このあたりの「倫理的間隔」から来ているのかもしれません。しかし我々は人間です。
見た目の公平感に騙されないようにしたいものです(いずれ破たんしますから)。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:学問

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

メッセージを送る