So-net無料ブログ作成
検索選択

宝探し航海(8) 天気が悪い毎日 [ 宝探し航海]




乗船レポートの続きです。
その後は天気が悪い日が続きました。
沖合では風は風速15m/秒以上。これは時速54kmに相当します。
常にそれくらい、時にはそれ以上の風が吹いていました。
波は3m以上。うねりですね。これくらいになると、船の船尾あたりでは
かなり上下の動きが激しく、まるでシーソーというかミニジェットコースター。

これではロボットを潜水させるわけにはいきません。
なので、近く(と言っても調査地域から100kmくらい離れている)の八丈島の沖合
の風・波の穏やかなところで天候が回復するのを待ちます(写真1枚目)。

え、写真を見ると天気が良いって? 雨が降るか降らないかではないのだ。
風が吹くかどうか。冬は大陸からの高気圧から吹出す風に要注意。
晴れている方が風が強い日が多いのです。一方、数回前の記事の写真のように、
「かいこう君」が潜っているときのほうが曇ってます。

こんな時は待つしかない。写真2枚目は、船橋(ブリッジ)の様子。
待つしかない…

写真3枚目はブリッジの海図。GPSとか電子航法装置とかが発達していても、こう
して紙のチャートにいろんな情報や目標地点を書き込んでいます。
手前にあるカラフルな図が、風と波の予報。赤いほど、波が高い。ああ、、、

つづく。

nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 3

paleomagician

もどかしいですけど,フィールドサイエンスはこういう所ありますよね.うまく天候が回復して良いデータが取れますように.
by paleomagician (2011-02-03 18:26) 

HOKUTEN

ブリッジからの眺めが・・・いい(^^
船ってやっぱりいいなぁ・・・。
船に波が当たってシャワヮーっていう音も。
何日も揺られるとそうも言っていられないでしょうけど・・・。
待つのも仕事・・・ですね・・・。
by HOKUTEN (2011-02-04 01:30) 

MANTA

>もどかしいですけど,フィールドサイエンスはこういう所ありますよね
paleomagicianさん、コメントありがとうございます。地球を相手にしているので
仕方がないですね(苦)。あとクライストチャーチ地震、お疲れ様です。。。

>船に波が当たってシャワヮーっていう音も。
HOKUTENさん、どちらかというと「ドカーン」でした。私の船室は船首側でした
ので、特にうるさい。それでも毎日ぐっすりと寝てました (^^;)
by MANTA (2011-02-28 23:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る