So-net無料ブログ作成
検索選択

海底で鉱山を探す(10) [ 海底鉱山]

船の中には研究室もあります。
PC190244.JPG
ここでは、探査機「うらしま」が調査した、海底地形の解析の真っ最中。

PC140660.JPG
3D映像なので分かりづらいかもしれませんが、熱水チムニーが写ってるようです。
熱水地域では海底から熱いお湯が湧いています(100度以上!)。これが冷たい海水と
出会うと、お湯が急速に冷やされて、中に溶けていた岩石の成分が沈殿します
(温泉地によく見られる湯の花と似ています)。お湯の出口は沈殿物が溜まるにつれて
だんだんと高くなります。その天辺ではまだお湯が出ている。まるで見た目は煙突です。
なので熱水「チムニー」と呼ばれています。この熱水チムニーやその周辺の沈殿物には
貴重な金属資源も濃集されている=海底鉱山、というわけ。

ちなみに上記は超音波によって調査されたもの。海底の凸凹をこのように立体的に
知ることが可能なのです。一方で、海底より下に、このチムニーがどのように広がって
(埋まって)いるかは超音波では分からないので、電気を使って探してるのです。

さて、難しい話をすませたところで、前々回の記事で海底へ投下した装置を
回収しましょう。海底で電気とか磁気を測定する装置=OBEMと呼んでいます。
PC140661.JPG
まずは海底の機器に超音波で呼びかけます(写真)
海底の地形を調べるときも、海底の装置と通信するときも、超音波を使います。
無事に通信ができたら、おもりの切り離しを超音波で指示します。すると、装置は
軽くなって海面へ浮いてきます。

PC140657.JPG
なかなか装置が浮いてこない。そんな時は神頼み。こちらは船橋(ブリッジ)にある
「こんぴらさん」。香川の「金刀比羅宮」のお札が掲げられています。船の神様です。

PC160073.JPG
祈ってみるものです。ちゃんと浮いて来ました。
一等航海士が、船の前方で見失わないように見張っています。

newimage1.gif
浮いている様子はこんな感じ(アニメーション)。これは船が相当近づいた時の
写真です。実際はもっとずっと小さくて波間で浮き沈みする装置を探します。

PC160075.JPG
その時のブリッジの様子。「ストップエンジン」「ストップエンジン、サー」
船長や機関長の声が響きます。緊張!!

PC160084.JPG
船を装置の横まで近づけます(4000トンの船を、100kgの装置に近づける神業!)
竹竿で装置を引っ掛けて、回収フックを取り付けて、クレーンで引き上げます。

PC180156.JPG
よいしょっと!!  すると黄色の球の下には、イカのようなだらりとした足が。
これは前々回の記事にも写っていた「アンテナ」です。アンテナは最初は十文字型
で開いているのですが、おもりを切り離して浮上してくるときには、こんなふうに
だらりと垂れ下がるように設計しています。そう、変形するんですよ。トランスフォーマ。

こうして無事に装置を回収。海底に設置した6台の装置全てを無事に回収できました。
PC150082.JPG
写真は私の個室(主席研究者室)。作業中はこの部屋にはあまり帰って来ません。
帰ってくるときは、うまくいかない時の次善策を練っている時が多いのですが、
しかし今回の航海はたいていうまくいきました。よかった、よかった。
(この部屋では考え事をしていることが多いですね。次の日の調査のこととか)
(あと、ここに私のベッドがあるので、夜は寝に帰ってきます)

あと少し、つづきます。
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 4

コメント 2

かっぱ

ご乗船中ですか。船メリだったんですね~(笑)。


by かっぱ (2011-12-27 19:36) 

MANTA

かっぱさん、コメントありがとうございます。
毎度のことですが、下船までに乗船レポートは終わらず。
クリスマスには終了して、下船しておりました。
調査は無事に目帝達成。金毘羅さんへお願いした甲斐がありました。
by MANTA (2012-01-01 08:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る