So-net無料ブログ作成
検索選択

マスコミが流す「適当予知」情報 [ 電磁気で地震予知]

前回の「今後起きうる地震」で述べたように、東京・神奈川直下の巨大地震には
要注意ですが、もう一つ、注意が必要な場所は東北地方です。あれだけ大きな
地震が来たのだから、当分来ないだろうと考えがちですが、今回の巨大地震の
発生地域より沖合で大きな地震が発生する可能性が指摘されています。

●2011年3月11日の巨大地震で太平洋プレートに変化 M8級の余震が起こる可能性
 (Yahooニュース:元ネタは下記のJAMSTECプレス発表)
 http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20120131/
新規作成_1.jpg
 ※JAMSTECサイトの図に加筆

地震計を海底にたくさんおいて観測したところ、海底が引っ張られる格好で小さな地震が
発生しているようです。太平洋プレートを深さ40kmまで断ち切るような大きな正断層型の
地震が発生しえる状況と言えます(私見ではM8クラス)。これは3月11日地震発生直後に
すでに予測されており、その一部では同日にM7.5の余震も起きている場所ですが、
依然として沖合大地震の危険性が残っているようです。

----
こうした最新テクノロジーにより、以前よりも地震発生に関する様子はよくわかってきている
にもかかわらず、マスコミは適当な地震予知情報をたれ流しています。たとえばこちら。
●巨大“地震魚”現れる!「大地震の前兆か」と地元漁師
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120303/dms1203031418008-n1.htm
 引用:”「初めての体験。あまりに多く、広範囲(中略)説得できないレベル(中略)
 地震の前兆だと否定することは、まったくできない」”←広島大学生物学者
 世の中で説明のつかないことが全部地震のせいだでもいうのでしょうか?
 偶発的とも思えるいくつかの事例のみから、地震予知を行う試みは科学ではなくオカルトです。

●大震災から間もなく1年…毎月11日前後に大地震が起きる理由
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120305/dms1203051811017-n1.htm
 引用:”「昨年4月の大型余震が1カ月周期の“クセ”を付けたとみられる」(研究者)という”
 クセとは何か?本当にこんなことを言った研究者は実在するのか?
 一方で、同記事に掲載されている最近の地震の発生日には「11日」が見当たりません。
dms1203051811017-p2.jpg
 上記サイトより引用。これもオカルトのたぐいです。

そういえば「地震は日曜日に起きやすい、これは地震兵器を使って、地震学者を休日
も働かせようとする奴らの仕業だ」という”奇妙なお話”を思い出しました。
●なぜ、地震予知のために仕組みの理解が必要か?(地震学会広報誌なゐふる)
 http://zisin.jah.jp/pdf/nf-vol55.pdf
著者は現名古屋大学の山岡先生ですが、これは山岡先生流の喩え話で、もっとまじめに
地震予知を考えましょう、という短文です。オカルトを信じる前にご一読をお薦めします。

----
これらの「適当予知」をマスコミが取り上げる原因は、科学的な地震予知があたらず、
地震に対する不安を多くの人が感じているためでしょう。とはいえ、このようなオカルトで
適当な地震予知を信じる人がとても多いことに驚きとガッカリ感を隠せません。というか、
マスコミが適当な予知情報を興味半分で報道するので、みんなの不安が煽られています。
おそらくは「ダイエット」「モテモテになる方法」「健康の秘訣」と同じようなかんじで、
「視聴率が上がるから、雑誌が売れるから」という軽い気持ちで報道されているのでしょう。
(しかしダイエットのように幸福感を与えるのではなく、危機感を煽る感じで)。
なので私はあえて「そんなの適当予知、あたらないよ」と言いたくなるのです。

地震は予知できるか (別冊宝島) (別冊宝島 1789 ノンフィクション)

地震は予知できるか (別冊宝島) (別冊宝島 1789 ノンフィクション)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2011/07/12
  • メディア: 大型本


そういえば、経済事情が不安定なせいでしょうか?
テレビでは「いまこそ金(ゴールド)を買いましょう」というCMをよく目にします。
生活面で言えば、電力不足のため、扇風機が売れています。冬は湯たんぽ、
夏は打ち水もあたりまえかしら?オカルトな地震予知がはびこる昨今…
これが私が子供の頃に夢に描いていた「21世紀」なのでしょうか?
nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 5

コメント 1

MANTA

追記:上記は3/14の昼間に書いて、3/15にタイマー公開したのだけれど、
3/14 18:08に本州北部東方はるか沖(十勝の南西沖約300km)で起きた
M6.8の地震はまさに海溝軸よりも沖合でおきている(アウターライズ地震
と呼ぶ)。正断層型。襟裳海山より少し海側に発達するホルスト・グラーベン
で起きたようだ。

このタイプの地震としては昭和三陸地震が知られている。津波遡上高は29m。
ちなみに明治三陸地震は海溝で発生、逆断層型、津波遡上高は38m。
どちらもM8台だが陸地での震度は小さく、大きな津波を伴っている。
by MANTA (2012-03-16 08:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る