So-net無料ブログ作成
検索選択

マンガや映画にでてくる地下世界 [ 科学コミュニケーション]

先日からこんなつぶやきをしてました。

映画やマンガがたくさん並んでますね。さて、なんのくくりでしょうか?

…って、表題に書いてましたね。
現在、地下を探検したり、地底人がでてきたりする映画やマンガを探しているのです。
詳細はまだ秘密ですが、まあ学会関係のある種の企画です。はい。

なかでもジュラシック・パークとゴルゴ13には具体的な地下探査ツールがでてくるので
専門家としては突っ込みどころが満載だとか。下記は秋田大学のサイトです。
●映画や劇画に登場する物理探査
 http://dips11.akita-u.ac.jp/OYOchikyu/geophys/byplayer/index.html
http://dips11.akita-u.ac.jp/OYOchikyu/geophys/byplayer/jurassic.htm

http://dips11.akita-u.ac.jp/OYOchikyu/geophys/byplayer/geogolgo.htm

みなさん、地下世界や地下のお話が出てくるマンガや映画をご存知でしたら
ぜひコメント欄でお教えください!!
地球の地下じゃなくて、他の星の地下でもかまいません。
よろしくお願いいたします!

※そういえば地底人はこのジオラマの中にもおったなぁ。
→ http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2012-03-20-2

nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 4

くまから

>みなさん、地下世界や地下のお話が出てくるマンガや映画をご存知でしたら ぜひコメント欄でお教えください!!
こんにちは、不肖私が、オタクパワー全開で、書き出してみました。地下ということですが、海底のもいれておきます。またSFも含めておきます。
SF:
「ソレマンの空間艇」石川英輔

「ほらふき男爵 現代の冒険」地下旅行編 星新一

「迷宮の風」 堀晃 (「太陽風交点」収録)
    惑星の地中に張りうめぐらされた無数の地下迷路

マンガ:
「ブルーシティー」星野之宣
「宗像教授シリーズ」星野之宣
    宗像教授の冒険の半分以上は、地下世界が舞台
「ブルーホール」星野之宣
    過去へ向かうトンネルは、深海にある
   ※星野之宣は、宇宙SF作家と見られがちだが、実は地下が大好き。

「宇宙兄弟」16巻  小山 宙哉
    海底での宇宙飛行士の訓練を行う。

アニメ:
「科学忍者隊ガッチャマン」
   三日月サンゴ礁下の海底基地

「天元突破グレンラガン」

 こんなところですかね。思ったより少なかったです。
by くまから (2013-03-30 10:09) 

みきぱぱ

地下世界かつマンガ、映画という括りであれば、
「サブマリン707」 謎のムウ潜団(小沢さとる)

「Ring The World」(鶴田謙二)
地球空洞説を題材にした作品
これ途中打ち切りなのがすごく残念な作品・・・(^^;

wikiには「Category:地下を舞台とした作品」というのがあるんですね。

私の世代だとSF小説の「ペルシダー・シリーズ」ですね。

by みきぱぱ (2013-03-31 07:42) 

MANTA

うわー! くまからさん、みきぱぱさん、ありがとうございます。
>「宇宙兄弟」16巻  小山 宙哉
これ、いいですね。ホントっぽい表現がおおくて、解説ができそう。

>「科学忍者隊ガッチャマン」
こっちは想像力満載で描かれているでしょうから、ツッコミできそう(笑)

>「サブマリン707」
おお、これもありましたね。深海ものでいえば「アビス」もありました。

まだまだ募集中です~ (^^)
by MANTA (2013-03-31 08:26) 

MANTA

追記:
・ドラえもん のび太の海底鬼岩城
・真夏の方程式
これらは海底や海底探査の話ですけどね。


by MANTA (2014-05-17 06:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る