So-net無料ブログ作成
検索選択

NHK「MEGAQUAKE III」に物申す [ 電磁気で地震予知]

9月1日の防災の日に合わせて、NHKは土日と2日間に渡り、地震防災科学最前線
についての特集番組「MEGAQUAKE III」を放送した(日曜のはさっき終わったとこ)。

NHKスペシャル MEGAQUAKE巨大地震 第1回 次の巨大地震をつかめ 人類の果てしなき闘い [DVD]

NHKスペシャル MEGAQUAKE巨大地震 第1回 次の巨大地震をつかめ 人類の果てしなき闘い [DVD]

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • 発売日: 2010/06/24
  • メディア: DVD


しかしかなり変な番組だった。以下は当方Twitterでのつぶやき。

一番気になったのは、この「スロークエイク」という言葉。初めて聞く。番組内でも
専門家達は「スロースリップ」や「スロー地震」「ゆっくり地震」といっているのに、
NHKだけ、なんでわざわざ「スロークエイク」と言い直すのか。
(たしかにゆっくり地震を理解することは、巨大地震を知る際に重要だ。詳しくは下記)
 → http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2006-12-09
 → http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2006-12-11

スロー地震とは何か―巨大地震予知の可能性を探る (NHKブックス)

スロー地震とは何か―巨大地震予知の可能性を探る (NHKブックス)

  • 作者: 川崎 一朗
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 単行本


おそらく「スロークエイク」は、NHKがこの番組のために創った造語。要するに、NHKは
視聴者を脅しにかかっているのだ。「ゆっくり地震」だと、「え、それってなんか怖くない」
ってなるよね。 しかし地震科学の番組で、「怖い」→「防災」となるのだろうか?

その「スロークエイク」も扱われ方がおかしい。番組をみた多くの方は、スロークエイクさえ
捕まえることができれば地震予知ができると誤解されたのでは?上記の通り、全然違います。


これもちょっとおかしかった。従来は南海トラフの地震は高知沖~和歌山・三重沖~浜松沖
そして駿河湾(静岡市沖)のプレート境界が一気に破壊して、M9クラスの地震になると考え
られている。しかし駿河湾ではなく、伊豆半島南部の銭洲海嶺と呼ばれる場所が破壊する
可能性も以前から指摘されている。プレート境界の破壊は相模湾(神奈川沖)にも入りこみ、
関東地方の被害は拡大するかもしれない。しかしである。この場合は、西相模断裂(断層)
が活動するようだが、この断層は横ずれ運動が卓越しているらしい(※)。プレート運動も
断層の走行と概ね並行であり、逆断層運動をしづらいはずである。しかしNHKの津波の
シミュレーションでは、まるで「東京湾で大きな津波を起こすために」、大きな逆断層運動を
西相模湾断裂に与えていた。

いま、地震の専門家達はいわゆる「想定外をなくす病」にかかっている。すなわち、可能性が
ゼロでないかぎり、すべてのありうる地震・津波現象に対して「あなどってはいけない」と警鐘
を鳴らし続けている。しかし、有名な「オオカミ少年」の話も忘れてはいけない。
今回のNHKはその専門家の言葉をたくみに利用して、視聴者をテレビに引きこむことに一生
懸命だったようにみえるが、少し違うのではないか? と私は思った次第であります。はい。

しかし今日は関東大震災から90年後だそうな。こうして地震関係の番組を見て思うのだが、
いまのテクノロジーでこのままあと100年間ほど観測を続けたら、地震は予知できるように
なってるんじゃあ、ないかな。うん。

地震予知の科学

地震予知の科学

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東京大学出版会
  • 発売日: 2007/05
  • メディア: 単行本



地震の揺れを科学する―みえてきた強震動の姿

地震の揺れを科学する―みえてきた強震動の姿

  • 作者: 山中 浩明
  • 出版社/メーカー: 東京大学出版会
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 単行本


(※)西相模湾断裂の運動が横ずれか逆断層かは不明。
   それどころか存在すらちゃんとは確認されていない。詳しくは下記。
   小山, 西相模湾断裂の再検討と相模湾北西部の地震テクトニクス, 地学雑誌, 1995.
   https://www.jstage.jst.go.jp/article/jgeography1889/104/1/104_1_45/_pdf
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

nice! 3

コメント 2

みきぱぱ

仕事はやっw

NHKもいい番組とおかしな番組と玉石混交ですね。
ちゃんと取材すれば面白いものが作れるのに、
取材不足のものが目立ちます。
先日のダイオウイカのゲストトークや、ロボットの特集もひどかったです。
by みきぱぱ (2013-09-01 23:00) 

MANTA

>取材不足のものが目立ちます
みきぱぱさん、コメントありがとうございます。研究者でもそうですが、
「はじめにストーリーありき」で進めると、こうなってしまうという典型例だと
思います。たぶん。せめて「スロースリップだけで予知できない可能性もある」
とちゃんと報じて欲しかった。

地震防災の啓蒙って難しいですね。「危ない、危ない」言い過ぎると怖がらせる
だけだし、逆に明るく話すとおかしな感じになるし。おそらくはこれまでに
分かった事実をちゃんと伝えることが大事なんでしょうね。その点で、1月
のダイオウイカのNHKスペシャルは事実を淡々と報じていてよかったなぁ。
そう、それでいいのだ。と思う。
by MANTA (2013-09-02 07:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

メッセージを送る