So-net無料ブログ作成

深海で進化(科学小ネタ3本) [ 科学ニュース Old..]

シンカイでシンカ。なんかゴロがいいですね。今日はそんな話。

最初はこちら。
●キアンコウ 深海魚ではない可能性 (NHK)
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131031/k10015695491000.html
anko.jpg

アンコウって、深海魚の代表だと思ってました。だってあんなグロ…(以下略)
でも調べてみると、1年間のうち、約9割の期間を水深200mよりも浅い海で凄していた
らしい。ちなみに深海とは、一般に海面下 200 m より深い海を指しています。

ところでこの調査では小型(と言うか多分超小型)の温度・圧力センサーがアンコウに
取り付けられていたようです。これいいなぁ、ほしい。なんていう装置なんだろう?
と思って調べてみたら…
●2010.6.15朝日新聞朝刊:データロガーを使った生態調査について(北川貴士助教)
 http://www.nenv.k.u-tokyo.ac.jp/topic/topic_news/1050.html
 ※記事のコピー(イラスト)もあります。ページ下部のリンク。
なるほど、いまは小さいのねー(下記は時計用アクセサリ。これより小さいみたい)



----
進化といえば、マグロも進化しているようです。
●深海からやって来たマグロの祖先(ブログ「松原創船所」さん)
 http://mikipapa707.seesaa.net/article/378441583.html
※元ネタは下記。
 マグロ・カツオ・サバ類は深海からの爆発的進化で生まれた(東京大学)
 http://www.aori.u-tokyo.ac.jp/research/news/2013/20130904.html
マグロってサバ科に属するんですね。かつては深海で暮らしていたけれど
白亜紀末の大絶滅のあと、浅い海にやってきたのでは?ということらしい。

その後のマグロは、同じく白亜紀末の大絶滅のあとで進化した哺乳類(人間)に
食べられまくって絶滅の危機にあるとかないとか。うーむ。

---- 
そしてメカも進化します。


そう、しんかい6500です。何に驚いたかって…
●QUELLE2013特別企画:「しんかい6500」が女性研究者に聞く!海の魅力とは?!
 http://www.jamstec.go.jp/quelle2013/report/20131028.html
しんかい6500自らがマイクを握り、美しき女性研究者たちにインタビューしてるぜ。
すげー進化(笑)。

その「しんかい6500」はいま、ニュージーランドの沖合で海底調査中です。
上記記事によれば、熱水をチタン容器をつかって採取するらしい。
がんばれ!!
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 4

コメント 2

みきぱぱ

トラックバックありがとうございましたm(__)m
水中で使えるロガーでも、小さいものだと大人の親指くらいからあります。
日本の小さな会社で作ってますが、結構優秀とのこと。
お値段もそれなりのようですが。
http://www.tamatebakonet.jp/interview/detail/id=187
http://www.fukuyama-u.ac.jp/life/marine/koudou/
by みきぱぱ (2013-11-01 08:58) 

MANTA

みきぱぱさん、調査船乗船前でしたので、コメントにお返事できておりませんでした。
m(_ _)m

小型ロガーのご紹介、ありがとうございます。
こういうニッチは、深海調査の場合 まだまだたくさんありますね。
by MANTA (2013-12-30 07:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る