So-net無料ブログ作成
検索選択

お食事中 [ 続・海底鉱山]




海底の様子も少しご紹介しましょう。

1枚目は、海底であったカニ。深海生物の研究者に名前を教えてもらったんです
が、忘れてしまった。貝を抱えています。ちょうどお食事の最中の様子。
解像度が低いのでわかりませんが、実は目がつぶらでキュートです。

2枚目は装置を使った海底での調査の様子。左が私自身が今回持ってきた装置。
海底で電気を測ります。右側は地下の温度を測る温度計。突き刺さっています。
電気と温度の両方のデータから、海底でお湯が吹いている「熱水噴出地域」の
地下の様子を推定しようとしています。
調査はうまくいきましたよ!(当初、装置の調子がよくなくて焦りましたが)
今後の解析が楽しみです。
船の上でちょっと解析してみましたが、面白そうな結果です (^^)

3枚目は海底の装置を回収する様子。
このように水中ロボットのマジックハンド(マニピュレータ)でいろんな作業を
行なうことができます。先ほどの温度計もマニピュレータを使って突き刺します。
温度計は長さ50cm以上の槍状ですが、これを海底にさすのは熟練の業が必要。
槍が折れ曲がると、この温度計はもう使えません(修理)。
研究者が水中ロボのオペレータ(運航チーム)に要求する内容はいつもシビア。
ですが運航チームは「わかりました、やりましょう」と2つ返事で実行。
そして、ちゃんと成功します。とてもカッコイイ。いつも感謝しています。

あ、ヨイショじゃないですよ。ほんとです。
さて、調査もそろそろ終わりです。帰りましょうか?


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 2

南海トラフ地震

神奈川県南部や静岡県南部や三重県南東部や和歌山県南部の平年差の海水温が他と比べ平年差の海水温が低い
神奈川県南部や静岡県南部や三重県南東部や和歌山県南部の平年差の海水温が低い場所で南海トラフ巨大地震や巨大津波が起こる
by 南海トラフ地震 (2013-11-20 19:53) 

MANTA

どなたか存じませんが、気温や水温で地震予知を試みる方は
たくさんおられますね。でもあたった試しはありません。

なぜでしょうか? あたった・あたらないの議論で終わるだけなら、
その辺の占い師と変わりません(失礼)。
あたらない・あたる理由をまじめに科学的に考えてみると、何が大事かが
見えてきます。

あとあちこちのブログなどにマルチポストをするのはおやめなさい。
次回以降は削除します。
by MANTA (2013-11-22 12:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る