So-net無料ブログ作成
検索選択

単純なスローガンの先にある空虚(2) [ 科学ニュース Old..]

またまた政治ネタ。前回の続きだが、「単純なスローガン」といえば、こちらも同様。
初めは御旗の印であったのだろうけど、いつの間にか目的と手段が入れ替わり、
なかなかお粗末な旗印になってしまっているようである。

動画ではようするに、「大阪都になれば、橋下市長のような素晴らしい首長が
何人も増えて、大阪はどんどん元気になる」と言いたいらしい。しかし、その
橋下氏一人の「おかげ」で、大阪はどれくらいよくなったのか?なにか変わったのか?
数学の世界では、ゼロには何を掛けても答えはゼロである。
一方、裏側では下記のようだそうな。

自信があれば、怒鳴りなどしない。自信がないから怒鳴り、恫喝するのである。
また2番めの記事によれば公明某氏は「『都構想に力を貸してください』というなら
分かるが、放り出すために不信任を出せというそんなアホな理屈はない」とのこと。
なんだ、このグダグダ感は。それとも、都構想についても「政治をやったこともない
市民には分からないことだから、口を出すな」とでも言うのだろうか?

上記は松井府知事の発言であるが、橋下市長も似たり寄ったりである。
●橋下氏、都構想反対議員を「一生邪魔してやる」 公明党を牽制か
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140124/waf14012422320024-n1.htm
●猪木氏訪朝を批判=維新・橋下氏
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140116-00000197-jij-pol
 (以下引用)
 ”橋下氏は(中略)維新の国会議員団が猪木氏から事情を聴く必要があると強調した”
     ↓
 報道から半月たつが、猪木氏への聴取や処分については全く聞かれない。

石原氏との中途半端な共闘がアダになっているのだろう。それを指摘されても…
●橋下氏 たかじんさん追悼生討論…石原氏との共闘是非問われ反論
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140125-00000064-dal-ent
 (以下引用)
 ”「いろいろ批判を言うのは簡単だ。何も経験がない者がいきなり国政政党を
 どう束ねるかとなれば、今の方法でやるべきなんです」と反論した。”

あるときは「私は経験がない者」になり、またあるときは「あなたは経験したことがない
からわからない」と来る。しかし市井の人たちは”弁舌”を食べて生きることはできない。
必要なのは”中身”だ。もっと地に足をつけて考えてほしい。一例を下記に記す。

非常にいいお話ではないか。でも予算がついていない、と。
いったいなんなんだ。こういうところから一つずつ実績を積むべきではなかろうか?
あるいは現在、橋下氏が声を大にして言ってきた教育改革が国会で議論されている
のだが、(あれだけ数がいるはずの)維新勢力の様子は全く報道されていない。
●教育委員会の改革、首長との関係はどうなる ‐ 渡辺敦司
 http://blogos.com/outline/79074/

「こんなことでは大阪都などできたところで、たかが知れてるわ」
大阪市民・府民が関西弁で冷ややかに語る様子が容易に想像できる昨今だ。
…ちなみに、こちらも単純なスローガンの悪しき例。

国民の安全を守るどころか、むしろ危険に陥れる方へとかじを切る政党があろうとは
呆れてものも言えない。では真実はどうであろうか?

これは特定秘密法案ではなく、靖国参拝の報道の様子であるが、
数字などもきちんと示されている。
単純なスローガンの裏側はこんな感じである。みなさんはどうお思いだろうか?
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 4

コメント 2

Working Dad Oversea

民主党とか社民党の政治家や支持者は、いったいどこの国の人達なんだろうね?
by Working Dad Oversea (2014-02-02 13:48) 

MANTA

どうなんでしょうねぇ? > Working Dad Overseaさん
ところで話は変わりますが、Wikipediaの情報で恐縮ですけど、これまでに
外国人参政権の法案を出した政党情報がありました。
公明党・民主党・日本共産党・自由党・保守党(以上、登場順)だそうです。
(ja.wikipedia.org/wiki/日本における外国人参政権)
※政党により提出され廃案となった法案

このなかで民主党は、韓国政府から資金をもらっている団体へ選挙権実現
の公約をしてたんだって。ふーん。へー。
● 外国人の選挙権導入は憲法に違反する
 http://www.yomiuri.co.jp/adv/chuo/opinion/20100215.htm
by MANTA (2014-02-02 18:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る