So-net無料ブログ作成
検索選択

ダーウィンの海 [ 科学ニュース Old..]

突然ですが「ダーウィンの海」ってご存知でしょうか?
一見、ロマンあふれる言葉に見えますが、これ、ビジネス用語なのです。

●ダーウィンの海とは何?
 http://trendy.nikkeibp.co.jp/tvote/poll.jsp?MODE=RESULT&POLL_ID=20090727

例えば大学などでなにか新しい発明をした、としましょう。
キャプチャ2.JPG
 ピカーン! ひらめいた!!

さあ、これを製品にして、世の中の役に立てようではないか!
…その時に最初に出会うのがこれ。
river.jpg
   はーるの、うららーのー ♪

「魔の川」です。基礎研究と応用研究の間にあるギャップを指すそうです。
基礎から応用なんて、簡単カンタン。小川をまたぐようなもんさ。ひょい!
…すると次に出会うのがこれ。
2252688630_7f6a5c46d7.jpg
         ドーーン!
Glen Canyon Arizona by Wolfgang Staudt (protected by CC License)

「死の谷」です。応用研究と製品開発の間にあるギャップを指すそうです。
ひぇー、しかしこんなものもひとっ飛び!!
…すると出会うのがこちら。
P5030431.JPG
        ざぱーーん

「ダーウィンの海」と言って、製品が市場に出回るまでのギャップだそうです。
自然同様、厳しい生き残り競争(淘汰)が待っている。うーん、溺れそう…

まとめるとこんな感じ。
flow.jpg
以上、3月上旬に、ある会議で聞いた言葉。

----
なんでこんなことをいまさら書いているかというと、次のような記事を見たからです。
●「時事解析」イノベーションの危機(2) 激化する国際競争(4/16 日経朝刊)
 ・日本の世界競争力は世界第24位(※)。
 ・研究開発透視や人材など科学インフラの項目は2位。
 ・つまりはよいインフラがあっても競争力UPへは繋がっていない。
 ・産学連携や研究関連法律がイノベーション促進になっていない。

●「時事解析」イノベーションの危機(4) 大学・企業にも課題(4/18 日経朝刊)
 http://www.nikkei.com/article/DGKDZO70012540X10C14A4KE8000/
 ・大学改革プランに対して、経団連は「踏み込み不足」。
 ・企業側にも課題。個々の技術はあるが、世の中の要求に対応する技術がない。
 ・産学連携の強化は依然不十分。

加えて現在、2件の特許申請の準備中なのである。
準備中であるが、すでに実用化の可能性などでいろいろ問題が。
ウムム、、、イノベーションってそう簡単じゃない。

(※)World Competitiveness Ranking 2013
 http://www.imd.org/uupload/IMD.WebSite/wcc/WCYResults/1/scoreboard.pdf
nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 20

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る