So-net無料ブログ作成
検索選択

最近のつぶやきより(2) [ 研究実況 Old..]

先日の続きです。今回は研究などに関するつぶやきを集めました。
ちょっと古いつぶやきも混じってます。

最初はこちら。

御所_出水の小川 (2).JPG
  写真は京都の御所。え、天皇ご一家は住んでないって?
  なにいってはんの、長い旅に出てはるだけどすえ~

「あの御方」とは明仁氏、すなわち現在の天皇陛下です。陛下はハゼの研究で有名ですが
学術情報データベースで研究成果が多数ヒットするとの噂を聞き、試してみました。
http://ci.nii.ac.jp/ ) なるほど、確かに。私も頑張って論文書かなあかんなぁ。

おつぎは先日のある講義後のつぶやき。

普通、高校でも大学でも(小中でも?)、一人の先生が教壇に立ち、授業を行いますが
最近、ある方たちと「複数の先生が教壇に立って、授業を行う」という試みをやらせて頂いて
おります。要するに、ピン芸人でのステージではなく、コンビ芸人としてのステージにも
挑戦しているのです。その難しさや面白さ、授業への効果などについては模索中です。

----
次はマニアックなつぶやき。

Wikipediaってバカにできない。少し前に調べてみたら、私がメインで使っている
地下探査技術と、同じくメインで使っているコンピュータでの解析技術は、実は
どちらも同じ研究者が編み出したものだった。もちろんその当時は今のようなコンピュータ
はないので2つの技術は別々だったはずだ。そして私達は今も(今だからこそ?)
Tikhonovさんの手のひらの上なのだ、、、ってお話。

 image61.jpg 
  こういう地下の断面図が得られるのはすべてTikhonovさんのおかげ!?
  (上図の詳細はこちら→ http://obem.jpn.org/chitei/10_100km.html

----
次に行きましょう。

これ、凄いですよ!! ぜひ動画を見てください!!(下記)
http://www.nagoya-bunri.ac.jp/~osamu/SBPPR/Space_Balloon_Project_Press_Release/Space_Balloon_Project_ASF_2013.html
映像には渥美半島とか浜名湖、御前崎など、愛知県・静岡県民にとってはお馴染みの
地形が写っています。この気球のテイクオフは愛知県の蒲郡市生命の海科学館から。

ところで、この生命の海科学館のイベントに参加します!!
------------------------------------------------------------
サイエンストーク★蒲郡まつりスペシャル2014 ~SF映画に乾杯~

蒲郡まつりの夜、科学者たちと学芸員が、SF映画への愛に満ちた理系?トークを繰り広げ
ます。あんな映画もあった、こんな映画がもう一度見たい、このシーンのここが好き!参加者
の突っ込みも大歓迎。映画とサイエンスがきっともっと好きになる!?トークイベントです。
「いやぁ、映画ってホントにいいもんですね!」
今回は「科学が名脇役!なSF映画編」です。

・日時:2014年7月19日(土曜日) 19時~20時
・定員:30名(事前申込・先着順)
・参加費:100円(ワンドリンク付き) ※食べ物飲み物、持ち込みOKです。
・詳細やお申し込みはこちらから。
 http://www.city.gamagori.lg.jp/site/kagakukan/sciencetalk2014.html

------------------------------------------------------------
このイベント、去年も参加させて頂きました。よりトーク(芸)に磨きをかけて参ります。
お客さん、覚悟しておいてね!!(なにを?)
※去年の様子はこちら。
 http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2013-08-07
 http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2013-09-02

----
最後はこちら。

「収斂進化」って言葉を最近こちらで知りました。
●科学バー
 http://kagakubar.com/
「パンダとレッサーパンダ」のお話は、「そりゃ、そうやろ、そうやと思ったわ」
ってなりますけど、一読の価値有りです。
●僕たちの祖先をめぐる15億年の旅:第8話「イヌとヒトの共通祖先」
 http://kagakubar.com/mandala/mandala08.html

そんな「科学バー」ですが、私も執筆中です。今日の夜、最新記事をUp予定!
と言いつつ、まだ原稿を書いています… 間に合うのか!?のドキドキ感も
ともにお楽しみ(?)ください。

以上、後半はさりげに宣伝でした。

※注:明仁氏の所属機関である「御所」は京都御所ではなく、現在の皇居内の御所
 を意味しています。ですよね~
●皇居(宮内庁参観案内)
 http://sankan.kunaicho.go.jp/guide/koukyo.html
”皇居内には、天皇皇后両陛下のお住居である御所を始め、諸行事を行う宮殿(以下略)”
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る