So-net無料ブログ作成
検索選択

地震の始まりの始まり(2):一路北へ [▼シリーズ実況【地震のはじまり調査】]




乗船レポート、2回目です。
東京湾から太平洋にでた調査船は、
今回の調査地域へ向って舵をとります。
写真1枚目は航海中の海の様子。

うーん、ちょっと怪しい雲行き…
これは神様にお祈りをしなければ!!
ということで写真2枚目。
乗船している全員(研究者だけでなく、お手すきの船乗りさんたちも)が
船の船橋(ブリッジ)に集まります。
ブリッジは、船を動かしたり(操船)や調査活動の指揮を行う場所ですので、
普段はこんなに人でイッパイにはなりませんが、この時だけは例外。
そしてみんなで神棚に向けてお祈りをします。
俗に「こんぴらさん」と呼ばれている、安全祈願のイベントです。
神棚には香川県の「金刀比羅宮」(こんぴらさん)の御札が飾られて
いるのです。「こんぴらさん」は船の安全を守ってくれる神様です。

「どうぞ、台風の影響が酷くなりませんように」

みんなで二礼二拍手一礼です。
その後は、神事につきものの、ありがたい透明な液体で乾杯です。
はてさて、そのご利益のほどはいかに??

写真3枚目は同じ日の夕飯です。船の夕飯は17時から。
ずいぶん早いようですが、船は3交代制ですので、食事の時間も概ね
交代時間に合わせています(朝食は7:30、昼食は12:00、夕食が17:00)。
この日はお刺身にゴーヤチャンプル、焼き鳥といわゆる「居酒屋」メニュー
でした(お酒はでません、各自の個室にはストックはありますが)。

さてまだ調査の準備が終わってません。いそがし、いそがし。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る