So-net無料ブログ作成
検索選択

京都の古墳見学 [ 研究実況 Old..]

20141109_132857.jpg20141109_132639.jpg20141109_132613.jpg
京都市にも古墳があります。
今日は大学の近くの大枝山古墳群を見学に来ました。
ここは公園として整備されていて
今日は年に二度の一般公開。
(通常の見学は申し込み制)
かなり立派な古墳公園で驚き。
まさに古墳にコーフンですわ。

写真1枚目は古墳。これは移設されて整備されたもの。
石室に入ることができます。

写真2枚目も古墳。遊歩道の両側にある、こんもりした丘は全部古墳です。
ここには14基の古墳が保存されているです。

写真3枚目は紅葉。と見せかけて背景の小山はやはり古墳。
発掘作業がされていない古墳もあります。

灯台 もと暗しとはこのこと。
今度、地下探査をしにこよう!
マジで!
nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:moblog

nice! 6

コメント 7

MANTA

追記:ちなみに上記の古墳公園は京都市だけでなく、地元の方々のご努力
もあって綺麗に維持管理されています。地域の力って、大事。
Facebookページも有りますよ!

桂坂古墳の森保存会
https://www.facebook.com/kofunnomori

※今回の一般公開の宣伝(京都市)はこちら。毎年春・秋に実施されています。
●京都市指定史跡「大枝山古墳群(桂坂古墳の森)」秋の特別公開について
 http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000174103.html
by MANTA (2014-11-10 07:20) 

あかねだ

いいですね。大枝山は素晴らしい古墳群です。
非破壊なら色々実験できそうですね。
by あかねだ (2014-11-11 12:47) 

MANTA

あかねださん、まだ相談中ですが、大枝山古墳で調査をさせて頂けるかも
しれません。またこのブログで報告いたします~

by MANTA (2014-11-14 18:34) 

あかねだ

楽しみであります~!
by あかねだ (2014-11-17 12:48) 

MANTA


あかねださん、上記の写真1枚目でもご紹介しましたが、大枝山古墳群には
数年前に移築された古墳(円墳)があります。
この移築古墳の上と、別の未発掘の古墳の上の両方で電気探査を行なって
古墳の内部構造を予測しようというわけです。
移築古墳=答えが分かっている古墳があるのですから、両者の比較は
興味深いものになると思います。

従来の古墳での電気探査の結果では、古墳内部が見えているような、
そうでないような…というものが多いのですが、今回の探査がブレークスルーに
なるよう頑張りたいと思っています!
by MANTA (2014-11-19 12:24) 

あかねだ

比抵抗トモグラフィ―などでもう少し面白いことできないかとは思っています。
あまり知られていないのですが、解体される古墳での電気探査の例はそこそこあるので、それらとの比較も面白いですね。できれば、主体部だけでなく、他の施設がわかるのが一番ですが…
by あかねだ (2014-12-02 00:01) 

MANTA

あかねださん、月曜日に大枝山古墳群での比抵抗トモグラフィを実施しました。
上記の移設古墳と未発掘の古墳の2箇所で行いましたが、どちらでも石室が
綺麗にイメージ化できました。未発掘の古墳では石室以外にも異常域が
見つかりました。おそらくは石室へつながる入口かと思われます。

ただ古墳の内部構造については、私は全くの素人です。
またいろいろご教授下さい!
by MANTA (2014-12-04 06:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る