So-net無料ブログ作成
検索選択

4つの円 [▼科学ニュース New!]

circles.jpg
4つの円が描かれていて、互いに重なっているように見える。
重なっているように、見える。見える。
しかしよく見てほしい。実際には重なってはいないのだ。

元ネタはこちら。


Max Roser氏がTwitterで紹介した図である。
しかし本当に4つの円は重なっていないのだろうか?
確かめてみた。
まず、元の円に沿って、赤く細い線で円を追加してみた。
circles_1.jpg
どうだろう? まだ4つの円が互いに重なっているように見える。

では赤い線をもっと太くしてみよう。
circles_2.jpg
なるほど、4つの円は重なってはいない。

----
Max Roser氏はどうやら、様々な統計データ(特に世界各地の人々の生活水準)の
調査や、その長期変化を可視化を専門とする研究者のようだ。なのでこのような
視覚の錯覚(錯視という)にも興味をお持ちなのだろう。

ちなみに同氏のサイトにはいろいろな地図が紹介されている。
例えば、各国の平均寿命を元に着色した世界地図。
http://ourworldindata.org/data/population-growth-vital-statistics/life-expectancy/
※上記のWeb版だと、マウスを動かすことで各国の平均寿命をみることが可能。
map1.JPG
こちらは1800年頃(江戸末期)の平均寿命。
そして、、、
map2.JPG
こちらは2011年の平均寿命。
ちなみに色の付け方はこちら。
legend.JPG
濃い赤色は平均24歳以下、濃い緑色は平均80歳以上。

人間の寿命が飛躍的に伸びている様子がよく分かるね。
1800年頃は、アメリカ・ヨーロッパ・日本などが長寿国。とはいえ平均寿命は40歳
程度(日本は36.4歳)。2011年になると、アフリカ以外の地域では平均寿命は60歳
を越えていて、日本は83歳。アフリカは60歳以下の地域が多く、取り残された形だ。

こういう地図とか、最初に紹介した不思議な図とか、私自身大好きだ。
科学的な調査結果をビジュアル化するだけでなく、調査そのものにも役立つ可能性
を秘めている。私の専門の地下探査にも活かせないだろうか?
というか、活かすためにいま準備中だったりする。
今年度末にはその一端をご紹介できるはず。がんばります。

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

nice! 5

コメント 2

アヨアン・イゴカー

この錯覚は、かなり強烈な誘引要素がありますが、それが何かがわかりません。フレイザー錯視にもにているようですが。
錯覚にはとても興味があります。
by アヨアン・イゴカー (2015-07-20 00:50) 

MANTA

アヨアン・イゴカーさん、コメントありがとうございます。
そうですね、なんで円同士が交わっているようにみえるのか? 不思議です。
ちょっと追加で調べてみましたので、あとで記事をアップしますね~
by MANTA (2015-07-20 11:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

メッセージを送る