So-net無料ブログ作成
検索選択

理由:4つの円 [▼科学ニュース New!]

※ご注意:今回の記事は目が回ります。乗り物酔いに弱い人はご注意!

前回の記事に次のようなコメントを頂戴しました。
(アヨアン・イゴカーさん、さんきゅーです)
「この錯覚は、かなり強烈な誘引要素がありますが、それが何かが
 わかりません。フレイザー錯視にもにているようですが」

ふぉ? なんでそう見えるかって? そんなの私にもわかりませーん (^^)
でも少し調べてみました。まずは前回の「4つの円」を再び御紹介。
circles.jpg
         「4つの円(1)」

円同士が交わっているように見えますが、実は交わっていません。
ほんとかな? 4つの円のうち、内側2つを消してみましょう。circle_1.jpg
2つの円は交わっていませんが、やはり交わっているように見えます。
ではいっそ、外側の円1つにしてしまうとどうなるか?
circle_2.jpg
ようやく1つの円に見えてきますが、それでも形が歪んで見えます。

----
円が交わって見える秘密は、円に施された模様に秘密があるようです。
例えば、この4つの円に似た別の例を見てみましょう。
●円は交差している!?(だまし絵シアター:千寿製薬)
 http://www.senju.co.jp/consumer/resteye/damashie/018.html
 キャプチャ.JPG
     「4つの円(2)」  ※上記サイトより

やはり4つの円が交わって見えます。その訳は、正方形ひとつひとつが
すこしずつ傾いているためです。これは「フレーザー錯視」の応用として
知られているようです(アヨアン・イゴカーさん、正解ですよ!)。
● 錯視のカタログ(立命館大学、北岡明佳先生のページ)
 (錯視好きなら一度は覗いたことがあるサイトだと思われます!)
 http://www.psy.ritsumei.ac.jp/~akitaoka/catalog.html
fraser.JPG
 「フレーザーの錯視」 ※図および下記説明=北岡先生のサイトより。
 ”わずかに水平から傾いた短い線分を水平に並べると、
  全体がその傾きと同じ方向に傾いて見える”

これを応用したのが「フレーザーの渦巻き錯視」です。
Fraserspiralwithoutdiamonds.jpg
 ※http://www.psy.ritsumei.ac.jp/~akitaoka/FraSpr.html
うずまきに見えますが、うずまきではありません。互いに交わらない円から
できています。でも何度見ても渦巻きに見えるぞ。
この「フレーザーの渦巻き錯視」の右巻き・左巻き両バージョンを組み合わせた
ものが4つの円というわけです(※注)。

----
いかがでしたでしょうか?
もう十分に目が回ったかと思いますが、世の中にはさらに目が回る
錯視もあります。たとえば下記(ご注意:ここまでで気分がすぐれない方は
休憩してからご覧頂くことをオススメします)。
   :
   :
   :
   :
 (ところで 「4つの円(2)」を掲載されている千寿製薬さんは目薬とか
  販売されているのね。そして「瞳の休憩室」として錯視を紹介されて
  ます、、、、はたして休憩になるのだろうか、、、)
   :
   :
   :
   :
   :
   :
   :
   :
   :
   :
   :
   :
   :
例えばこちら
http://www.mobile-pedia.com/Entertainment/Opticalillusion
illusion_Spinning.png

あるいはこちら
https://xopticalxillusions.wordpress.com/spinning-images/amazing-optical-illusions-3/
amazing-optical-illusions2.jpg

…まわってますね。なんでやろ!?
あー目が回った。この辺でおしまい!

※注:ちなみにご紹介した「4つの円(2)」は、フレーザーの渦巻き錯視をそのまま応用していますが、最初の「4つの円(1)」はフレーザーの渦巻き錯視をさらに複雑にして組み合わせています。なのでまた違った錯視効果が加わっているようにも思えます。うーん、こういうのってどうやって定量的に研究するんやろ? おしえて偉い人!
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 6

コメント 2

アヨアン・イゴカー

早々に解説有難うございます。
あの後、あれこれ仕掛けを見抜こうとコンパスを使って同心円を描き、下書きをしてみたのですが、仕舞に目が回ってしまって(嘘です^^;ちっとも目が回らないので口惜しくなって)、一旦休憩しておりました。
以前フレーザー錯視の原理で回遊する魚の絵を描いたことがありますが、あまり上手くゆきませんでした。今回の変形版もとても興味が沸きましたので、先生の解説を元に理屈に従って描いてみます。
by アヨアン・イゴカー (2015-07-20 19:42) 

MANTA

私もやりました > コンパスを使って同心円
錯視って面白いですね。研究でも使えないかなぁ?

by MANTA (2015-07-24 08:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る