So-net無料ブログ作成

インパクトファクター信仰の危うさ [ 科学コミュニケーション]

学校といえば「定期試験」であり「成績」である。生徒は成績で評価される。
では学校を出た後はどうだろう? 一般の方々には馴染みが薄いが、
大学や研究所で働く科学者にも「成績」がある。

「インパクトファクター」と呼ばれるものがそれにあたる。
これはそもそもは科学者の成績ではなく、科学的な学術雑誌の指標である。
●インパクトファクターについて(トムソン・ロイター)
 http://ip-science.thomsonreuters.jp/ssr/impact_factor/
Impact.jpg
図にするとこんな感じ。ある雑誌上へ、最近の数年間(3年間)に掲載された論文
が他の論文に何回引用されたかを調べて数値化する(引用総数÷掲載総数)。
論文がたくさん引用される雑誌ほど、優れた学術誌!というわけだ。
本来は雑誌の格付けの指標だが、近年は科学者の格付け指標にもなりつつある。
例:「私はインパクトファクター4以上の雑誌に●本の論文が掲載されております!」

インパクトファクターは「雑誌全体の引用回数」だが、「個々の論文の引用回数」
を調べることも可能なので、それを「成績」としているケースもある。
例:「私の●●に関する論文は、これまでに●●回引用されています!」
これを発展させて、科学者の影響力を測る指標も提案されている。
●「h指数」とは何か?
 http://www.editage.jp/insights/what-is-the-h-index

ヒトは(特に科学者は)数字に弱い。自分の業績が数値化されることを好み、他人と
比較し、優秀さの宣伝材料とする。この客観的数値の凄さは、専門分野を越えた業績
比較すら(実用には問題があるとはいえ)可能としたことだ。しかしインパクト
ファクターなどの信頼度は早晩低下すると思われる。理由は次の経験からだ。
-----
1)雑誌編集者から論文の引用を強いられた
私も関わっている投稿中の論文が、とある学術雑誌Aに受理直前となっていた。
ある日、私達に一通のメールが届いた。雑誌の編集長からだ。そこには非常に
簡便な文章で「下記の論文を引用してください」とあり、その下にはこの雑誌Aに
最近掲載された論文が4つ並んでいた。4つの論文は原稿の内容と無関係という
わけではないが、それらを文中のどこで引用せよという指示はなかった。

2)査読者から論文の引用を強いられた
こちらは聞いた話。ある科学者が、ある論文を科学雑誌Bに投稿したら、査読者
(論文をチェックするヒト:こちら)から「これと、これと、これも引用しなさい」と言われた。
いずれも××先生の研究グループによる論文である。この話を聞いた別の科学者
いわく、「ああ、その査読者は××先生だね、彼は自分の論文を引用しないと、
論文を掲載不可にするんだよ。あの先生はこの分野の大家だから、次に論文を
投稿するときは、はじめから彼の論文を引用しておくと良いよ」
-----

3968019031_ba86c1fc76_z.jpg
Photo: researching by Jimmie (protected by CC License)

雑誌編集者も査読者(科学者)も自分の評価をあげようと必死である。
私自身もそうだ。なので(渋々ではあるが)先の4つの論文は引用することにした。
(これを拒んで論文掲載拒否なんて憂き目は正直いって御免だ)

一方で、こんなことを繰り返して、なんになるのだろうか?とも思う。
おそらく同じ事がどの科学分野、どの雑誌でも行われている。
インパクトファクターや論文の被引用数がたいした指標にもならない日は
すぐに来るだろう。例えば下記のような記事をちらほらみかける今日この頃だ。
●論文の影響力を測る新しい指標は、インパクト・ファクターを超えることができるか?
 http://www.editage.jp/insights/can-new-measures-of-research-impact-replace-the-impact-factor

にも関わらず、私の海外の共同研究者は「●●という雑誌がインパクトファクターが
低いので別の雑誌に投稿したい」だとか、ある知人は「インパクトファクターの高い
雑誌に××さんの論文が掲載された、凄いねぇ」などと言っている。
君たち、ちゃんとその雑誌読んでる? 誰がどんな研究をやっているか、
それが国際的にどんな価値があるか、研究の中身を理解して評価しているの?
(といいつつ、生徒の「成績」だけで合否を判断する大学もいかがなものか、
 と言われそうですな、、、)

ここまで読んで「おおげさな」と思う方。このインパクトファクターに基づいて
いま大学や研究所の評価がされており、研究者の人事や予算もこの数字如何で
変わってくるということもご存知だろうか?(さらにこれらの数値は欧米の
とある民間会社が独自の方法で算出しているに過ぎない)
インパクトファクターに過大に重きをおいている我が国の科学評価体制は
相当危ういと私は思っている。インパクトファクターなどは所詮評価の一つ。
数字だけでなく中身を評価できる体制が必要なのだ。とはいえ、研究者は論文を
バンバン書いて、成果を社会に公表・還元せねばならないことに変わりはない。
がんばりましょう(いまも1本、論文を修正中です~!)

※インパクトファクター信仰の問題点は下記でも指摘され続けています。
●インパクトファクターとは何か:正しい理解と研究への生かし方
 http://mlib.kitasato-u.ac.jp/homepage/seminar1.html
●The maze of impact metrics
 http://www.nature.com/news/the-maze-of-impact-metrics-1.13952
●インパクト・ファクターがすべてか?
 http://www.editage.jp/insights/is-impact-factor-everything
nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 3

コメント 3

それはいい過ぎ

>おそらく同じ事がどの科学分野、どの雑誌でも行われている。

私は国際誌の査読者も編集委員もやっていますが、それはいい過ぎです。そもそもインパクト・ファクターを計算しているトムソン・ロイター自身が、研究者個人や論文そのものの評価に用いないよう警告しています。ところが「大学や研究所で働く科学者にも『成績』がある。 「インパクトファクター」と呼ばれるものがそれにあたる」といった誤解が広まっているため、一部の不心得者がそれを悪用するのです。「信仰の危うさ」を改訂利本人が信仰告白してしまっています。腐った研究分野なのでしょう。
by それはいい過ぎ (2015-12-10 17:28) 

MANTA

「それはいい過ぎ」さん、コメントありがとうございます。
ご指摘のうち「どの雑誌でも行われている」はたしかにいい過ぎ
でした。上記記事を一部修正しました。

私も国際誌の査読者や編集者をやらせて頂いています。
もちろん「私の論文を引用しろ」だとか「この雑誌を引用しろ」だとか
著者に対してやったことはありませんし、やる気もありません。

でもね、そうでない雑誌(しかも一流と言われるもの)もあるのです。
そしてそれらの行為は普通オモテに出ません。私の体験が
「一部の不心得者がそれを悪用する」事例であればよいのですが、
氷山の一角ではないのか?と危惧しています。貴殿の文章にも
誤解が「広がっている」とあります。なのに「一部の不心得者」だけ
と軽視して良いのでしょうか?

>「信仰の危うさ」を改訂利本人が信仰告白してしまっています。
(改訂利 → 書いているの誤字かと思われます)
上記の通り、私は信仰していません(むしろ嫌い)。「引用しろ」と
言われて、「いやだ」と主張する勇気を持ち合わせてなかっただけです。

>腐った研究分野なのでしょう。
どの科学分野もいま同じ問題を抱えていると思います。

by MANTA (2015-12-11 12:21) 

MANTA

追記:参考となるサイトがありました。
●くたばれ「インパクトファクター」、くたばれ「科学の商品化」
 http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20141015/1413332010
●「インパクトファクター至上主義の弊害」の根は深い
 http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20141016/1413415047
by MANTA (2016-01-10 09:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る