So-net無料ブログ作成
検索選択

古墳の春(大枝山古墳群の一般公開) [▼研究実況 Now!]

4月上旬の日曜日、大学近くの古墳公園の一般公開がありました。
春と秋の、年2回の一般公開ですが、春はサクラ、秋は紅葉がとてもキレイ。
そして何よりも古墳が立派なのです。こちらの古墳や保存会の皆様にはいろいろと
お世話になっていますので、当方も微力ながら展示を出させて頂きました。
※その後、熊本地震があったためご報告が遅くなりました。

DSC_0147.JPG
一般公開の時の様子。
残念ながら、公開日の直前の雨でサクラは散ってしまいましたが、新緑がキレイ。
写真の手前では「勾玉」を作っています。その奥に見える丘は古墳です。
この「大枝山古墳群」は23基の円墳からなっていて、その半数ほどが保存されて
公園になっています。移設・再建設された1基を除いて、現存する13基はすべて
本物の古墳です。およそ1400年前に作られました。

そんな場所で勾玉づくりのワークショップだなんて、なかなか素敵。
作り方をちょっとご紹介。
DSC_0149.JPG
勾玉は最初はただの石です。「ろう石」という石だそうです。

DSC_0148.JPG
これを磨いていきます。

DSC_0150.JPG
そして完成。どうです、勾玉でしょ?
こんな素敵なアクセサリーをお土産にもらえます(無料)。

----
当方は古墳の前でポスターを展示しました。
この古墳では、学生実習などで地下探査をやらせて頂いており、学術講演会でも
発表させて頂いています。また新たな学術的な試みも始まりつつあります。
今回はそのあたりの探査結果などを、実際に探査を行った古墳の前で発表しました。
「ほら、この古墳の中がこうなっているんですよ!」って感じでプレゼン。
地下探査のターゲットの真ん前での成果発表、初めてでしたがおもしろいですね!
 DSC_0151.JPG
  熱心に質問してくださった親子さん。

この古墳は、同古墳群で最大のサイズですが、まだ発掘作業はされていません。
これまでに6基ほどが発掘されて、古墳内部の石室からは金属製の剣や土器など
が発掘されています。地下探査の結果から、この未発掘古墳の内部には石室が
あることが判明しました。その中にはどんなお宝が、、、、!?
ワクワクしますね。

この古墳公園、次回の一般公開は秋です。
私もまた、なにか展示すると思います。お楽しみに~
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 4

伊牟田勝美

歴史には登場機会が少ない我が埼玉県ですが、行田市には埼玉(さきたま)古墳群があり、勾玉作りができます。
使用する石はもちろん翡翠ではなく、柔らかく加工しやい石材ですが、完成すると労が報われた気分になれます。
埼玉古墳群は、「のぼう様」の舞台になった忍城に近く、「真田丸」にもあった忍城攻めで石田三成が物見台として使った丸山古墳も、埼玉古墳群の一つです。
(御存知とは思いましたが、埼玉のアピールをさせて頂きました)
ただ、残念な事に、周辺は荒川と利根川の氾濫原なので、manta様の研究には関係が薄いのかなと・・・
by 伊牟田勝美 (2016-07-10 19:25) 

MANTA

>埼玉古墳群は、「のぼう様」の舞台になった忍城に近く、「真田丸」にもあった
>忍城攻めで石田三成が物見台として使った丸山古墳も、埼玉古墳群の一つです。

いやー、おはずかしい。埼玉にはあまり縁がなくて、数えるほどしか訪れて
いません。忍城、一度見に行ってみたいと思っています。

by MANTA (2016-07-11 07:46) 

伊牟田勝美

恥ずかしい事に、「埼玉のアピール」と言っておきながら、「丸墓山古墳」を「丸山古墳」と書いていました。
訂正させてください。

忍城ですが、江戸時代に再整備されたため、「のぼう様」の時代の遺構はほとんどないようです。
ただ、水城公園は、往時を偲ぶ事ができると思います。
by 伊牟田勝美 (2016-07-12 12:37) 

MANTA

>忍城ですが、江戸時代に再整備されたため、「のぼう様」の時代の遺構は
>ほとんどないようです。
なに!?
ということは、地下探査で忍城の遺構を探すチャンスでは?
れっつごー!

by MANTA (2016-07-16 15:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る