So-net無料ブログ作成
検索選択

祇園祭!宵山! [ 京都で暮らす]

今日は祇園祭の前半のクライマックス、前祭(さきまつり) の宵山です。
(明日は山鉾を曳いて町を歩く、山鉾巡行。その前夜を宵山といいます)

DSC_0038.JPG
祇園祭はもう、7月1日から始まってます。7月に入ると交差点などには
こんな感じの看板が立ちはじめて、祇園祭を盛り上げます。

いまから思い立って、祇園祭に来てもまだまだ間に合います。
山鉾の夜の光景はこんな感じです。
DSC_0049.JPG
こちらは函谷鉾。

DSC_0051.JPG
こちらは鶏鉾。提灯がキレイ!

ちなみに今年は私も(まあまあ本格的に)とある山鉾のお手伝いをしています。
DSC_0034.JPG
「吉符入り式」に参加させて頂きました。吉符入り式とは、町内会の方々が集まり、
八坂神社の神主様からお祓いを受け、祇園祭の安全を祈願する催しです。
祇園祭だけでなく、ご町内がこの夏・秋・冬・春と災厄にみまわれず、
みなさん、安全に暮らせますように、、、m(_ _)m

さぁ、こうしてたらアカン。今日は宵山、粽(ちまき)を売りに行きまっせ-!

おまけ:
DSC_0037.JPG
路地にて。

DSC_0035.JPG
料亭の女将さんが打ち水をされていました。お話を伺うと「夏だけでなく、1年中
やらせていただいてます」だって。冬も乾燥しているのでホコリがたつかららしい。
しかもお店の前だけでなく、通りの端から端まで。
お店開店前なので、この料亭の来客の方々は打ち水されていることは
ご存じないかもしれない。これぞ、京のもてなしどすぇ。
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 4

コメント 4

伊牟田勝美

京都は、素敵ですね。
京都の三大祭りの中でも、葵祭や祇園祭は古の格調高いお祭りですね。
物理法則に逆らうような山鉾の辻回し等は、是非見てみたいものです。

同じ「祇園」が付く博多祇園山笠は、「山笠があるけん、博多たい!」と言うくらい、勇壮なお祭りです。
これも800年近い歴史があるのですが、京都には及びません。

ところで、「灘の喧嘩祭り」で有名な姫路には、他にも生涯に何度も見られない祭りがあります。
「一ツ山大祭」と「三ツ山大祭」です。
「一ツ山大祭」は60年に一度、「三ツ山大祭」は20年に一度しか行われません。なんと、次の「一ツ山大祭」は2047年、同じく「三ツ山大祭」は2033年です。
1000年を超える歴史がある一ツ山大祭と三ツ山大祭ですが、流石に京都には敵いません。

日本は、世界最古の王国だそうです。
歴史は、一度でも途切れると、ゼロからの再スタートとなってしまいます。
綿々と続く歴史は、大切にしていきたいものですね。

by 伊牟田勝美 (2016-07-17 00:58) 

MANTA

>京都の三大祭りの中でも、葵祭や祇園祭は古の格調高いお祭りですね。
>物理法則に逆らうような山鉾の辻回し等は、是非見てみたいものです。
ぜひ御覧ください。TVでみるのも良いのですが、実物が町中を動く様子は
怪獣映画さながらです(^^)

とりあえず、今日の私はクタクタです…(別に山鉾と一緒に巡行したわけでは
ないのですが、お手伝いってタイヘン。)

祇園山笠に姫路のお祭りも行ってみたいです。
祭りこそ、古来からある体験型イベントですもんね。

by MANTA (2016-07-17 19:55) 

keisuke

朝方に一瞬雨が降りましたが過ごしやすい天気でよかったです。でも写真はビニールがかかっていると全然だめでした。また行きまーす。
by keisuke (2016-07-24 22:50) 

MANTA

>朝方に一瞬雨が降りましたが過ごしやすい天気でよかったです。
雨、残念でしたね。
でもあれくらいで済んでよかったです。
もっと降ったら後片付けが大変!!
(湿ったまま、タペストリーなどをしまう訳にはいかない)

祇園祭は雨になる確率が50%くらいだそうです(保存会の方談)
来年は晴れるかしら?

by MANTA (2016-07-26 07:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る