So-net無料ブログ作成

ポケモンショック@京大 [ 京都で暮らす]

20160722_165114.jpg
朝のNHKニュースでは、10分間ほど「アメリカでのポケモンフィーバー」を
取り上げてましたが、「日本での配信は未定」との報道でした。
ところが、そのすぐあとに配信開始!
さては、任天堂とNHK、グルだったな。
おぬしらも、ワルヨノー

ポケモンショック、大学にも届いております。
写真はついさきほどの大学の様子。
そこかしこで、学生達がポケモンGOに興じております。
ええけど、いま、期末試験の真っ最中やで。
「ポケモンゲット、単位ロスト」にならんようにね。

しかし面白い。
いや、私はまだポケモンGOは触ってない。
何が面白いって、世の中、コンテンツやなー、と。
このゲーム、任天堂ではなくてNiantic社の開発のようだが、同社はこれまでに
有名な位置ゲー(スマホの位置情報を使ったゲーム)「イングレス」を提供している。
今回のポケモンGOは、イングレスの改良型と考えてよいだろう。
イングレスは少しやったが、おもろかった。
ポケモンGOは、それにキャラの魅力が加わるということか。

しかし、イングレスショックなどは起きなかった。じわじわと流行ってはいたけれど。
同じようなゲームシステムでも、テーマというか、コンテンツが違うとこうも違ってくる。

技術がいかに発達しても、コンテンツは大事やね。
よくわかった。面白い。
というわけで、学生諸君、ゲームに興じるのもよいが、コンテンツ=中身も大事。
ぜひ大学でよいコンテンツを学んでくれたまえ!

(え、だったら学ぶに資するコンテンツをもっと提供しろ、って?!)

あと、人工知能が将来の人間の職を奪うとか、奪わんとか、話題になりますが
人工知能が自らの力でバズるコンテンツを産み出せない限りは
そんな心配いらへんと、オッチャンは思うで~
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 7

コメント 2

立花

ご当地レアポケモンキャラみたいなのが出てきた日には、鉄道や航空会社の株まで上がっちゃいそうな気がします。
アイデアはやっぱり組合せですかねー

AIといえば、将棋の分野でBonanzaが登場してから後、あっという間にプロレベルになってしまいました。
それどころか、プロの実力に並ぶにはもっと先だと思われていた囲碁までがプロを凌駕するほどに進化してしまった。
ある革命的な技術によって短期間にガラっと様相が一変してしまうことも起こりうるんじゃないかという気がします。

by 立花 (2016-07-23 22:49) 

MANTA

>ご当地レアポケモンキャラみたいなのが出てきた日には、鉄道や航空会社
>の株まで上がっちゃいそうな気がします。
立花様、出てくると思います。
Ingressでも、ローソン限定ポータル(アイテムをゲットできる地点)があり、
ローソンにはIngressファンが殺到(というかローソン前をウロウロ)していました。
今回もそうなるでしょう。

位置ゲーは、位置精度が問題ですね。いまのGPSやWifiによる位置決め
では、都市や屋内では精度が下がります。それが幸いして(?)本来は行く
ことができない場所へ(位置精度誤差のため)辿りつけて、アイテムゲットと
なる場合もありますが、屋内での位置精度向上ができると、また一つおもしろ
さがますでしょうね。

AIもそうですね、これからも技術は着々と進歩するでしょう。
最大の問題は、ユーザー(一般市民)が「これは科学技術の進歩の賜物だ」
と思うことは少なくて、「便利だけど不安」「不安だけど便利」って感情先行な
状況でしょうか? 自身がその技術開発に参加しているという実感が無い
ので、魔法と同じなんでしょうね。いやはや危険だ。

by MANTA (2016-07-24 11:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る