So-net無料ブログ作成
検索選択

復活のブログ! [▼研究実況 Now!]

♪ きこえるか きこえるだろう はるかなトドロキ~

はい、やっと忙しい時期が終わりを告げましたので、本ブログ 復活のときです。
といいつつ、昨日ちゃっかり、自分のイベントの告知してましたけどね。
今日はとりあえず昨日の様子を紹介しましょうか。

----
自分の講演やイベントの告知はちょっと恥ずかしいので、端折っちゃっうことも多い。
でも昨日の科学バーは、いままでとは違うお店でやらせていただいたので、
お客さん、多いか、少ないか、、、心配になり、あわてて(当日!)告知したのだ。
はてさて、お客さんの入りはどうかというと、、、

photo_#1(2).JPG
ほぼ満席! ありがたい!

これまでに東京日本橋で科学バーをさせて頂き(丸5年になります、例えばこちら
その後、京都先斗町でも科学バーをさせて頂き(丸3年になります、例えばこちら
今回で3箇所目での開催です。
新規開店の科学バー、場所は京都・出町柳のワインバー「アシュクルク」さん。
 アクセス→ http://www.ash-k.com/accessmap_top.htm
 ブログ → http://blog.ash-k.com/
 食べログ→ https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260302/26005323/

「ワインをテーマに」ということで、
「海底に眠っていたワインを美味しく飲む方法」
にしたけど、、、

photo_#1(1).JPG
結局は海底探査の話がメイン!
詐欺だ!!
いやちゃんと話しましたよ、海底のワインを美味しく飲むには、
海底探査テクノロジーが大事だって、、、

とにもかくにも、新たな科学バーも大成功。
お客さんもノリノリ。上の写真も「ブログに載せますよ!」と言って撮ったんだが、
ノリノリの表情。すごくよい表情なのですが、個人情報やモロモロに配慮し、
文字を目線代わりに入れさせていただきました。 m(_ _)m

面白かったという声も多数。(そして持っていった本も売れた (^^) )
さっそく次回の話が進んでいます。
次はなんの話しよっかな、、、?  え、宇宙? それもありか?
また詳細が決まったらお知らせします!

----
あと、本ブログの次回以降は、ここのところ忙しかったアレヤコレヤをダイジェストで
振り返ってみようと思います。いろんなところに行きました。
お楽しみに~


どうでもいいオマケ:今回のタイトルはこちらより。井荻麟!

復活のイデオン

復活のイデオン

  • アーティスト: 井荻麟,すぎやまこういち
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 1998/08/21
  • メディア: CD



伝説巨神イデオン完全設定資料集

伝説巨神イデオン完全設定資料集

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2007/03/26
  • メディア: 大型本



nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

nice! 3

コメント 2

立花

ワイン片手に科学を語る。なんか贅沢なひとときですね。。

海底地形を調べるには音波探査がメインなんでしょうか。
富士山の地形図で赤色立体地図ってのがあるんですけど、それは飛行機からレーザ使ってやってるらしいのですけど、海には使えないのかなあ。

ぼくはイデオンがロボット系のものとしては最強だと今も信じています(笑

by 立花 (2016-10-22 22:28) 

MANTA

> ワイン片手に科学を語る。なんか贅沢なひとときですね。。
立花さん、ありがとうございます!
第2回目も開催できそうです!

>飛行機からレーザ使ってやってるらしいのですけど、海には使えないのかなあ。
立花さん、実は使えます! でもあまり大きなニュースになってない!
詳細は下記です。これからドンドン実用化されて、細かな地形を測れるように
なると思いますよ。
http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2016-01-08

あとロボットとしては、ウォーカーギャリアがいいですね。操縦簡単そう。
(ハンドル一つ)
イデの力やオーラ力にも憧れますが、生還率が低いのが気になります(汗)
by MANTA (2016-10-23 18:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る