So-net無料ブログ作成
検索選択

シチミか、ナナイロか [ 科学コミュニケーション]

先日、東京(新橋)に行った。とある省庁で会合があったためだが、これがまた、
聞いていたのを遥かに上回る大変なものであった。なるほど、だからわざわざ
某研究機関の方が「先生、よろしくお願いします」的な事前説明に来られたのね。
うーん、大変だ……と気落ちする数時間ほど前。

前置きが長くなったが、新橋近くで昼食を取った。蕎麦だ。元来、うどん好きであるが
東京に来たらやっぱり蕎麦だ。たまたま入ったお店でワカメ蕎麦を頂いたが、蕎麦
のみならずワカメも美味しい。水にもこだわっていると、張り紙にある。

 DSC_0243.JPG
 卓上の七味唐辛子。

あ、ここはこだわってないのね。京都だと清水寺の七味屋さんとか、原了郭さんとか
人気の七味があるのになぁ。東京には本格七味はないのかな?と思って調べてみたら
七味唐辛子はどうやら東京で発明されたらしい(※1)。ほほぅ。
江戸時代初期、漢方を食に利用できないか、というアイデアから生まれようだが、
案外、「あー、唐辛子を仕入れすぎた、なんか新製品かんがえなくちゃ!」だったりして。
その後、七味は京都にもたらされる。京都人にとってはきっと、
「うわ、辛いなぁ、唐辛子減らして山椒増やしたろ」となったことは想像に難くない。
(京都の七味は、山椒が多めなのだ:※1)

江戸時代の前期は京都や大阪のほうが流行発信地だったらしい(※2)。
現在、流行・情報の拠点の座はすっかり東京に移っているが、当時の京都人は
七味を食べて、辛い!と思い、でも自分たちなりに改良し、オリジナルの名物として
販売した。もともと、京都は関東に比べて食材には恵まれてはいない(※3)。
そんな中で生活に工夫を凝らしてきた。結果、京都の人は新しいもの好きで、
流行りをどんどん取り入れて、発信していたのだろう。
いまの京都は、そんな姿からは程遠いかもしれない。

 DSC_0238.JPG
 過日、別のお店に入ったら「八味」があったよ。
 ハチという調味料会社が出している。洒落やね。

ちなみに関東方面では「ナナイロ唐辛子」、関西方面では「シチミ唐辛子」と
呼んだようだ。鮮やかな見た目が売りか、味が売りか。
この違い、今の関東と関西の違いにも残っている気がする。
全国的には「シチミ唐辛子」が定着してしまっているのもまた面白い(※4)。
(上の写真のS&Bも東京発の調味料会社なのに)

私は今、京都に住んでるけど、そういえば「こだわり七味」を買うことはあまりない。
関東に住んでいた時には、おみやげに買って帰ってたのに。また買おう。
蕎麦を食べながら、そんなことを考えていた。
ごちそうさまでした。

 DSC_0251.JPG
 蕎麦を頂いたのは「SOBA CAFE FUKU」さん。
 https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13198376/
 オープンしたてのお店のようだった。

文化とか歴史とかって、おもしろいね。
科学も歴史や文化の上で成り立っている。だから、なかには良くわからない
(古い)ルールや法則やシキタリもあったりする。人間のやることだから当然だ。
そんなことや、あんなことも学ぶことが、科学を知ることになるのだろう。

 DSC_0248.JPG
 でもネクタイって変だよね。先日の会議でネクタイ締めたけど、
 なんでこんな変な紐を首に巻きつけてるんだろう? > 人類
 いろんなことが不思議、不思議。

※1:薬味として確立した七味とうがらし(京都・産寧坂「おちゃのこさいさい)
 http://www.ochanokosaisai.com/html/page43.html
※2:悠久の日本美を京都から世界へ(京都創生推進フォーラム)
 http://www.kyoto-sousei.jp/forum06/1025_04.html
※3:七味の歴史(七味家本舗)
 http://www.shichimiya.co.jp/hpgen/HPB/entries/10.html
※4:長野も七味が名物だそうな(七味唐辛子の由来:八幡屋礒五郎)。
 https://www.yawataya.co.jp/about/history/

nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 6

MANTA

Facebookのほうに、2件ほどコメントをいただきましたので、ご紹介します。

・関東はシチミと言わずにナナイロって言うんですか?初めて知りました
・海外でも売上の伸ばしている七味唐辛子、英語表記では「NANAMI  
 TOGARASHI」だそうです。
https://www.sbfoods.co.jp/recipe/supportdesk/101005_qa.html

by MANTA (2016-12-14 18:33) 

MANTA

>関東はシチミと言わずにナナイロって言うんですか?初めて知りました
コメント、ありがとうございます。
ナナイロは、ちょっとググってみたところ、どうも古い言い方のようですね。
関東の田舎の方ではそう呼んでた(いまも?)らしいです。

>海外でも売上の伸ばしている七味唐辛子、英語表記では
>「NANAMI TOGARASHI」だそうです。
なんと! 海外ではナナイロなんですね! ご紹介頂きましたページでは、
「イチミ」と「シチミ」の発音の区別が外国人にはわかりにくいので、ナナイロ
にしたとのこと。ならばRainbow Seasoningとして売り出すのはどう?
なんでも七味唐辛子自体、日本にしかないらしい。
ほぇー、おみやげにしたらウケるかしら?

参考:海外の友人へのお土産にしたい、日本のスパイス5選
 http://www.cafeglobe.com/2015/09/049415japanese_spice.html
by MANTA (2016-12-14 18:39) 

伊牟田勝美

ネクタイは、防寒着の一種です。
その起源は、ローマ兵の防寒用スカーフが原型とする説もあります。
ネクタイには、胸元への冷気の侵入、シャツの中の暖気の流出を防ぐ役目があり、防寒の機能を持っています。
夏場にネクタイを締めるのは、マフラーを巻いているのと同じようなもの。夏場のノータイ運動は、「夏場はマフラーを巻くな!」とわざわざ言っているようなものですね。


by 伊牟田勝美 (2016-12-17 00:52) 

MANTA

>ネクタイは、防寒着の一種です。
そうだったんですね! じゃあ、クールビズは理にかなっていると。

ネクタイがもともと兵士の防寒着というのもおもしろい。
そういえばスーツも元は普段着だと聞いたことがあります。
現在は、ジョブズやザッカーバーグが、襟なし+ジーパンで公の場に現れて
いました。21世紀はこちらが正装になるかもしれませんね。

by MANTA (2016-12-18 09:50) 

伊牟田勝美

>スーツも元は普段着〜
普段着と言うより、作業着のようです。
その証拠に、やたらとポケットが沢山あります。
上着は、外側に3ヶ所、内側にも2〜4ヶ所、ベストにも3ヶ所、シャツにまで1ヶ所、ズボンも4〜5ヶ所。全部で最大16ヶ所にポケットがあります。コートも入れたら約20ヶ所!
セビルローでスーツ(背広)が作られ始めた時代の女性服は、ポケットはほとんど無かった事との対比が面白いですね。
スーツは、機能的だったので、ここ200年間の男性服はほとんど変化していません。
もしかすると、ジョブズやザッカーバーグ、そして地球温暖化によって、男性服の正装が変わるのかもしれませんね。

by 伊牟田勝美 (2016-12-18 12:24) 

MANTA

>ジョブズやザッカーバーグ、そして地球温暖化によって、
>男性服の正装が変わるのかもしれませんね。
そうですね、そう思って最近は時代を先取りした服装で仕事しています。
(単にスーツを着るのが嫌になってきていて、ジーパンの日が増えてるだけ)

by MANTA (2016-12-20 12:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る