So-net無料ブログ作成
検索選択

今年みた至高のSF映画 [▼研究実況 Now!]

昔は映画をよく見に行ってましたが、最近はスッカリご無沙汰。
、、、だったのですが、今年は映画の当たり年でしたね。
話題にのぼることが多かったのはやはりこの作品。

ゴジラ シン・ゴジラ 2017カレンダー 壁掛け

ゴジラ シン・ゴジラ 2017カレンダー 壁掛け

  • 出版社/メーカー: エンスカイ
  • メディア: オフィス用品



ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ ([バラエティ])

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ ([バラエティ])

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: グラウンドワークス
  • 発売日: 2016/12/29
  • メディア: 大型本



「シン・ゴジラ」、私はこう読む

「シン・ゴジラ」、私はこう読む

  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • メディア: Kindle版


私も見に行きました。おもしろかった!!
どんな事(作品)でも、何かに秀でたり突き抜けることは大事ですね。
ほんまに純粋に「特撮映画」を目指した作品であり、古いゴジラやガメラといった
怪獣映画で育った私(や私の世代のおっさん達)は始終楽しく見ることができました。
また、身近な町並みが出てきたり破壊されると、ショックだけど興奮するよね。
私が昔住んでいた横浜の住宅地もゴジラにやられました。
あと、蒲田くん、いいよね。

シン・ゴジラ 第2形態 もちっとクッション 全長約100cm

シン・ゴジラ 第2形態 もちっとクッション 全長約100cm

  • 出版社/メーカー: グレイ・パーカー・サービス
  • メディア: おもちゃ&ホビー


映画「シン・ゴジラ」は米国でも公開されたようですね。
日本の政治の決断力不足(の長大な描写)に不満が集まるかと思いきや、、、
意外なところに違和感があったそうです。なるほど。詳しくは下記。
●【ネタバレ注意】米在住の翻訳家が「シン・ゴジラ」で驚愕したこと
 http://www.mag2.com/p/news/230000

ちなみに、コレを見るたびに私は「ゴジラ」を思い出します。
  P7170084.JPG
 ♪デデデッ、デデデッ、デデデデデデ、デデデッ(ゴジラのテーマ)
  今年の祇園祭にて。長刀鉾がビルの間を行く姿って、ゴジラっぽい。

  P7170089.JPG
   辻回しも。

  P7170093.JPG
   ゴゴゴゴゴゴ、、、

一方、家内はシン・ゴジラの、グオーンと動く尻尾を見て、うちのネコの尻尾を
思い出したらしいです。 → http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2016-12-27
いろいろな思いが交叉する(?)映画「シン・ゴジラ」。特にラストが意味深だったので
解説・解釈本がたくさん出版されているようですね。あれはいったい、なんだったんだ?

----
しかしですね、この素晴らしい怪獣映画を凌駕するSF映画にも出会いました!
そのタイトルは「不思議惑星キン・ザ・ザ」。

不思議惑星キン・ザ・ザ≪デジタル・リマスター版≫ [DVD]

不思議惑星キン・ザ・ザ≪デジタル・リマスター版≫ [DVD]

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: DVD



不思議惑星キン・ザ・ザ [DVD]

不思議惑星キン・ザ・ザ [DVD]

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: DVD


ロシアがまだソビエト連邦と呼ばれていた1986年、このSF映画は生まれました。
その観客動員数はソ連全土で1570万人!!
米国のSF映画が「スター・ウォーズ」ならば、ソ連は「キン・ザ・ザ」なのである。

DSC_0237.JPG
 シン・ゴジラとキン・ザ・ザのチケット。

とはいえ私、その存在を全く知らんかった。今年、公開から30年以上を経て、デジタル
リマスター版が日本で公開されました。家内が「みにいく!」というので、ついていった。
、、、、むちゃくちゃ面白かった! 家内に感謝!
お話は現代の、とある街角から始まります。そこで出会った「靴下を履いてない人」に親切に
した主人公と青年ですが、見知らぬ装置につい手を触れてしまったがために、大変な旅に
出ることになります…映画前半は、絵面・キャラの地味さと話の不可解さで敬遠しそうに
なりますが、話が進むに連れて「謎」が明らかになっていきます。そしてラストシーンは、、、
私達はどこから来て、どこへ行くのか、そんなSF物が好きなら絶対楽しめます。
●『不思議惑星キン・ザ・ザ』が初のブルーレイ化! "クー!"ポーズを決め込んだ
 超脱力な秘蔵写真を一挙公開!
 http://rooftop.cc/news/2016/12/05170000.php

ポスターや上記サイトに「両手を広げた、よくわからないポーズ」が載っていますが
その意味は映画を見たらわかります。そして鑑賞後は、ホッペを2度叩いて、
「クー」と言いたくなります。「キン・ザ・ザ」は私の中での映画ベスト5に入りました。

いやー、映画って本当にいいもんですね~
たまには見よっと。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る