So-net無料ブログ作成
検索選択

池上彰の発明(1) [ 科学コミュニケーション]

NHK子供ニュースで有名になった池上彰さんが、昨日古巣のNHKの
朝の情報番組「あさイチ」に出演されました。
●池上彰氏、古巣の有働アナに「紅白の司会外れたのはどうでしたか?」と斬り込む
 http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170106-OHT1T50076.html

ついさっき、家内が録画していた番組を一緒に見てましたが、その中で紹介されていた
新聞記事の整理方法はとても参考になりました。かいつまんで書くと、、、
1) 新聞記事をざっと読んで、気になる記事はそのページだけ切って(ハサミなど
 使わずに、1枚を手でちぎる)、持ち歩く。
2) ちょっとした時間の合間に先程の記事を読む。面白い記事だと、ファイルする。
 (クリアフォルダにただ放り込むだけ。関連する記事は同じフォルダに放り込む)
3) いくつか関連記事が溜まったら、複数記事をまとめて読んでみる。
4) 「もうこの話題は古いから要らないな~」とおもったら、古新聞に。

キャプチャ.JPG

※池上さんの新聞利用術はこちらでも紹介されています。
 ●池上彰さんが語る「大人のニュースの読み方」
  http://www.lettuceclub.net/campus/lecture/20140425/
 ●池上彰 新聞勉強術|こんなにも役立ち面白い新聞/新聞奨学生通信/新聞奨学生コラ
  http://shinbun.hitorigurasi.net/column/column23.html

池上さんは元NHK記者ですから、きっと既存の整理術などに基づいて、ご自身の
新聞整理術を見出されたのでしょう。とても参考になりました。
実は私も似たような方法で、学術的な情報(論文)の収集・整理をしています。
1) まず各学術雑誌の目次提供サービス(TOC Alertと言います、電子メールで目次が
 届きます)や、Google Scholarのアラートサービス(学術的なキーワードを含む
 論文があれば教えてくれる)を使って、最新論文の情報を得る。
2) 論文のタイトル・著者をみて興味深そうな論文があれば、論文の要旨や図を
 ざっと見てみる。
3) むちゃ面白そう!とか、これは必要!とおもった論文はコピー(印刷)してカバンへ。
 面白そうなところを中心的に読んで、感想(メモ)を論文表紙に手書きで書き込む。
4) 読み終わった論文をファイリング。ファイルは「分野」や「著者」別にしていて、
 そこへ放り込む。古い論文があとに来るように放り込むだけ。
  科学コミュ&科学と技術.jpg
5) 一方、今すぐ役には多々なさそうやけど、まあまあおもろそうなぁという論文は
 表紙だけコピー(印刷)して、手書きメモを一言加えて、4と同じくファイリング。
6) 関連分野・著者のファイルを取り出して、見直してみる。新しい論文や興味がある
 論文ほど手前に整理されているので、最新トピックスや、私自身が何に興味を持って
 いるのかを追いやすい。

私の整理方法は下記のマネです。まだ学生の頃、当時の指導教員に教えてもらいました。

「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)

「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)

  • 作者: 野口 悠紀雄
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • 発売日: 1993/11
  • メディア: 新書


本書の文庫版も出ているようです。この「押出ファイリング」、とても簡単で効果的です。

「超」整理法1 押出しファイリング (中公文庫)

「超」整理法1 押出しファイリング (中公文庫)

  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2003/05/23
  • メディア: Kindle版


学生の頃から今に至るまで、基本的にこの方法をずっと使ってます。
ファイリングでは「分野」だけでなく「著者」でも整理するのは学術論文ならでは。
一人の研究者は(多くの場合)、同じテーマ・同じ主張で研究を続けますからね。
(これは東大のSさんのアイデアのマネ)
それから「分野」といっても、分け方は実に多様。論文以外にもいろいろな資料が
研究には必要ですが、これらを「手法」「地域」「研究プロジェクト」などなど、
どのカテゴリーで分けるのかが悩みどころ。私もいろいろ悩んだり試したりしましたが
結局は"フィーリングでファイリング"(!)することにしました。例えば、こんな感じです。
 『この論文は○○地域の調査だから「○○地域」のファイルに入れるべきか?
  いや手法の新しさが面白いから、「××手法」のファイルに入れよう』
いい加減な分け方に見えますが、その時のフィーリングって意外に長い時間、継続が
できていて、大体の資料はすぐに見つかりますよ。
(見つからないものは、なかなか見つからないけどね)
(まあ、どう整理しても、自分の記憶の中に残っていない情報は、ないのと同じですよ)

世の中には、様々な整理術指南が溢れて入るようですが、たぶん一番大事なことは
自分にとって大事な情報を、自分にとって役立つ方法で、しかも最小限のエネルギーで
整理する(あるいは捨てる)コツを自分自身で見出すことなのでしょう。

----
ところで、みなさんはニュースはどこで仕入れていますか? 新聞? テレビ?
私はニュースはもっぱらWebで横断的に得てますが、Webの情報をうまく整理
する方法、ありませんかねぇ。。。この点は少し悩んでいます。
一度印刷して、ファイル化してもええんやけど。。。
日々、勉強ですね。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る