So-net無料ブログ作成
検索選択

1億2100万画素の地球 [▼科学ニュース New!]

♪ 出会いは、億千万の~

THE GREATEST HITS OF HIROMI GO

THE GREATEST HITS OF HIROMI GO

  • アーティスト: 阿木燿子,唐沢晴之介,来生えつこ,岩谷時子,安井かずみ,橋本淳,秋元康,森雪之丞,南風沙子
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 発売日: 1994/11/02
  • メディア: CD


というのは郷ひろみさんのヒット曲ですが、今日の昼休み、こんなニュースを見ました。

●ひまわり9号が初撮影した「美しい地球」の高解像度画像をご覧あれ
 http://sorae.jp/10/2017_01_25_hi.html
(以下引用)"ただただ、その存在感に圧倒されてしまいます。昨年11月にH-IIAロケットによって打ち上げられた、静止気象衛星「ひまわり9号」。そのひまわり9号から、圧倒的な存在感を感じさせる「初となる地球の画像」が送り届けられました"

desktop.JPG
 画像をさっそくダウンロード。私のパソコンの壁紙にしてみました。
 地球がひしゃげちゃってますが、オリジナルの画像はもちろん真ん丸です。

これ、何がすごいって、画素数がすごい。
11000ピクセル×11000ピクセル=1億2100万画素!!
気象庁のサイトからダウンロードできます。

キャプチャ.JPG
 写真は下記サイトより。
 ひまわり9号による初画像(気象庁)
 http://www.jma-net.go.jp/sat/data/web89/himawari9_first_image.html

ひまわり9号は、ひまわり8号と共に、日本の周りを回っています。
8号くんは2014年10月に打ち上げられて、2015年7月7日(七夕!)から運用開始。
天気予報などで目にする人工衛星画像は、この8号くんから送られてきたものです。
昨年11月に打ち上げられた9号くんは、8号くんに何かあったときのための予備機。
でもいつまでも控えでベンチを温めているわけではなく、2022年からは9号くんがメイン、
8号くんが予備になるらしい。その後も、交代しつつ、日本や地球を見守る予定です。
2020年の東京オリンピックの時の気象予報は8号くんが担当予定なのね。
(詳しくは → 気象庁HP「ひまわり8号・9号」)
 http://www.data.jma.go.jp/mscweb/ja/himawari89/index.html

おお、2機で見守るなんて、あわせて約「2億4千万画素の瞳」やん!

2億4千万の瞳[郷ひろみ][EP盤]

2億4千万の瞳[郷ひろみ][EP盤]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: CBSソニー
  • メディア: LP Record


・・・ちなみに、この8号くんと9号くんが、気象庁単独の資金で開発された初の衛星だった
そうな。「それ以前のひまわりシリーズはどうだったの?」が気になる方は下記をみてね。
●気象衛星「ひまわり9号」打ち上げ成功。2輪のひまわりが見守る私たちの生活と地球の未来
 https://hbol.jp/116591

他にも、「ひまわり9号が三菱電機製」だとか、「ひまわり8号・9号の可視赤外放射計は
アメリカ製だけど、当のアメリカはまだ使ったことがなかった装置だった」などなど、
詳しい解説がありました。ご参考まで。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 4

立花

16.3MBのやつは、ブラウザで表示させるのにさすがにすこし時間がかかりました。
一番軽いやつをPCの壁紙にしてみました。画面の縦に合わせるとうまいこと地球が丸く表示されましたよ(Win8.1)。
低気圧が日本の東海上で猛烈に発達していて日本付近の季節風の吹き出しが綺麗に出ていますね~
大雪で大変な目に遭っているところは気の毒ではありますが。。
しばらくの間この壁紙を楽しもうと思います(^^)。

by 立花 (2017-01-25 23:56) 

MANTA

>16.3MBのやつは、ブラウザで表示させるのにさすがにすこし時間がかかりました。
立花さん、コメントありがとうございます。
これ、たぶん、毎日宇宙から地球へ送られてきてるんですよね。
電波で送ると、時間がかかりそう!

ちなみに当方PCの壁紙の地球はわざとひしゃげさせてます。
こういう地図ってありましたよね?(モルワイデ図法)
by MANTA (2017-01-26 07:38) 

伊牟田勝美

私も、ひまわり8号、9号には関心があります。
ひまわり8号の画像を見た際には、感動を覚えました。
まるで、宇宙旅行をしているような気分でした。
「大雪で大変な目に遭っているところは気の毒ではありますが。。」
それはそうですが、一方では、大雪の予報には役に立つのですから、この美しい画像にも意味があると思います。

ちなみに、私も、台風の画像を見て喜んでいた不信心者です。

by 伊牟田勝美 (2017-01-26 22:55) 

MANTA

あ、ちょうど鳥取などで大雪だった、まさにその時の画像なのですね。
気づきませんでした。それもこれも見守る「ひまわり9号」、頼りにしています。

ところで、災害で被災する人はいるとはいえ、日本はそういう土地です。
災害を不謹慎とか暗いとか話題にするのはちょっと、、、とは考えず
むしろ立ち向かっていきたいですね。
by MANTA (2017-01-28 08:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る