So-net無料ブログ作成
検索選択

深海の音 [▼科学ニュース New!]

先日、こんなニュースが。

●北極圏の海底から謎の音、動物も消えた? カナダ軍が調査へ
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-00000046-jij_afp-int
 Arctic.JPG
 https://openclipart.org/detail/266078/arctic-scene-3

ミステリー!? 以下引用です。
・北極圏に位置するカナダ北東部の沖合で、海底から複数回にわたり奇妙な音
・イッカクやホッキョククジラ、アザラシなどが見られなくなった
・地元住民を困惑、軍はパトロールの実施、専門家らを派遣

これ、どうやら去年から続いていたようです。
●The bizarre 'pinging' sound that can be heard from the sea in Northern
 Canada - but no one knows where it's coming from (4 November 2016)
 http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3904874/
 (下記写真も本記事より)
 キャプチャ.JPG
ディリーメールの記事によれば、音の可能性は2つとのこと。
1) 鉱山会社が実施した海中超音波調査
2) 環境保護団体「グリーンピース」が、狩猟地域を水中生物に知らせるためソナーを設置
しかし、どちらの団体も「うちじゃない」とコメントしているそうです。
うーん、なにが原因なんやろ?あるいは自然現象なのか?

-----
そういえば、アメリカ海洋大気庁(NOAA)は1997年に、謎の海中音を記録したそうな。
お聞きください。。。

これは「Bloop」と呼ばれていて、クジラや船の音ではないそうです。
その正体はナゾでしたが、どうやら氷震(Icequake、氷河などが急に亀裂を生じる、地震の
ような現象)によって出た音と近年は考えられています。
●Icequakes (Bloop)
 http://www.pmel.noaa.gov/acoustics/sounds/bloop.html
冒頭の北極海の海底の音はBloopのような低音ではなさそうなので、
また別の原因でしょうか。あるいは異なるタイプの氷震による音かもしれません。
カナダ軍の調査で原因がわかると、地元の人が安心できてよいのですが。
※東日本大震災でも、ある地域で地下から異音がしましたが、研究者の調査によって
 原因が解明されました。→ http://www.segj.org/letter/news_no11.pdf

----
なお、NOAAではBloop以外にも、謎の水中音をいろいろと検出しているようです。
例えばこちら。。。

これはUpsweepという音だそうですが、発生源は謎のままです。

また同じくNOAA(とオレゴン州立大学など)は、昨年次のような報告をしています。
どんな音なのか、こちらもちょっと聞いてみたいですね。
●深海は「騒音に満ちた世界」 水深11km、マリアナ海溝の調査で判明
 http://japan.techinsight.jp/2016/03/yokote2016030511170.html
 (以下、引用)
・ハイドロフォン(水中聴音装置)を地球の海の最深部付近に設置
・地震、ヒゲクジラのうめき声、大型ハリケーン、コンテナ船のスクリュー
・マグニチュード5.0レベルの地震が起こった際には、想像を絶するような異常音

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 3

コメント 2

Working dad oversee

「Red October を追え!」を思い出しました。
「沈黙の艦隊」も、かな?

そうそう、豊洲の地下水、小池さんが選挙で勝つまで、ずっとねつ造だったそうだよ。小池さん当選後は、指示を出す人がパニックったのか、ちょっとだけ、ほんとのデータを出して、今回はまるっきりほんとのデータみたい。

赤峰さん情報だよ。
http://blog.goo.ne.jp/akamine_2015/e/9b5de20d69117d1d38dfe1fa52fe633a
by Working dad oversee (2017-01-31 16:15) 

MANTA

Working dad overseeさん、コメントありがとうございます。
いまの若い学生達は、「Red October を追え!」も「沈黙の艦隊」も知らない
かも?ですね。

>小池さん当選後は、指示を出す人がパニックったのか、ちょっとだけ、
>ほんとのデータを出して、今回はまるっきりほんとのデータみたい
なるほど、上記の赤峰さんの情報ソースは不明なので、話半分に聞いて
おきますが、それでも小池都知事就任後に8回目・9回目が発表されている
のは興味深いですね。

あと、それっぽい考察を発見しました。
●豊洲市場の地下水質の空間統計とリスク分析
 http://ameblo.jp/kazue-fgeewara/entry-12240149705.html
(以下引用)"対策で完全に除去できなかった潜在的な部分が地下水管理システムの揚水による移流で流動して顕在化したと考えるのが合理的であると考えます"
私もそう思います。

by MANTA (2017-01-31 18:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る