So-net無料ブログ作成
検索選択

メモ(1):昨日の長野県南部の地震 [ 電磁気で地震予知]

昨日の朝、長野県南部で地震がありました。
●長野県南部でM5.6、長野県木曽町・王滝村で最大震度5強の地震
 負傷者や家屋被害も(6/25) →こちら
大きな被害は出なかったようです。地震、怖いですなぁ。
気付いたこととか、簡単にですがメモしておこうと思います。
※下記は私のつぶやきから。

1)地震速報、早かったのはYahoo!防災速報(スマホ)
朝7:02頃、京都も揺れました。床に座ってパソコンを触っていたので
ユサーユサーという長めの揺れを感じましたが、P波を感じなかったので
どこで起きたかは体感できず。近畿の地下深くかな?などと思ってたり。
テレビは消していたので、震源どこかなー?と思っていたら、7:03頃
(地震発生から1分後くらい)には、スマホのアプリ「Yahoo!防災速報」が
長野県南部で震度5強と教えてくれました。
キャプチャ.JPG
 ※Yahoo!防災速報の画面(キャプチャ)

元ネタは気象庁ですね。
ちなみに、NHK ニュース・防災アプリも速かったみたいです。
https://www3.nhk.or.jp/news/news_bousai_app/index.html
テレビの地震速報とほぼ同時に情報が来たらしい(家内談)。
私もついさっき、スマホに入れましたよ。

----
2)気象庁は住民に忖度?
残念ながら気象庁のWebサイトでは、どこで地震が起きたのか震央位置を詳しく見る
ことができません。地図をズームしても、地名も地形も、道路も表示されない。
NHKニュースでも「震央は長野県南部」というだけで詳しい位置はなかなか表示
されません。そんなときに便利なのが、Twitterの地震マップ(eq_map)(下記)。
これも元ネタは気象庁など公的機関。Webサイトの公開情報を自動配信している
みたいで、地震が起きた直後にGoogle Map上で震央位置を確認できます。
超便利~  愛用している研究者は意外と多いのでは?

※上記は速報値です。震源の深さや位置は後に修正されています。
※最後の「ゆれたかも」も便利です。地面の揺れる様子をいち早く表示
 してくれます。元ネタは防災科学技術研究所のサイトです。

ところで、大元の気象庁さんはなぜ、詳細地図の上に震央を表示しないのか?
(Google Mapを使えなくても、国土地理院電子地図があるやんか?)
一説には、震源情報が詳しく表示されると、地域住民に迷惑がかかる(地価が
下がるなど)ので、ざっくりとしか表示しない、とも言われていますがその真偽は?
気象庁さん、そりゃ逆効果ですよ。住民に忖度(そんたく)するんだったら、
防災情報を曖昧に出すのではなく、命にかかわる情報を詳しく報じてほしい。
、、、と思いません?

震度.JPG
 気象庁Webサイトより。
 http://www.jma.go.jp/jp/quake/3/20170625070644395-250702.html

こんな感じの「白地図」に震央や震度が表示されますが、自分の町がどこに
あるか、わかります? わたしゃ、分かりません。
長くなったので、続きます~
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る