So-net無料ブログ作成

印象ではなく、中身で考える [▼科学ニュース New!]

(2017/10/22 19:30に校了、So-net Blogの障害のため20:30頃に公開)
知人にこう言われたことがある。
「研究者がブログで政治の話するのは止めたほうが良いよ」
たしかにそうかもしれない。ここは科学の話をする場所である。

election.jpg
John Tsang CE Election Campaign by Studio Incendo
(protected by CC License)

一方で、科学と政治には共通する本質も見受けられる。
例えば「印象ではなく、中身で判断する」ことは重要だ。
科学の例で言えば、以下の様なことである。
・東日本大震災は実は人工地震が引き起こした災害だ(陰謀論)
・ある現象を観測したら、地震予知成功率は8割!(ニセ科学)
・九州の新燃岳が噴火から少しして東日本大震災が起きた。
 いまも新燃岳が噴火しているので、東北を再び大地震が襲う(デマ)
いずれもハッとするタイトルで目を引くが、科学的な中身は皆無である。

さて政治である。今回の衆院選の争点は「安倍政治の信任」だそうだ。
ネット上にもいろいろな情報がみられるが、先のニセ科学の例と同じように、
ハッとするタイトルや字面で判断せず、情報の本質を見抜く力が必要だろう。
例えば練習問題。こんな記事をみた。
●本当に、「こんな首相」を信任して良いのか --- 郷原 信郎
 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171020-00010005-agora-pol

なるほど、安倍首相の信任であれば、読んでおくべきだろう。
論旨としては以下のようであった(上記サイトから抜粋・まとめ)。
------------------------------------------------------------
「安倍首相発言の“恐るべき意図”」
・森友問題は通常は「行政指導」の対象
・刑事事件で取り上げるような問題ではない。
・検察の国策捜査ではないか?
・首相に敵対する側に回った人間(例:籠池氏)を、刑事事件で
 逮捕・起訴することで「犯罪者」として「口封じ」をすることが可能となる。
------------------------------------------------------------
元となる記事は下記だそうで、朝日・毎日・共同通信・週刊朝日等でも
取り上げられたらしい。著者によれば、個人ブログの閲覧数はもうすぐ1万超え、
BLOGOSでもトップ記事に掲載だそうだ。私自身は、ある大学教授のリツィートで
この記事を知った。
●「籠池氏は詐欺を働く人間。昭恵も騙された。」は、“首相失格の暴言”
 https://nobuogohara.com/2017/10/12/
●著者ツィッター
 https://twitter.com/nobuogohara/status/920955955025649664

森友・加計問題では、安倍首相が国家の私物化しているのではないか?
疑惑を隠している!とマスコミで多数報じられており、選挙の争点になるのも
当然である。しかしよくよく考えると上記は珍妙な記事である。
森友問題が刑事告発に値しない事件ならば、総理を攻めるに値しない事件でもある
とは言えまいか? この著者の記事にはどうにも論理の飛躍があり、針小棒大、
むしろ安倍首相の印象操作に終止しているように思われる。またマスコミ各紙も
上記記事の一部のみを都合よく引用し、印象操作に腐心していないか?

----
ありとあらゆる印象操作がなされ、本物情報と偽情報が入り交じる昨今。
見た目の印象だけで判断せずに、中身を見抜く力が求められている。
今回の選挙の場合はどうだろう? 中身とは政策である。
私は科学者なので、例えば下記などを参考にした。
●<衆院選>日本の科学力「衰えてる」 科技政策に7政党は…
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00000055-mai-pol
●2017年総選挙 各党の科学・技術政策は?
 https://news.yahoo.co.jp/byline/enokieisuke/20171011-00076782/
●見えてきた各党の違い~科学・技術政策アンケート回答公表
 https://news.yahoo.co.jp/byline/enokieisuke/20171018-00077054/
 table.JPG
 (上記記事より)
著者の榎木氏は、選挙の度に各党の科学政策をまとめておられる。
例えば立憲民主党の政策には、エネルギー政策に関する記載以外に科学技術に関する
プランは見られなかったそうだ。また榎木氏は各政党にアンケートも実施したが、
希望の党からは回答がなかったらしい。

なお念のために述べておくと、私は自民党員ではないし、安倍首相はさほど
好きではない。そして政策をベースに、小選挙区・比例の投票先を決めた。
あなたは見た目で物事を判断しましたか?
それとも何かを自分で調べて考える方でしたか?
選挙では考える力が、国民の個々人に試されているのである。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

メッセージを送る