So-net無料ブログ作成

印象ではなく、やってきた実績も大事 [▼科学ニュース New!]

日曜の記事の続き。今回の衆院選では、事前の予想通り、自民・公明が過半数を
大幅に上回る議席を獲得した。野党間での表の奪い合いが目立つ選挙だった。
●与党3分の2超=立憲が野党第1党―公明、公示前届かず【17衆院選】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000031-jij-pol

政局はこれで終わらない、むしろこれからである。事実上解体したとはいえ、
参議院議員を多数抱える民進党、今後どうするの?多額の政党交付金は国に返すべき
だが、その行方は? 元民主党で無所属で出馬・当選した人達はどこへ行くのか?
大失速した希望の党は、与党の一角となるのか? 野党とどう協力するのか?
これからもドラマは続きそうであるが、誠実とは程遠い場面ばかりが予感される。

composition-parlement-suisse-2011-800px.jpg
       椅子取りゲーム、最終的な勝利者は?

今回の出口調査での結果を見ると、多くの人が投票時に参考とした事項といえば…
消費税・憲法改正・北朝鮮問題などであり、原子力発電はわずか5%程度、
森友問題をあげた人は(大阪・京都などの地域でも)10%を下回った。
(NHK開票速報より)
例:衆院選 出口調査を徹底分析(北海道 NEWS WEB)
 http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20171022/5027452.html

マスコミはいまだに「選挙では森友・加計問題が語られる場面は少なかった」
と繰り返しているが、有権者にとっては別の課題のほうが重要だったようだ。
特に、消費税や経済政策は もっともっと議論されて良かった。前回の記事では
各党の科学政策の違いを紹介したが、これらを実行するには国の財政プランが重要だ。
だが、そこは各党とも逃げ腰であった。誰も嫌な仕事はしたくないわけだが、選挙が
人気投票になってしまっては、最後に大きな負担を背負うのは結局 国民である。
●深まらぬ財政再建論議=歳出改革、本丸に切り込まず―各党【17衆院選】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171020-00000071-jij-pol
憲法改正についてもそうである。選挙が終わってから振り返ってみれば、結局は
「安倍首相の信任」という野党のスローガンが逆に政策論争を遠ざけた様に思われる。
安易なスローガンほど役に立たないものはない。
http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2014-01-31
http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01
http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2014-02-03

----
その野党のうち、今回の衆院選では2つの新党が注目を集めた。一つは希望の党
であるが、これを率いる小池氏についてはこのブログで既出である。
●小池都知事は危機管理能力に乏しい
 http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2017-01-27
●小池劇場への代償
 http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2017-07-02

また立憲民主党が人気だったようであるが、政党の力を推し量るにあたっては、
政策とともに実績も大事である。例えば下記の記事などが参考となるだろう。
●菅直人内閣が史上最高と思う人は立憲民主党へ --- 八幡 和郎
 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171020-00010008-agora-pol
●立民躍進で菅元首相に「副議長」説急浮上 屋山太郎氏激怒「とんでもないことだ」
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171020-00000003-ykf-soci
●民主党の負の部分をそのまま継承する立憲民主党
 https://news.yahoo.co.jp/byline/joshigeyuki/20171020-00077153/
今回、立憲民主党は大幅に議席を伸ばしたそうだが、誰が当選したのだろう?
前回の衆院選で落選した「民主党リベラル派」が復活したのだろうか?
前回なぜ落ちて、今回なぜ当選したのか? 個別の事例は興味深いかもしれない。

----
科学でも将来計画の実現可能性と実績は大事である。
10月はカケンヒ(科学研究費補助金)の申請書作成の時期であるが、
この2つのバランスが取れていない申請書は採択には至らない。
私もまだ書類作成の途上である。ムムム。がんばろう。

----
さて皆さんは投票には行かれただろうか? え、白票を投じたって?
もったいない、下記に既出の記事を紹介しておこう。
●白票・無投票の人達へ
 http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2014-12-16

ただ、投票日直前にこんな記事を見た。
●「国政は東京のことばかり」 “投票率最低”のマグロの町の本音とは
 https://news.yahoo.co.jp/feature/788
この記事にある、選挙管理委員会の委員長の一言が印象的である(以下引用)。

(選挙には行ったほうがいいと思いますか?という問に対して)
"そう思いますけども…答えられないです。行かない人たちに、
 なぜ行かなければならないか、明るい説明ができるかと言えば、できません"

たしかに個々人の一票で、なにかが変わるわけではない。
しかし「一票」がなければこうして政治のことを考えてみる事もないだろう。
この点でも政治と科学の似ているといえるだろう。
科学のことを考えるキッカケは、はてさてなんだろうか?
などとも思った選挙期間であった。


ポスト3・11の科学と政治

ポスト3・11の科学と政治

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ナカニシヤ出版
  • 発売日: 2013/01/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



科学と政治思想 (政治思想研究)

科学と政治思想 (政治思想研究)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 風行社
  • 発売日: 2014/05/01
  • メディア: 単行本



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

メッセージを送る