So-net無料ブログ作成

怪しい地震予知はなぜ野放しなのか? [ 電磁気で地震予知]

こんな記事が載っていました。
●06 2018年の「日本の災害」は? 「地震のプロ」&「天気のプロ」対決
 http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/NBD/15/special/120400852/

sagi.JPG
   ※画像と下記"":上記サイトから引用
”測量の専門家で東大名誉教授の村井氏は、同業者から嫌われていると自称する
孤高の地震予測学者。地震の前兆である“宏観現象”を得意の測量技術で補足し、
メルマガ「MEGA地震予測」で配信している。「全ての地震は予測できる」と
断言する村井氏が2018年に警鐘を鳴らす”

この方、全ての地震どころか、1回も科学的な地震予知に成功していません。
そのカラクリは簡単で、最初は「予知が当たらなかった」と言っていたのに、
なぜか、その後に「当たった」ことになるのです。詳細は下記を参照ください。
・科学からは程遠い「地震予知」(地震科学探査機構)
 http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2016-05-09
・続:科学からは程遠い「地震予知」(地震科学探査機構)
 http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2016-05-23-1

熊本地震の場合の予知情報を地図にするとこんな感じだそうです。
(Yokohama_Geoさんのツィートをリツィート:画像も同)
※画像がリンク切れの場合は→こちら
日経ビジネスともあろうメディアが、怪しい地震予知ビジネスに手を貸すなんて!
とおもったら、過去にも載ってたそうです、、、(Yokohama_Geoさんより)。
この地震予測ビジネスの年商、拙ブログ記事でも書きましたが、年間数百万円を
かるく超えるようです。これって、、、S・A・G・I ??

世の中からももちろん「あれ?」って声が聞こえてきています。
(zxd01342さんのツィートをリツィート)。
ところがですねぇ、zxd01342さんにもツィッターでお返事いたしましたが、
勘違いしている方が、日本には大勢おられるようです。事実はこうです。

「日本地震学会は、地震予知を目的とした学会ではありません」

たとえば、同学会のホームページをみてみましょう(""は引用)。
●定款(日本地震学会)
 http://www.zisin.jp/org/organization_publicationss.html
 "公益社団法人日本地震学会は、地震学に関する学理及びその応用についての研究
 発表、知識の交換、及び内外の関連学会との連携を行うことにより、地震学の進歩
 ・普及を図り、もってわが国の学術の発展に寄与することを目的としています”
●目的と事業(日本地震学会)
 http://www.zisin.jp/org/about_mokuteki.html
 "この法人は、地震学に関する学理及びその応用についての研究発表、知識の交換、
 及び内外の関連学会との連携を行うことにより、地震学の進歩・普及を図り、
 もってわが国の学術の発展に寄与することを目的とする"
他の項目を見ていただいても、「予知」という単語は見当たりません。
地震学の中には地震予知も含まれてはいますし、地震予知検討委員会も学会内に
設けられています。そして地震学会会長は(多くの場合)、国の地震予知関係の
委員会(地震予知連絡会)の長になることが多いです。しかし、世間一般の人が
考えるほど地震学会=地震予知を推し進める会ではないのです。

いや地震学会はむしろ、怪しい地震予知に対して肝要です。多くの学会員が発表を
行う学術講演会(秋季大会)でも、王道とは全く異なる独自の地震予知法が多数
発表されています。発表が学会から許可されているのです。
となると、ある研究者が「孤高の地震学者」となる理由は明白です。
このような門戸の広い学会にも関わらず自身の研究成果を発表できないか、
発表したのだけれども他の地震学会員と科学的な議論ができなかったか。
そのどちらかでしょう。議論が相容れないからと言って、孤高となる必要など
ありません。むしろ粘り強い議論の継続が新たな学問創成には必要でしょう。

こちらはその孤高の方のツィッター(リツィート)。
一番危ないのはデマ・サギのたぐいかと思われます。
そして反論を「心配しない」よりも、予測した地震が起きることを心配してほしい。
あるいはこれも「心配していません」なのかしら?
ついでに言わせて頂ければ「宏観現象を用いた地震予知」とは、一般に科学的な
メカニズムの議論や科学的な測定はさておき、地震の前に起きる様々な現象の有無
だけに注目して、とにもかくにも地震予知に結びつけようとする予知法です。
科学者は(そこから新たな科学の芽がでることを期待しつつも)宏観現象のみに
傾倒した地震予知は科学ですらないと考えていて、実際に予知もあたりません。
拙ブログなどをご参考下さい。
●電磁気で地震予知 ~宏観異常では地震予知はできない(14)
 http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2009-09-08

----
さて、このような怪しげな地震予知を野放しにしてよいのか?
地震学会に頼れないのなら、どこに頼ればよいのか?
とりあえず地震予知連絡会に通報してみるのはよいかもしれませんが、
ダメでしょうね。地震予知が科学的に確立されたものでなければ、
「非科学だ」といって排除することは難しいでしょう。
・・・うーん、消費者庁に通報、かなぁ?

こんなことでは日本の地震防災はダメになると思い、いま、地震の本を執筆中です。
まずはマイルドな方から。その後、よりスパイシーな本。2冊が出るのはまだまだ
先の話ですが、お楽しみに。(^^)

nice!(4)  コメント(2) 

nice! 4

コメント 2

MANTA

追記1:
多くの「怪しい地震予知学者」は最初は自身の独自法に傾倒します。
しかし、なかなか予知がうまくいかないので、、、
i) 観測地点数を増やす
ii) 予知方法を改良し複雑化させていく
iii) 独自法以外の諸現象にも手を出し、当たった・当たらない論を加速
という傾向がみられます(私調べ)。
この方も元々は地面の地殻変動に注目されていたはずなのに、冒頭の
日経ビジネスでは「長波長の電波」とか「超低周波の音」とか
おっしゃってますねぇ、、、

追記2:
意外なことに、地震学会の定款や目的・事業には「防災」の文字も
ほぼみられない(1箇所のみ)。それで「公益」社団法人といえるのか?
by MANTA (2017-12-27 17:15) 

MANTA

こちらに関連するコメントを頂戴しました。
→ http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2017-12-24
by MANTA (2017-12-30 15:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

メッセージを送る