So-net無料ブログ作成

東北地方太平洋沖地震を予知できたか? [ 電磁気で地震予知]

連載「電磁気で地震予知」の続き、今回はこの巨大地震発生の予知について考える。

※ネット検索をしてみると、どこのブログが予知に成功しただとか、霊能者やアイドルが
 予知に成功しただのあるけれど、それらについてはこちらを見てほしい。
 ・富山で地震は起きません:http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2007-09-12
 ・続・最新科学で地震予知は可能か?:http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2009-04-09
 ・未科学的地震予知:http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2009-05-07
 ・宏観異常では地震予知はできない:http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2009-09-08
ここでは至極、まじめに科学的に考える。

地震予知の科学

地震予知の科学

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東京大学出版会
  • 発売日: 2007/05
  • メディア: 単行本


巷ではこんな疑問があるようだ。”今回の地震は実は予知できていたのでは?”
前回、この地震に関わる科学的な謎について述べたので、私の答えは明白である。
    「予知はできなかった」
科学者にとって、今回の地震そのものが従来の仮説に大きな謎を問いかけてきて
いる。予知なんてできるはずがない。M9.0という超巨大地震に対してあまりにも
無力で、日本の地震予知科学は大きな敗北を喫したと言える。連戦連敗でもある。

こんな声もある。
「今回の超巨大地震には、前触れの地震があったんじゃあないの?」

続きを読む


nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(2) 
共通テーマ:学問

今回の地震の科学的な謎 [ 電磁気で地震予知]

連載「電磁気で地震予知」の続き、今回はこの巨大地震発生の謎を考える。
今回の地震は「アスペリティー」と呼ばれる、プレート境界で固着していると
思われる部分が複数同時に割れたことにより、大きな揺れと津波が広域を襲った。
謎とは「なぜアスペリティーは連動して破壊したか?」である。

例えばアスペリティー連動型の巨大地震が想定されている西南日本の場合、
沖合のプレート境界の様子を漫画で描くとこんな感じである。

nankai.jpg
立体的に描いたのでちょっと分かりづらいが、茶色いのが海洋プレート(フィリピン海プレート)。
半透明の灰色の「西南日本」で、沈み込むプレート境界上の様子を青や赤で模式的に示して
みた。西南日本の沖合では、微小な地震活動は平常時はほとんど見られない(※1)。この
ことから、普段はほぼすべっておらず、巨大地震発生の時に一気にずるっとすべるプレート
境界=アスペリティーが複数個、隣り合っていると思われている。1つのアスペリティーが
すべると(アスペリティー間の隙間がないため)すぐ隣のアスペリティーも一緒にすべって
しまう可能性が高い。このため西南日本では、アスペリティー連動型の巨大地震へ注意が
向けられてきた。一方、アスペリティーの上端や下端では大きな地震は起きず、むしろゆっくり
すべる地域があることも知られている(※2)。

一方、東北地方太平洋沖合のプレート境界の様子を漫画で書くと、こんな感じだろう。

続きを読む


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:学問

想定外の巨大地震だったのか? [ 電磁気で地震予知]

私は地震学者ではないけれど、活断層の調査などを行ったこともあるので専門家の
端くれだ。そんな私に古い友人からメールを貰った。そこにはある問いかけがあった。
「なぜ想定外の大地震が起こったのか」「大地震を予測するのは困難だったのか」
他の多くの方も、専門家へ同様の疑問をお持ちかもしれない。
このブログに友人の返事を綴ってみたいと思う。
結論だけ最初に書くと、今回の地震は想定内だったが、想像外だったと私は思う。

---
今回の地震にはさすがに驚いた。驚かなかった専門家はいないだろう。
まず、東北地方太平洋沖地震のおさらいをしよう。地震発生(3/11 14:46頃)から
約1.5日分の余震分布を下記に記す。
japanquakemap_com.jpg
http://www.japanquakemap.com/というサイトより。
 どれくらいの大きさの地震がいつ起きているか、アニメーションで見られる。

余震分布を断面図にすると、右から太平洋プレートが押し寄せて、左側の日本列島の下に
潜り込む様子がよくわかる。その境目の逆断層=プレート境界で今回の巨大地震が発生した。
depth.jpg
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eqarchives/poster/2011/20110311.php

ではこのプレート境界は本震発生時にはどのように壊れて滑ったのだろうか?
実は一気に、一様に、滑ったわけではなさそうだ。下のアニメーションを見てほしい。

続きを読む


nice!(14)  コメント(9)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

国の対応が遅い [ 科学ニュース Old..]

東北関東大震災発生から1週間たった。死者・行方不明者は2万人を超えているが、
これはどうも警察に届出があった人数であり、各市町村などの調査では、
3万人、4万人へ達するのではないかとも感じられる。

地震・津波の被害もさることながら、ここまでのガソリンなどの燃料不足や電力不足に
見舞われるとは、私自身も思わなかった。実は昔、当ブログにこんなことを書いていた。
●無用の警報装置
 http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2007-09-03
 「都市はかつてないほどの超過密状態であり、さらに超効率化が進んでいる。
  余裕がないため、ちょっとした揺れで多大な影響を受けうる。」
しかしこれは室内で負傷する人が多いですよ、という話であって、こんなに全国的な
インフラへのダメージが起きるとは思っていなかった。日本全体が超過密でギリギリ
だったのね、と今あらためて思う。

もう一つ、深刻な問題が原発だが、フェーズは次へと移っていっている気がする。
次の記事を見てほしい。この二次災害は甚大なものになりそうだ。

続きを読む


nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

原発に怯える人々へ [ 科学コミュニケーション]

わたしのような素人が軽々しくは語れませんが、原発から100km以上離れている方々は
おそらく心配することはないと思います。下記の動画を見てみてください。

うんち・おならで例える原発解説~「おなかがいたくなった原発くん」



続きを読む


nice!(9)  コメント(13)  トラックバック(2) 
共通テーマ:学問

つらら [ 研究実況 Old..]

110317-095310.jpg
今朝の大学の窓の外。夜に雪が降ったが、つららも出来とった。
ひぇー、さむい。
被災地はもっともっと寒かろう。

日本はこんなことでは、負けない。
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

東北地方地震…京都に帰りつきました [ 電磁気で地震予知]

昨日、観測史上最大、いや日本の歴史上最大ではないかと思われる(※)
M(マグニチュード)8.8の「東北地方太平洋沖地震」が発生しました。
(※参照 → http://ja.wikipedia.org/wiki/地震の年表)



私はちょうど東京にいて、地下鉄の中で揺れを感じました。
以下は備忘録です。箇条書きにします。
・まず地下鉄車内に聞きなれない機械音(女性の声)で「急停車します、ご注意ください」と
 アナウンスが2回あり、ついで車掌さんの声で同内容が繰り返されたあと、すーっと停車。
・そして揺れが来ました。どうやら緊急地震速報で地下鉄が自動停車したようでした。
・地下鉄車内は長く、ゆっくり大きく揺れました。車内で「怖い」とつぶやく声も聞こえました。
・幸い、車内はガラ空きだったので、乗客は皆、座ったまま揺れがおさまるのを待ちました。
・20分くらいそのまま停車していましたが、停電もなく、車掌のアナウンスも落ちついてました。
・「地下鉄車内が一番安全ですので外に出ないでください」とのアナウンスも。

続きを読む


nice!(8)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

帰れなくなりました [ 電磁気で地震予知]

110311-192753.jpg
会議は終わりましたが、京都にどうも帰れなそうです。
とりあえず、会議のメンバーで食事することになりました。
コンビニに買い出しに行かれたグループ曰く、
商品が無くなりつつあったそうです。

あ、これって被災者だな。
ただ写真をみると単なる酒盛りに見えますが。
nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

地震だ [ 電磁気で地震予知]

110311-152830.jpg
地下鉄に乗ってて地震にあった。とくに被害はなし。
しばらく停車していたが、隣の駅で降ろされた。
上野駅だった。地下にしばらくいたが余震。駅から外に出された。
地下のほうが安全ではないか?
と思いつつ地上へ。

上野駅は凄い人だ。みんな建物の中は怖いので外で立っている。
とりあえず遅刻しているが、仕事へ向かいます。

ただ宮城が気がかりだ。津波、くるぞ。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

サザエさんを地デジで見ると [ 研究実況 Old..]

おっと、もう週末、金曜日。大学は春休みというのに、なんでしょう、この忙しさは(笑)
それはさておき、週末のおしまいを飾る国民的TVアニメと言えば、そう。

サザエさん (1)

サザエさん (1)

  • 作者: 長谷川 町子
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 1994/09
  • メディア: 文庫


サザエさんですね。今週の日曜日に、ものすごく久しぶりに(おそらく数年ぶりに)
サザエさんを見ましたが、なんかオカシイ。よくみると、髪の毛の黒塗り部分などに
ホコリのような点が出たり消えたりしている。家内が気づいたのでした。
あれ? こんなんだっけ? 新しく買った地デジTVの不調かな?とも思いましたが、
どうやら答えは下記のようらしい。

●地デジでサザエさんを見たら、キャラの黒髪に白い斑点が虫みたいにザワザワしてる...
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1231376682

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

なぜ決定に時間がかかるのか [ 科学ニュース Old..]

101107-152226.jpg
この記事は面白かった。
●決断の流砂:簡単なことがなぜ決められないのか
 http://wiredvision.jp/news/201103/2011030421.html

ある物事を重要と思う気持ちと、困難だと思う度合いには関連性があるらしい。

たしかに「簡単だ」「できる」と自分で思うことは結局はできてしまう。
逆に「難しいなぁ」「たいへんだなぁ」と思うことは一向に進まない。
あるいは、友人が「簡単だよ」などという事は屡々難しいことがある。

写真は鴨川で出会ったネコ。
ネコを撮るのも難しい。。。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

宝探し航海(13) エピローグ [ 宝探し航海]

乗船レポート、エピローグです。
たった1週間ほどの調査乗船でしたが、久々の海は楽しく、また厳しいものでした。

で、研究室に久々に戻ってみると…
110203-100032.jpg

続きを読む


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

宝探し航海(12) 船いっぱい [ 宝探し航海]

さて乗船レポート、最後の1回です。
調査を終えて東京湾へ。でも調査船「かいれい」はすぐに次の調査に出港せんとあかん。
なので今回は洋上で船から「下ろされました」。
P2020025.JPG
ほら。

P2020026.JPG
さようなら~

今回は「通船」と言って、洋上で船員さんなどの乗り降りをサポートする「水上タクシー」
で下船しました。あー、あっと言う間に調査船が遠ざかっていく。お世話になりました~

続きを読む


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
メッセージを送る