So-net無料ブログ作成
検索選択

単純なスローガンの先にある空虚(1) [ 科学ニュース Old..]

久々に政治関係。
ここ最近の政治とか選挙とかを見ていると単純なスローガンに頼る傾向が多々見られる。
例えば、話題の都知事選。(以下は、私自身の最近のつぶやきから)

続きを読む


ついにキタ!しんかい12000! [ 科学ニュース Old..]

年末にこんなニュースが流れていました。
●深海底に滞在可能、2本の腕を持つ有人潜水船
 www.yomiuri.co.jp/science/news/20131229-OYT1T00885.htm
 ※すでにリンク切れ
 (以下引用)
 ”地球で最も深い海底まで潜れる次世代有人潜水船として、海洋研究開発機構などが
  2023年ごろの就航を目指す「しんかい12000」の概要が明らかになった。(中略)
  しんかい12000は、文部科学省が今年5月、開発の優先度が高い国家基幹技術に
  位置づけた”
20131229-851368-1-L.jpg
 ※上記記事より:現行の「しんかい6500」より一回り大きい。
   4人乗りで、海底に2~3日間滞在できるらしい。

有人潜水船「しんかい6500」の後継機については本ブログでも度々取り上げてきました。
● めざせ「しんかい11000」
 http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2013-01-23
● しんかいを組み立てる
 http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2013-03-17
 ※こちらの動画「有人潜水調査船 しんかいの系譜」の後半。
  しんかいシリーズに携わってこられた方々の、次世代機への熱い思いををご覧あれ。

----
さて、このプロジェクト、ほんとにやるのでしょうか?

続きを読む


剽窃レポートを防ぐ画期的な(?)方法 [ 科学コミュニケーション]

かつて、ある掲示板的Webサイトで、こんな書き込みを見ました。
どうやら大学の先生が書き込んだようです。
「ウェブをコピペして、レポート提出する学生が多くて困っています。コピペかどうか調査
 したいので、便利なツールを探しています。なにかオススメの方法はありませんか?」


report.jpg
 アンコウのあんこちゃん「レポートを書くには、これくらいの資料は読みなさい!」
 メンダコのナナちゃん「そりゃ、極端ね…」

本や資料やホームページを丸写し(コピペ)して、あたかも自分のオリジナル文章のようにして
レポートや論文を描き上げることを「剽窃」といいます。これはやってはいけない行為です。
例えば、当大学の場合はレポートの剽窃が判明すれば、最悪、その年の全成績が無効
になるなど、厳しい措置が取られます。
例: 全学共通科目の授業及び試験・成績(京都大学 国際高等教育院)
 http://www.z.k.kyoto-u.ac.jp/zenkyo_lesson.html

「・・・って、どうせばれないっしょ?」って感じの学生も必ずいます。
冒頭の先生の「なんか便利なツール」という気持ちはよく分かる。
そして実際、剽窃をあばく無料のウェブサービスはあるのです。
●大学教授は大喜び、学生は戦々恐々のコピペ判定サイト「剽窃チェッカー」
 http://gigazine.net/news/20131118-hyousetsu-checker/
でもねぇ…言い換えれば、このサイトで見つかった剽窃は罰されるけど、見つからないと
罰されずセーフ、でいいのかな? あるいは内容を理解せずに、書籍から丸写ししただけ
のレポートはむしろ高得点ゲット??(書籍の中身はネット上にないことが多い)。

大学は社会へ巣立つ若者を育てないといけないのです。冒頭の大学の先生に言いたい。
小手先のツールで若者を手なづけても、それは本当の問題解決にはなりません。
もっと抜本的な「剽窃レポートを減らす方法」を考えてみましょう。

続きを読む


SF映画と科学 [ 科学コミュニケーション]

前回、映画「デイ・アフター・トゥモロー」のような大寒波が、実際に米国を襲っている
様子を紹介しました。SF(サイエンス・フィクション)は人間が創りだしたお話ですが、
時として現実を予言することがありますね。
ice.jpg
 映画ではなく本物の写真です。
 (Via Hank Cain, via Shawn Reynolds/Twitter.)
 http://www.rsvlts.com/2014/01/08/is-today-the-day-after-tomorrow/

一方、現実にある科学技術が劇中で発揮されていない場合もあります。
例えばこの映画「デイ・アフター・トゥモロー」でも、あるアイテムがないために、
劇中で主人公たちはピンチに陥っています。それは映画の中盤のこんなシーン。

…主人公(氷河なども専門の気象学者)は凍りつくニューヨークに取り残されてしまった
息子たちを救出に向かいます。南極探検さながらに徒歩で突き進む主人公たち。
しかしその足元には雪と氷に埋もれてしまった街があったのです!

5993910110_f6ee36efe8_n.jpg
 そう、こんな感じのショッピングセンターが埋もれていたのだ。  
 ※By Sean MacEntee (protected by CC License)
 http://www.flickr.com/photos/smemon/5993910110/
  

続きを読む


四条烏丸 マリブさん [ 京都で暮らす]

京都のビジネス街、四条烏丸には実はお洒落なお店が多い。
こちらの「マリブ」さんもそのひとつ。
20140118_203233.jpg
写真はカウンター席。そして手前はポテト・ウィンナー・明太サラダ。
(結構大盛りだ)

20140118_203246.jpg
そして居心地もよい。写真はテーブル席(というか座敷に近い)。

場所はこちら。

続きを読む


太陽のこども [ 研究実況 Old..]

20140116_143531.jpg
チョイとおでかけ。
写真は南茨木駅前に立つ「Sun Child」。
芸術家 やのべけんじ さんの作品。
大阪空港へ行く途中の乗換駅なので前から気になっていたけど
出張の途中でパチリ。

アップはこちら

続きを読む


リアル「デイ・アフタートゥモロー」 [ 研究実況 Old..]


1月初旬、米国は大寒波に襲われたようです。なんでも過去20年で最も強い
寒気団らしく、ミネソタ州ではマイナス38度だったそうな!
●米国に記録的な寒気-中西部は体感温度マイナス50度台
 http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MYZV216VDKI301.html



続きを読む


奈良歩き(2) [ 研究実況 Old..]

前回の続きです。「ねこ歩き」展を見終えてから、少し散歩してみました。
ここは近鉄の大和西大寺駅という駅。奈良・大阪・京都などを結ぶ分岐点なので
奈良県民にはお馴染みの駅です。私も高校は奈良にあったので、よく通過してました。
しかし駅名にもなっている「西大寺」には行ったことがない。かの有名な「東大寺」と
対をなす大きなお寺ならば、一度はいっておかねば!

P1030045.JPG
というわけで来たっす。西大寺。もう夕方で、日が落ちようとしています。

P1030030.JPG
石畳みを抜けると、古き寺院がお目見え。

続きを読む


奈良歩き(1) [ 研究実況 Old..]

今年のお正月は、奈良に行ってみました。プチ旅行ですわ。
お目当てはこちら。
P1030019.JPG
全国各地で開催されている「ねこ歩き」展(http://www.nekoaruki.jp/)。
写真家 岩合光昭さんの写真展です。この年末年始に、近鉄百貨店の
奈良店で行なわれてましたので、覗いて来ました。

続きを読む


明けましておめでとうございます。 [ 研究実況 Old..]

2014年、京都は曇りがちですが、お日様が見える元旦です。
明けましておめでとうございます。
本年もブログ「海の研究者」をどうそよろしくお願いいたします。

毎年恒例の我が家の年賀状。今年はこんなのでした。
1.JPG
一頭、巨大な馬が混じってますが、、、ネコです。我が家のじゃじゃ馬(猫)、さくらさん。

実は別バージョンもありました。こちら。

続きを読む


メッセージを送る