So-net無料ブログ作成
検索選択

美味しんぼ騒動とSTAP騒動の共通点(2) [ 科学コミュニケーション]

先日の続きです。
下の図を見て、「野球選手の身長と年俸には関係があるか?」を議論してました。
グラフからは「なさそう」と思うのですが、ある人は「ある!」と言い張ります。果ては
「身長と年俸に関係がないという証拠はあるか?」と言い出します。
fig2.JPG
 前回の図と同じですが、赤・青点の区別をやめました。

どのようなデータにも常に「ノイズ」がつきまといます。いまは身長以外に年俸を左右
する要素がノイズになっています。ですので「身長と年俸の関係は明瞭ではない」と
までは言えますが、「全くなんの関係もない」とまでは言い切れません(※1, 2)。
これは科学の限界だと言えます。「ないこと」を証明するためにはノイズゼロのデータが
必要ですが、実際はムリです。故に科学において「ないこと」の証明は不可能な場合
が多く、「悪魔の証明」(=実行するのが不可能な証明問題)とも呼ばれています。

…人間は思い込みが強い生き物です。多くの人たちは”希望するように物事が動く”
(動いてほしい)と強く思っていますが、願いが強すぎると科学も次のように歪みます。

1) 自身の思い込み(仮説)に沿うデータがあれば、「これは○○の証拠だ」と確信する。
2) 原因と結果のメカニズムを科学的に探らない。仮説を証明できる別の方法があっても
  やらない。仮説以外の要素でデータを説明しようとしない。
3) 反論する人には「これが○○と関係がないって証拠を持ってこい」と向き直る。

この3要素(※3)が揃うと、もう立派なニセ科学(疑似科学)です。しかし一般市民には
科学的な議論に見えてしまうようです。 さらに「科学vsニセ科学」が勝負した場合、
(後で詳しく述べますが)、結果はいつも「ニセ科学の勝利」に終わります。

なぜ疑似科学を信じるのか: 思い込みが生みだすニセの科学 (DOJIN選書)

なぜ疑似科学を信じるのか: 思い込みが生みだすニセの科学 (DOJIN選書)

  • 作者: 菊池 聡
  • 出版社/メーカー: 化学同人
  • 発売日: 2012/10/19
  • メディア: 単行本


さて、「美味しんぼ騒動」はどうだったのでしょう?あらためて特徴をみてみましょう。

続きを読む


都の西北〜 [ 研究実況 Old..]

20140528_113416.jpg
東京に来ています。
今日は学会、地下大好きな人達の集いです。
最新情報、たのしみ〜

美味しんぼ騒動とSTAP騒動の共通点(1) [ 科学コミュニケーション]

先日、マンガ「美味しんぼ」で、福島の大勢の人達が被曝により鼻血を出している
という表現があり、ニュースを賑わしました。
●「美味しんぼ 福島の真実編」抗議相次ぐ 「科学的にありえない」
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140513-00000112-san-soci
●「極端な意見」「住民の立場に」=「美味しんぼ」問題、識者にも両論
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140519-00000055-jij-soci
●美味しんぼ「鼻血、医学的根拠ある」 専門家ら反論会見
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140524-00000004-asahi-soci
●「福島の現実知って」元双葉町長、美味しんぼ問題で持論 大津
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140524-00000022-kyt-l25

美味しんぼ 110 (ビッグコミックス)

美味しんぼ 110 (ビッグコミックス)

  • 作者: 雁屋 哲
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2013/08/30
  • メディア: コミック


このマンガ、私は昔からちょいちょい読んでいましたが、こういうお騒がせは今に始まった
ことではありません(そういう作者なのです)。ただ、科学コミュニケーションを考える上で
よい題材でもありますので、ここで取り上げてみましょう。

----
最近、科学にまつわるニュースが世間を大きく騒がせることが多いように感じます。
「美味しんぼ騒動」然り、「STAP細胞騒動」然り。そこで今日は、この2つに共通した
「ある特徴」について注目してみます。

続きを読む


海からの大量のCO2放出は無い(2) [ 地球温暖化を学ぼう]

前回の続きだ。下記の図1をみると、海から大気へ放出される二酸化炭素(CO2)に
比べると、人間が出すCO2なんて微々たるものだ、CO2増加は自然現象であって人間の
せいではないのではないか?なんて思えてくる。はたしてそれは正しいか?というお話。

キャプチャ.JPG
図1. 炭素循環の模式図(1990年代) (気象庁HPより)

じゃあ、この図の原図を確かめてみようというわけで、なんとか大元となる図が
見つかった。というか、廻り回ってたどり着いたのはIPCC第3次報告書だった。
 http://www.grida.no/climate/ipcc_tar/wg1/pdf/TAR-03.pdf
 ※Figure 3.1。下記はその一部。

 fig1.JPG
 fig2.JPG
図2. a) CO2の自然循環、b) 人為的なCO2放出

続きを読む


科学バー、ウェブ&リアル。 [ 科学ニュース Old..]

Web版科学バーで「地底のふしぎ」を連載させて頂いていますが、
第4回の記事が公開と相成りました。

ウェブマガジン「科学バー」
kagakubar.JPG
→ http://kagakubar.com/

今回は「緊急地震速報」の話をさせて頂きました。
2011年3月11日のあの日、私は東京にいました。
冒頭ではその時の様子を書かせて頂いています。よろしければ御覧ください!

----
もちろん私以外にも個性的な、いや超個性的な面々が執筆をされています。
最新記事はこちら。

続きを読む


海からの大量のCO2放出は無い(1) [ 地球温暖化を学ぼう]

あらためて今、地球温暖化問題に注目が集まりつつある。
きっかけはもちろん、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が最近、
地球温暖化に関する報告書をアップデートしたからである。
●科学からのメッセージ:IPCC第5次報告書が伝えること(4)
 http://www.kankyo-business.jp/column/007493.php

異常気象と人類の選択 (角川SSC新書)

異常気象と人類の選択 (角川SSC新書)

  • 作者: 江守 正多
  • 出版社/メーカー: 角川マガジンズ
  • 発売日: 2013/09/10
  • メディア: 新書


あわせて、東日本大震災からの復興が少し進んできて(+景気も上向いてきたので)
「地球温暖化にどう対応しようか?」という機運や懸念が再び高まってきているのだろう。
ただし御存知の通り、地球は複雑である。地球温暖化の正体やその対策を、明々白々に
示すことはとても難しい。

一方、その「科学的な限界」につけ込むがごとく、
「地球温暖化などウソまやかしだ」と吹聴する類には、私は不快感しか抱けない。

続きを読む


東京で科学バー(5月30日)! [ 研究実況 Old..]

毎回 大好評の東京日本橋の「大人の科学バー」。
次回は5/30(金)の開催予定です。なんともう14回目!

キャプチャ.JPG
(※KIWI-Labさんのホームページより)
☆【大人の科学バー】☆ 
  海編vol.14
 「断層を透視! 何が見えた?知識ゼロから学ぶ“地底のふしぎ”」

【内容】
 ギモンが飛び交うライブ感が真骨頂の<海編>。
 『海の授業』(幻冬舎)と『地底の科学』(ベレ出版)を上梓した
 ゲスト後藤忠徳さんをお迎えしての海編・春!
 東日本大震災から3年、首都直下型地震とも深く関係する
 「断層」の正体に迫ります(後藤さんの得意分野!)。
 お酒を片手に、知識ゼロで楽しめる地底のふしぎ。
 料理は、個性的なレシピで知られるスヌ子が担当。
 大人のポテサラはじめ評判のバー定番メニュー3品と、
 〆の欧風カレーを召し上がれ。

 科学トーク+お酒とつまみ
 (たっぷりのお酒、お料理3品・特製カレーライス付き)
 5,000円(税込)

【日時】5月30日(金) 19:00~21:00
【定員】17名

>>> お申し込みは KIWI-Labさんのホームページより(こちらをクリック

----
今回は「見えない地下を掘らずに調査」を実感して頂くために、
秘密兵器「地下探検ゲーム」を持参します。
P5040126.JPG
この装置で芝生の下を探査します。

続きを読む


今日のよもやま [ 研究実況 Old..]

穏やかな5月。たまには なんということのない日常の一コマをご紹介。

【研究室にて】
 DSC_0045.JPG
 学生の靴下。何かに似てる。
   ↓↓↓
 これだそうな。

続きを読む


母の日 [ 研究実況 Old..]

20140518_154421.jpg
一週遅れですが、母の日を祝いました。
父、母、弟、家内とお昼に会食。
いろいろ話をしましたが、一番盛り上がったのは
「で、小保方さんって、正直どうなのよ?」でした。
ほんと、ちまたでは超有名な研究者ですわ→小保方さん。

しかし両親が元気そうでよかった。
先週のウイークデーには家内のご両親ともお会いしました。
お父さん、お母さんもお元気そうでした。
やっぱり健康が一番!

来月の父の日も、どっかに食べにいきましょー! → お父さん達


今日は神戸で科学バー [ 研究実況 Old..]

20140510_172134.jpg
久しぶりの更新です。連休からこっち、忙しい毎日です。

1) 横浜で開催された学会に参加。
地球惑星科学連合の大会です。
写真はそのときのポスターセッションの様子。
実はこれ、高校生たちの研究発表なのだ!
(ゆえに写真はわざとぼかした)
プロなみ、いやプロよりオモロイ研究が多数!
発表総数はいくつ?50件なんか軽く越える発表数たったぞ!
正直いって今回参加したセッションの中で、一番
よかったのはこれだったかも。

2) web科学バー、連載第三回目
二週間に一度のおたのしみ、「地底のふしぎ」が更新されました。
今回は「マグニチュードのふしぎ」。
前回の続きです。気象庁は東北地方太平洋沖地震のマグニチュードを、発表後に修正しています。
一体何があったのか?というお話。
読んでみてちょー。

3) そして今日の科学バー
初の神戸での開催です。
今日は「六甲のおいしい水」にまつわるお話。
地震の話もでてくるよー

そして来週13日は京都のmemeさんでも科学バー。
こちらではオカルトな話をするよ(?)
でもちゃんと科学の話だから安心してね!
詳細はこちら!
http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2014-04-26-1
メッセージを送る