So-net無料ブログ作成
検索選択

大学にとって「必要なこと」とはなんだろうか? [ 科学コミュニケーション]

久々にブログを更新します。
今月は海底観測装置の整備にはじまり、東北での野外観測、学会発表、
論文執筆(まだ終わってない…)、論文査読などなどで慌ただしく過ごしていました。

さて先日、とある会合で、とある先生が大学の「現状」を次のように語っていました。

 - 理系の研究者は「社会に役立ちますよ」といって予算を獲得するが、オモテの
  目標はほどほどの達成度ですませておき、そのウラで本当にやりたいことを
  好きにやっている。

 - 文系の先生は逆に「ならば私達は社会に役立たないことをやるんだ」といって、
  武士も食わねど高楊枝(社会からの乖離)。

 - 大学にはもはや(昔から)輝く何かなどない。社会がただ期待しているだけだ。

うん、思い当たるフシはなきにしもあらずです。
例えば、研究成果を出すには実験や観測、理論の構築が必要です。まとめられた
調査結果は論文になり、学術誌に掲載されて、やっと陽の目を見ることになります。
しかしそれには時間がかかる。
データを揃えるのにまず時間がかかりますし、論文を雑誌に投稿してから掲載されるまで
も時間がかかります。多くの場合、研究プロジェクトが終わってから、研究成果が出始める。

なので、理系の研究の場合は研究プロジェクトの遂行と、研究成果の発信がズレズレに
なることはしばしばです(下図は例)。
seika.JPG
 ※成果発信の一部はプロジェクト実施中に始まっています。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

遠く、西の海での成功を祈る [ 研究実況 Old..]

今月はじめ、海洋研究開発機構に行って、調査航海の準備をしてきました。
ざ、あきばれ。
DSC_0517.JPG
 調査船「よこすか」。

暑いくらいの日々でしたが、今回は研究室の学生2名とともに海底観測装置の
組み立て作業。学生いわく、「海底調査って、ネジを回して止めることなんですね!」
うーん、ちょっと違うんだけど、まあ正解でもある。

この航海で使う装置はこちら。
DSC_0514.JPG
じゃーん、有人潜水調査船「しんかい6500」。
これと「ネジを回して」組み立てた海底装置を組み合わせて調査するのだ。
向かうはお馴染み、海底熱水噴出地域だ!

そして今回、「しんかい6500」は空も飛びました。

続きを読む


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

金曜日は科学バー@京都! [ 研究実況 Old..]

台風が列島を通過しましたが、みなさん、お変わりありませんでしょうか?
私の方は、12日(日)に中学生向けの野外イベントがあったので、
「台風、どないなるねん!?」と気が気ではありませんでした。
なんとか無事開催。ホッ。

DSC_0539.JPG
 イベントの様子

そして今度は大人のためのイベントです。
今週金曜日、京都の先斗町のバー「meme」さんで、「科学バー」を開催します。
堅苦しい話はなし! 今回は「京都の地下の謎」の話をします。
・清水寺と「黄金の水」
・鴨川は地下水とつながっている
・地下鉄工事で遺跡がザックザクってホント?
・御所には謎の地下室が?
 などなど…

キャプチャ.JPG
(写真はmemeさんFacebookより)
https://www.facebook.com/memepontocho

ご予約、まだ間に合いますよ!
  ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:学問

ノーベル賞は誰のため? [ 科学ニュース Old..]

今週は日本人のノーベル物理学賞の受賞が大きなニュースでした。
(→ こちら: http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2014-10-08
一方、同文学賞や平和賞の日本人受賞はなりませんでした。
●村上春樹氏 またもノーベル文学賞逃す 受賞者は仏作家のモディアノ氏
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141009-00000109-spnannex-ent
●「憲法9条の理念はノーベル平和賞に値する」 署名集めに奔走した人たちの「思い」
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141009-00002146-bengocom-soci

prize.jpg

「受賞できず残念」 「惜しかった」
確かにそうかもしれません。でも私はこの「惜しい」には少し違和感を覚えています。
そもそもノーベル賞とは一体、どのような人に送られる賞なのでしょう?

続きを読む


nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

他とは違うぜ、今回のノーベル賞。 [ 科学ニュース Old..]

昨日夜、ビッグニュースに日本中が沸きました。
ノーベル物理学賞を、日本人*研究者3名が受賞したのです。

受賞理由は、ごぞんじ「青色発光ダイオード(LED)」の開発です。
1303357_930d132004_z.jpg
What's That? (12) by Steve Jurvetson (protected by CC License)
https://www.flickr.com/photos/jurvetson/1303357

●ノーベル賞:天野氏「自分と関係ない」はずが、決定に驚き
 http://mainichi.jp/feature/news/20141008k0000e040187000c.html
●ノーベル賞、「3人同時受賞」の深い意義
 http://toyokeizai.net/articles/-/49958

朝のNHK番組「あさイチ」でお馴染みの柳澤秀夫解説員は、今朝の放送で
「これ、家にあった青色LED。昔は180円もしたけど、いまは10円くらいまで
安くなった」と紹介して、電池で光らせていました(彼の趣味は無線)。なんだそれ?
と思いがちですが、スタジオの明るいライトの中でも、くっきりと輝く青色LED。
これが私達の生活の様々な場面で役に立っているのだ。
・・・ていうか、さすがの私も家には青色LEDはないなぁ。さすが柳沢前解説委員長。

さて今回のノーベル賞は実はいつもとは一味違うのです。

続きを読む


nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

The Last 納涼床 [ 京都で暮らす]

先週になりますが、今シーズン最後の鴨川納涼床に行ってきました。
いわゆる川床(ゆか)ですね。

DSC_0511.JPG
鴨川のほとりで、凉みつつの夕食です。

「えッ! 涼むって、もう秋とちゃうの? まだ川床やってんの?」

そう、京都の夏の風物詩の川床ですが、例年5月1日~9月30日まで
開催されているのです。知ってた?
だから正直、ちょい寒かったよ。 (T-T)
でもいいねぇ、川床。
お料理が出てくる間も、鴨川のせせらぎを聞きながら、のんびりと待つ。
良いひとときです。

※5月や9月はお昼間の川床営業もあるので、要チェック!
 っていうか、今年は終わったので来年ね。

●京の風物詩 京都鴨川納涼床への誘い
 (京都鴨川納涼床協同組合)
http://www.kyoto-yuka.com/

今回お伺いしたお店はこちら。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
メッセージを送る