So-net無料ブログ作成

下町ボブスレーにみる日本沈没 [▼科学ニュース New!]

冬季オリンピックも終わり、金・銀・銅メダルの感動も覚めやらぬ中、
テレビ東京「ガイアの夜明け」では、例の話題が取り上げられていた。
gaia.JPG
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber4/preview_20180227.html
(上図は番組HPをキャプチャ、下記説明も同HPより)
2018年2月27日 放送 第804回 「下町ボブスレーの"真実"」
『"氷上のF1"ともいわれるボブスレー。そのソリの開発には、フェラーリ、BMWなど、世界の名だたるメーカーも参戦。巨額の資金を投じ、しのぎを削っている。そこに、ニッポンの町工場が技術を結集して挑む「下町ボブスレー」。2014年のソチでは日本代表に採用されなかったものの、その後、ジャマイカ代表とともに2018年平昌オリンピックを目指すことに。しかし、開幕を目前に控え、事態は急変する。ジャマイカ代表が、「下町のソリを平昌オリンピックで使用しない」と通告してきたのだ。4年越しの夢は、実現目前でまさかの結末に...そこに至るまでに、一体何があったのか?10カ月にわたる独占密着から見えてきた、"知られざる真実"とは?』

番組をぼさーっと、なにげなく見ていた。その感想は以下のようだ。

東京の町工場が持てる技術を結集して完成したソリだが、なんと肝心の試合には
間に合わず、ジャマイカチームは別のソリを使ったそうな。輸送トラブルとのこと
だが、日本から海外の試合会場への輸送であり、諸トラブルが容易に想像できる。
もしも、これが打ち上げ間近のロケットや、完成間近の飛行機のパーツだったら?
下町工場はこのような失態を犯しただろうか? あるいはこの失態で以降の取引が
停止になったとしても仕方がないのではなかろうか?

続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 
メッセージを送る