So-net無料ブログ作成
検索選択
 科学コミュニケーション ブログトップ
- | 次の30件

科学:わかりやすいと信じやすい [ 科学コミュニケーション]

どうも世の中には、「わかりやすい」ことを信じてしまう傾向があるようです。
例えばこちら。昨日のニュースですが、少し前から話題になってました。

●「水質浄化」EM菌効果 検証せぬまま授業 青森 (asahi.com)
 http://www.asahi.com/national/intro/TKY201207030458.html
以下は記事からの抜粋です。
 ”「EM菌」という微生物を川の水質浄化に用いる環境教育が、青森県内の学校に
 広がっている。普及団体は独自理論に基づく効果を主張するが、科学的には
 効果を疑問視する報告が多い。県は、効果を十分検証しないまま、学校に無償
 提供して利用を後押ししている。あいまいな効果を「事実」と教える教育に、
 批判の声も上がっている。”


青森県だけでなく、大阪や三重、広島でも同様の取り組みがあるようです。
●河川浄化 主婦の目線で(大阪日日新聞)
 http://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/genkiroku/120613/20120613035.html

「科学ではまだ解き明かされてないかもしれませんが、効果があればよいのでは?」
という声もあるかもしれませんが、次の開発者らの話を読むと甚だ疑問です。
”比嘉照夫・琉球大名誉教授は「重力波と想定される波動によるもの」と主張する。”
 (asahi.comより)
”「地球上で最初に生まれた生物が光合成細菌。2000度でも死にません」”
 (大阪日日新聞より)

甦る未来―EM技術が21世紀を変える

甦る未来―EM技術が21世紀を変える

  • 作者: 比嘉 照夫
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2000/08
  • メディア: 単行本

続きを読む


nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

コミュニケーションにまつわるつぶやき [ 科学コミュニケーション]

去年の3月11日以降、コミュニケーション技術そのものに、以前よりも強い興味を
もつようになりました。ここではコミュニケーション関係のつぶやきをまとめてみます。
  • manta33blogmanta33blog鈴木桂治の課外授業。ひざ立ち柔道というのは良いアイデアだ。こういうのがあるのね。そのあとでまた講義に戻る。この行き来は良い!01/14
  • manta33blogmanta33blogWillcomのCMが変だ。最近はスマホでの通話にはマイクイヤホンが定番。「ネットはスマホ、電話はPHS」というが、Willcomはマイクイヤホンと戦うつもりなのだろうか? > 使い分けポーズ編 http://t.co/of0KGQdB10/16

1番目はNHKの「ようこそ先輩!課外授業」より。
●「本当の強さって何だろう?」 鈴木桂治 (柔道家)
 http://www.nhk.or.jp/kagaijugyou/archives/archives393.html
体育授業の柔道などで大怪我をする子供がでたためでしょうか?必ずしも体力勝負で
教えるのではなく、初心者向けに痛くない柔道練習法が編み出されているようです。
さらに、なぜ負けたのかを一度教室に戻って考えさせて、また練習する。とてもよい
トレーニングだと思います。ちょっと考えさせられました、というのは、学問はどこか
体力勝負の部分があって、「理解出来ないのは基礎体力が足りないからだ!」
っていう人が案外多いのです。うーむ。
2番目は「スマホとの2台持ち」を進めるWillcomのCM (だれとでも定額「使い分け編」)
…こりゃ早晩立ち行かなくなるな。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

サイエンスバーを聞きに行った [ 科学コミュニケーション]

お久しぶりのブログ更新です。実は最近、本の執筆を始めました。ブログの方まで
手が回りませんが、まああいかわらずボチボチと更新いたします。
さて、少し前のことになりますが、京都で開催されたサイエンスカフェならぬ
サイエンスバーに、お客さんとして参加させて頂きました。普段は「しゃべる側」
ですが、聞き側で参加するとサイエンスバーはどんなかんじなのかな~?
興味津々で参加いたしました。

http://loki1.exblog.jp/
  呑みながら講義 19 限目
  『野菜の成分は敵か味方か? 体に良い理由(わけ)を考えよう』
  開催日時 2012 年2 月28 日 ( 火) 21:00 ~22:30
  会場 Loki ACADEMICA(京都市中京区三条通高倉東入ル桝屋町55)
  Loki ACADEMICA / 井戸端サイエンス工房

井戸端サイエンス工房さんは、京都でサイエンスカフェなどを積極的に推進されている
団体。そこと、Loki ACADEMICAというBarの共催のようで、19回目だそうな。

dl20120302 (17).JPG
表に出ているメニュー。「21:00から22:30まで貸切です」とのこと。

続きを読む


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(2) 
共通テーマ:学問

勝ち残るグループ [ 科学コミュニケーション]

人間は助けあって生きるのがいいのか、競いあって生きるのがいいのか?
のっけから重いテーマですが、ほったらかしの(笑)連載「科学コミュニケーション」、
今回はコミュニケーションそのものを話題にしてみましょう。

単純に考えれば、他人のための行動=利他的な行動は、自分のための行動
=利己的な行動より損します。利他的な行動は、利己的な人にとって都合の
よいものになるからです (例:囚人のジレンマ ←検索してみて下さい)。
しかしある環境下では、利他的な行動でも損をしなくなります。例えば下記。
●The Coevolution of Parochial Altruism and War(Science, 2007年)
 http://www.sciencemag.org/content/318/5850/636.short
hoge.jpg
 ※上記論文のもの(コンピュータシミュレーションによる)に加筆

続きを読む


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

原発に怯える人々へ [ 科学コミュニケーション]

わたしのような素人が軽々しくは語れませんが、原発から100km以上離れている方々は
おそらく心配することはないと思います。下記の動画を見てみてください。

うんち・おならで例える原発解説~「おなかがいたくなった原発くん」



続きを読む


nice!(9)  コメント(13)  トラックバック(2) 
共通テーマ:学問

京大入試問題流出に一言 [ 科学コミュニケーション]

ここのところ、公私ともども本当に忙しく、ブログに記事をUPするのも、乗船レポートへの
コメントにお返事することもできず、大変失礼しております。 そんな久々のブログ書き込みが
こんな記事でとても悲しいのですが、何も触れないのもまた変なので、一言だけ。
各紙日曜朝刊の1面を飾った記事についてです。
●京大入試問題、試験中に携帯で流出…受験生がネット投稿か?
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110227-00000032-sph-soci

100610-202300.jpg
ある夜の、京都大学。

続きを読む


nice!(7)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

「専門家」の悩み [ 科学コミュニケーション]

その道の専門家が、どこか公の場で話をする場合は常に悩みが付きまとう。
専門家としては、誰も知らない最新情報を、できるだけ多くの人に知ってもらいたい。
しかし、専門性の高い情報は、専門外の人には理解してもらいづらい。
「情報の先端性」と「分かりやすさ」は相反するケースが多いようである。

これは科学者に限った話ではなく、報道に携わったことのある方にも共通のようだ。
新規作成_1.jpg
ニュースと言っても、すべてが「新情報」ではない。

●テレビの終わりの始まり(アゴラ)
 http://agora-web.jp/archives/1162986.html
●池上彰というイノベーション(「池田信夫Blog」さん)
 http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51659335.html
上記のうち、私が印象的だと思った部分を一部抜粋してみよう。
(括弧内は私が付けた補足です)

続きを読む


nice!(9)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

そんなことで争ってる場合か(1) [ 科学コミュニケーション]

科学と技術は、両輪です。理屈ばっかりでもダメだし、目先の利益とか小手先ばっかりでも
ダメ。私は企業でいうところの「投資」と「回収」みたいな関係だと常々思っていますが、
しかし一方では二つを分けるか分けないかで、議論をしている人たちもいるようで…

●譲れない「・」 科学技術か科学・技術か、専門家バトル
 http://www.asahi.com/science/update/1214/TKY201012140441.html

要するに「科学技術」と書くか、「科学・技術」と書くかで意見が分かれているらしい。
はっきり言おう。そんなん、どっちでもええわ!

science.jpg
 奪い合い?助け合い?

続きを読む


nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(2) 
共通テーマ:学問

グラフのみかた [ 科学コミュニケーション]

ニュースや新聞、世の中の動向を見るときに「グラフ」は欠かせません。
たとえばこんなグラフ。
新規作成_1.jpg
鳩山前総理の支持率は昨年9月の就任から今年6月頃に向けて続落したのち、
続いて就任した菅総理の支持率も下がり続けて、先週の参院選の惨敗に至る、と。

このグラフを見ると、お二人とも支持率は同様にゆっくり低下しているように見えますが
実は菅総理の支持率は参院選前には「急落」していました。どういうことかというと…

続きを読む


nice!(8)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

「はやぶさ」と科学コミュニケーション [ 科学コミュニケーション]

先ほどの記事の続き。今度は得られた成果とか、科学コミュニケーション面から。
科学コミュニケーションを考えるときに、「厳密さ」と「分かりやすさ」はいつも相反
するものです。(とは私はちっとも思いませんが、そう考える人は多いのでは?) 
はやぶさについても「擬人化が過ぎていかがなものか?と」いう批判があるようです。

●『はやぶさ』帰還の意義 (サイエンスポータル)
 http://scienceportal.jp/news/review/1006/1006141.html

たしかにフィギュアまで発売されてますし、、、
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/10/news066.html
雑誌も出てますけど、、、

現代萌衛星図鑑

現代萌衛星図鑑

  • 作者: しきしま ふげん
  • 出版社/メーカー: 三才ブックス
  • 発売日: 2009/06/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


まぁまぁ、ええやないですか。ちゃんと成果はあがってるんですから。そのうえで
「萌え文化」まで巻き込んで多くの人を惹きつけてやまないなんて、ええんとちゃう?

続きを読む


nice!(7)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

事業仕分けと科学コミュニケーション(2) [ 科学コミュニケーション]

時間が空いてしまった上に、総理大臣も変わってしまったが、
事業仕分けと科学コミュニケーション(1)の続きである。

前回の記事末尾では「事業仕分け人には、科学技術の専門家をもっと加えるべきだ」
と述べたが、書きながら本質はもっと別にある気がしてきた。

理系白書 この国を静かに支える人たち (講談社文庫)

理系白書 この国を静かに支える人たち (講談社文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/06/15
  • メディア: 文庫


例えばよく「文系の理系支配」などと言われているが(例:上記本。内容すべてに同意は
できないが参考にはなる一冊)、それでは理系学部出身の人間を政策決定の場に多く
登用すれば済むのだろうか?  それでは駄目である、という良い例(悪い例?)が
鳩山前総理と菅新総理である。彼ら”最高意思決定者”たちは理系学部出身であるので
(東京大学工学部応用物理・計数工学科卒、東京工業大学理学部応用物理学科卒)
政権交代時から政府の科学的理解どの上昇について少しだけ期待をしていたのだが、
事業仕分けは前述の程度である(彼らの直接的指導や責任ではないにせよ)。

このように科学技術に対する知識をすっとばして、政策や予算の議論がなされるのは
なぜか?この国では科学技術は不要なのか?と思ったが、そうではなさそうである。

続きを読む


nice!(6)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

事業仕分けと科学コミュニケーション(1) [ 科学コミュニケーション]

ちょっと前だが、事業仕分けの第2弾が行われた。
以前の第1弾のときにも書いたが(その1その2その3)、これらはどうやら財務省の
シナリオに従った与党によるパフォーマンスに過ぎないと思っている。思ってはいるが、
しかし、こうした議論を定期的に公開環境で行うことはよいことである。実際、下記の
様に競争入札状況や研究アシスタントの採用基準に対するチェックが行われている。

新規作成_1.jpg
●事業仕分け第2弾「意味不明だ」理研の不透明体質にメス
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100426-00000544-san-pol

こういった経営や契約に関する仕分けについては大いにメスを入れて頂きたいが、
専門知識、それも科学技術的なものになると仕分け人の能力に疑問が生じる。

続きを読む


nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

人の世は明るいのだ [ 科学コミュニケーション]

このブログでもしばしば科学ニュースとか、政治ニュースとか、とにかく
伝えたい!ってことがあると載せてますが、はたして人間というものは、いいニュースを
他人に伝えたいのでしょうか? それとも悪いニュースを伝えたがるものでしょうか?
hisohiso.jpg
 「あんなぁ、知っとる?」

そんな疑問に答えてくれる記事がWired Visionにありました。
●「他の人に伝えたいニュース」の特徴:研究結果
 http://wiredvision.jp/news/201003/2010031722.html

この研究結果によれば、批判的・否定的なニュースよりも肯定的なニュースのほうが
「他の人に伝えたい」ニュースであることが多いらしいです。しかも長くて複雑な科学
ニュースが意外と人気らしい。ほぇーーー、意外だ。
理由は「自分の知っている常識を覆すから」ではないかと、記事は伝えています。
なるほど。そういう驚きは悪いニュースよりも伝えたくなりますね。

そういえば、日本でもこのようなニュースが出ていました。

続きを読む


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

博士になるには [ 科学コミュニケーション]

連載「科学コミュニケーション」の趣旨とはちょっと違うんですが、
今日は「博士になる方法」について少し書いてみます。

さて、受験シーズン到来。大学だけではなく、大学院の入試の時期でもあります。
教員もその準備に向けて、あわただしい毎日です。当大学の工学部の場合、大学院
修士課程(2年間)への進学希望者はとても多いです。所属学部生のほとんどは大学を
卒業後、修士課程に進学します。一方で、大学院博士課程(修士を終えてからさらに3年間:
修了後にはあこがれ(?)の「博士号」を貰える)に進学しようという学生は少ないです。
なんで少ないのかなぁ? お茶を飲みながら、ちょっと考えてみました。

まずは私の育った理学部の場合。修士が終わると、二者択一が待っています。
fig1.jpg
ようするに大学などで基礎的研究を続けたいのであれば、青矢印のように

続きを読む


nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

名物は一つでよい? [ 科学コミュニケーション]

一般向けのセミナーで研究内容を発表したり、研究予算への応募書類を書くときに、
なにをアピールすればよいかいつも悩みますが、最近はある「やり方」を決めています。

そうですねぇ、、、ひとつ、例え話から始めましょうか。
あなたが遠くにドライブに出かけたとします。そろそろお昼時。お腹が空いてきました
ので、道沿いのレストランに入りたいと思います。できれば地元の名物を食べたいですね。
でも車で走りながらだと、どのお店がよいかじっくりと考えるわけにはいきません。
そうこうするうちに、道の両側に2軒のお店が見えてきました。

rest.jpg
片方は「手打ちそば」の看板のみ。もう片方は、和洋中、、、さまざまな料理の看板。
さて、あなたはどちらのレストランに入りますか?

続きを読む


nice!(6)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

科学の功罪 [ 科学コミュニケーション]

昨日、ある駅前を歩いていた。私はロータリーの向こう側の地下鉄入口に行きたいのだが、
真っ直ぐには行けない。写真にあるエスカレータに乗って、ロータリーの上の大きな歩道橋
(広場)を通って、反対側のエスカレータを降りないといけない。

090708-092140.jpg
屋外型エスカレータは普通のよりメンテナンスが大変そうです。

まあ別によいのだが、地上を歩いても地下鉄入口に行けるようにしてくれたら、
エスカレータを登り降りしなくてよくなるし、一日中エスカレータを動かし続けるのも
なんか無駄な気がする。。。でも一方では、「ロータリーに侵入してくる自動車から
歩行者を守る」という大事な目的もありそうだ。あとエスカレータがなければ、往来が
なくなりそうなので、ロータリーに面するデパートなどの経済活動にも影響を与えそうだ。

----
まあこんな感じに、とかくいろんなことには良い面と悪い面というか、功罪というか、
あちらがたてばこちらが立たずという場面が多い。
科学についても同じであろう。しかし、ついどちらか一面しか強調されないことも多い。

続きを読む


nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

言葉遊びとコミュニケーション [ 科学コミュニケーション]

まずはこちらの文章を読んでほしい。
「こんちには みさなん おんげき ですか?わしたは げんき です。
この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか
にんんげ は もじ を にしんき する とき その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっれば
じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる という けゅきんう に もづいとて
わざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。
どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ?」
(ITmedia「確かに“読めてしまう”コピペに2ch住人が「人間すげー」と驚く」より)


読めましたか?きっと読めたことでしょう。私は笑いながら読みました。
どうやら人間は自分がよく知っている単語であれば、その単語がきちんと書かれて
いなくても文章を理解することができるようなのです。人間って、凄いよね!
fig.jpg
  ビバ!シナプス!

ではこれが英語だったらどうでしょうか? 元ネタは英語なのです。

続きを読む


nice!(10)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

わかりやすいプレゼンのお手本 [ 科学コミュニケーション]

不定期連載「科学コミュニケーション」の第2回目です。
科学セミナーやら、サイエンスカフェやらに出てみると、講師の先生が
一生懸命にご自身の研究の話をしてくださっているのですが、つまるところ
「なぜその研究がとても大事なのか?」がわかりにくい場合があります。

これは科学コミュニケーションに限らず、通常の研究の場でもしばしば起きます。
たとえばつい先日まで、卒業論文や修士論文に追われている学生の
プレゼンを多数見ましたが、わかりにくいプレゼンもしばしば。
image.jpg
そのグラフはなぜ大事なの? っていうかなんの役に立つの?

しかしつい先日、お手本のようなプレゼンを見ることができました。

続きを読む


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

科学技術と生きてみる [ 科学コミュニケーション]

まずは異なる撮影者による、3枚の写真をご覧ください。
22-75182.jpg
ただの紙コップですが…

ac1d1e12441724b8998b38dacdbd0d34.jpg
近づいてみたり…

090103-221209.jpg
角度を変えてみると、見え方や役割がずいぶん違って見えます。

写真を撮るとき、対象物をためつすがめつして撮影しますね。
芸術の世界では一つのモチーフをいろんな目線で何度も描きなおすのは当たり前。
そうして多くの人に楽しんでもらえる作品ができあがります。
では科学はどうでしょうか?

続きを読む


nice!(20)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

科学者と記者との間には [ 科学コミュニケーション]

先日の記事「新聞記者にはガッカリだ」はえらい古い(しかもわざわざ取り上げなくても良い些細な)新聞記事を紹介したにもかかわらず、たくさんのコメントをいただきました。ありがとうございます。

中にはマスコミ関係者の方のコメントや、サイエンス誌のポリシー原文を掲載頂いた方もおられました。あかさたな様のコメントを読むと、JAXAの人たちはサイエンス誌との契約ルールに従っただけで、攻められるべき点はなにもありません。これは科学者の立場を代表したコメントといえるでしょう。一方で、ありゃ様のコメントでは、サイエンス誌とのルールを守るという事情も含めて、科学者がもっと説明をすべきだったのではないか?という主張です。これは報道側の代表的意見でしょう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

新聞記者にはガッカリだ [ 科学コミュニケーション]

いや全員ではないです。メタンハイドレート関係の調査結果のプレス発表の際の記者さんたちはすごく勉強をされていて、「記者ってちゃんと科学のこと理解して報道してるのかなあ?」なんて考えてた自分が恥ずかしかったです。さすがプロです。ただ、こういう記事をみるとがっかりします(ずいぶん前の記事で恐縮です)。我々はマスコミを喜ばすだけのために研究をしているのではないのです。

●探査機はやぶさ:成果、米サイエンス誌が取材規制 影響力に研究者追随
 6月7日新聞社WEBサイト掲載記事:こちら

続きを読む


nice!(1)  コメント(7)  トラックバック(4) 
共通テーマ:学問
- | 次の30件  科学コミュニケーション ブログトップ
メッセージを送る