So-net無料ブログ作成
検索選択
 電磁気で地震予知 ブログトップ
前の30件 | 次の30件

メガクエイクを見た [ 電磁気で地震予知]

NHKでは2011年の震災以前から「メガクエイク」というNHKスペシャルを
やっています。震災前は(このブログもそうであるように)、阪神大震災以降、
「地震予知学」は如何に進んだか?をテーマとしていました。

NHKスペシャル MEGAQUAKE巨大地震 DVD-BOX

NHKスペシャル MEGAQUAKE巨大地震 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • メディア: DVD


これはとても良い特集で、教材にもなると思い、(私にしては珍しく)ちゃんと
DVD-Rに保存もしていました。しかし、あの地震の後、「続編」として作られた
メガクエイクII・IIIは、なんとも中途半端な作品に仕上がったようです。
●NHKスペシャル MEGAQUAKE 巨大地震
 http://www.nhk.or.jp/special/megaquake/
 http://www.nhk.or.jp/special/megaquake2/
 http://www.nhk.or.jp/special/megaquake3/

続きを読む


nice!(9)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

動物は地震を予知しない [ 電磁気で地震予知]

前回の酷い地震予知の続きです。
そういえば1年前にも似たような記事を書いていました。
●マスコミが流す「適当予知」情報
 http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2012-03-15
地震予知科学が未熟であることは事実ですし、地震予知に対する日本人の期待が
大きいことも事実。そういう夢が歪んだ科学を生む土壌になるのは皮肉ですね。
(ダイエットとか、EM菌とかも同様。人間の希望が生み出したニセ科学です)
それ以前にも似たような記事を沢山書いています。色眼鏡なしで、一度お読みください。
・「○○地方に地震が来る」噂の真相 → http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2007-09-12
・ラドン濃度で予知できる? → http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2009-05-07
・四川大地震は予知できてた? → http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2009-09-08
・311地震も予知できてた? → http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2011-03-28-1
・体調や夢による、体感予知 → http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2011-09-02

----
さてそれでも「地震の前に動物が騒ぐ」とおっしゃる方々がおられます。
ホントウでしょうか?まずは大阪大学池谷教授の本を読んでみました。
(※随分前に読んだので、改訂版とは異なるかもしれません)

【緊急改訂】大地震の前兆 こんな現象が危ない (プレイブックス)

【緊急改訂】大地震の前兆 こんな現象が危ない (プレイブックス)

  • 作者: 池谷 元伺
  • 出版社/メーカー: 青春出版社
  • 発売日: 2005/08/25
  • メディア: 新書


例えば阪神淡路大震災の直前・直後(1/16~1/20)、マダイの漁獲量が急激に増えている
ことが報告されています。これは地震の前触れ? また動物に電波をあててみると、普段
行わない行動をするようです。地震の前に発生する電波が動物の異常行動の原因?

続きを読む


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

「酷い地震予知」に騙されるな [ 電磁気で地震予知]

あの地震から2年経った。犠牲者の方の冥福を祈り、まだ終らない震災を省みる。
(私も今日、黙祷を捧げました)
そんなニュースが多い中、こういうのも必ず混じってくる。

●杉並「M3・5」首都直下地震の前触れか…江戸300年でM7級が17回も
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130309/dms1303091447006-n1.htm
●時事130226 栃木県北部地震(提督の野望 海軍広報 Ver7.0)
 http://kaigun.sakura.ne.jp/blog/2013/02/130226.html
 (以下、引用) ”この地震、2年前の3/11に起きた東北大震災の前震のパターンに
 似ているという話がネットの一部ででています。(中略)大地震の周期説とも重なります”
M3.5の地震なんてしょっちゅう起きているし、2月25日の栃木県北部の地震(M6.2)の
どこが東北地方太平洋沖地震の前震と似ているのだろうか?

これらはまだマシな方で、もっと酷い「いいかげんな地震予知」が巷をにぎわすことがある。
以下は例である。そして全てハズレだ。

巨大地震の予知や制御は、映画で見るほどに簡単ではない

続きを読む


nice!(3)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

地震情報の震源地がわかりづらい [ 電磁気で地震予知]

家でくつろいでいた土曜日、京都で有感地震がありました。
さほど大きな地震ではありませんが、余裕があったのでどれくらいの速さで
震源の情報などが手に入るかどうかを調べてみました。
地震が発生したのは11:21、深さは約10km、マグニチュードは3.5でした。
キャプチャ.JPG
場所はこちら。震源の緯度経度を元に、http://earthjp.net/maps/ で表示。

続きを読む


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

マスコミが流す「適当予知」情報 [ 電磁気で地震予知]

前回の「今後起きうる地震」で述べたように、東京・神奈川直下の巨大地震には
要注意ですが、もう一つ、注意が必要な場所は東北地方です。あれだけ大きな
地震が来たのだから、当分来ないだろうと考えがちですが、今回の巨大地震の
発生地域より沖合で大きな地震が発生する可能性が指摘されています。

●2011年3月11日の巨大地震で太平洋プレートに変化 M8級の余震が起こる可能性
 (Yahooニュース:元ネタは下記のJAMSTECプレス発表)
 http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20120131/
新規作成_1.jpg
 ※JAMSTECサイトの図に加筆

地震計を海底にたくさんおいて観測したところ、海底が引っ張られる格好で小さな地震が
発生しているようです。太平洋プレートを深さ40kmまで断ち切るような大きな正断層型の
地震が発生しえる状況と言えます(私見ではM8クラス)。これは3月11日地震発生直後に
すでに予測されており、その一部では同日にM7.5の余震も起きている場所ですが、
依然として沖合大地震の危険性が残っているようです。

----
こうした最新テクノロジーにより、以前よりも地震発生に関する様子はよくわかってきている
にもかかわらず、マスコミは適当な地震予知情報をたれ流しています。たとえばこちら。

続きを読む


nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

今後起きうる地震 [ 電磁気で地震予知]

東日本大震災からちょうど1年経った。阪神淡路大震災の1年後は、復興の木槌の
音も高らかだったような気がするが、本日の日経1面によれば「復興は2割程度」という
現地の声が聞かれるそうだ。復興計画への遅さが際立つ。阪神淡路大震災と異なる
もう1点は、いわずとしれた原発事故であり、問題解決の道筋すらついていない。

さらに阪神淡路大震災との大きな違いは、次の巨大地震への懸念だ。
地震.jpg
「ねぇねぇ、次はどこ?」 とりあえず手近なナマズに訪ねてみるナナちゃん。

まずは先達に習おう。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

首都圏の大地震はいつ来るか? [ 電磁気で地震予知]

昨年の大地震以降、地震予知に対する失望と期待が入り混じった結果だろうか?
毎月のように「○月▲日に地震が起きるかも!?」という話題が飛び交う。
つい先日もこんな噂が立った。

●1月25日に東海大地震が発生するという噂がネットで拡散(秒刊SUNDAY)
 http://www.yukawanet.com/archives/4085954.html
上記によれば、Twitterでは次のような内容が拡散されたようだ。
”東海大地震は24~25日か25~26日に掛けての夜中の11時以降か2~3時あたりに
 おきるから就寝中の多くの人が犠牲になるらしい。”

こういう具体的な予知は、具体的だからこそ怪しい。
同じような話は過去にも屡々あった。下記記事を参照いただきたい。
・富山で地震は起きません → http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2007-09-12
・大気イオンで地震予知? → http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2009-08-23
・宏観異常では地震予知はできない → http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2009-09-08

当然、地震など来ない。そうなると今度は逆に「やっぱり地震予知などあてにならないし、
できっこない」という話になる。たまたま同時期に発表された下記の科学的予測についても
「どうせあたらない」という意見もあるようだ。はなはだ両極端である。

ところで本当に東京に大地震は来るのだろうか?

続きを読む


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

地震学に敗北などない [ 電磁気で地震予知]

先週、静岡市で開催された地震学会で行われた特別シンポジウムが話題だ。
「今回のM9地震に関して、地震学は敗北を認めた」との見出しが新聞を飾った。

以下は関連記事だ。著名な地震学者達のコメントもあるので引用する。
●「なぜ想定できなかった」東日本大震災“自省”シンポ 
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111008-00000121-san-soci
 「東日本大震災では、そもそも専門的見地からの地震の見立てが間違っていた」
●大震災予知できず 東北大松沢教授 異例の反省の弁
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111014-00000003-khks-l04
 「プレート(岩板)境界の固着が弱いという状況証拠と100年ほどのデータから、
 M7~8程度の地震しか起きないと判断してしまった」
●「大きな敗北」「非常に反省」=予知不可能の意見も―大震災で特別シンポ・地震学会
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111015-00000065-jij-soci
 「このシンポが地震学会の始まりとなる。忌憚ない意見をお願いしたい」
 「大震災を受け、地震発生の仕組みの研究や国の地震対策などはリセットするべきだ」

日本人は知らない「地震予知」の正体

日本人は知らない「地震予知」の正体

  • 作者: 東京大学理学部教授 ロバート・ゲラー
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2011/08/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


陸上・海底の地震調査のリーダー達からも、同様の発言が既に発せられている。

続きを読む


nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

アマチュアによる地震予知 (1) [ 電磁気で地震予知]

昨日は防災の日だったので、連載「電磁気で地震予知」を更新いたしましょう。
そういえば先日の記事にこのようなコメントをいただきました。

  「腰が痛い」「虹の雲をよく見る」などで地震の予知はできないのでしょうか?
  ※原文はこちら。China Roseさん、ありがとうございます。
  宏観異常現象なのですが、以前書いておられたように、夜みた夢を朝になって
  遡行して再構築するような例が多く、それを前兆と受け取る側に帰する問題も多いように思います。
  でもエビデンスとして使えるものはまったく無いんだろうか。

「耳鳴りがする」「ペットが吠える」などの地震の前触れ現象は、「宏観異常現象」と
呼ばれていて、これを用いた地震予知の試みはこれまで何度も行われて来ました。


上記は2008年の四川大地震のときの、日本での宏観異常現象の報告数です。
ただ実際には四川大地震ではなく、その前に茨城県沖で発生した地震の影響を
強く受けていました(→ http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2009-09-08 )。
宏観異常現象とは人間の心理が生みだした物にすぎないように私は思いますが、
しかし本当にこれらの中には地震予知に役立つ情報は埋もれてないのでしょうか?

続きを読む


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

本気!? 電離層で地震を予知する(2) [ 電磁気で地震予知]

前回の地震予知連載の続きです。北海道大学の研究により、地震の前に電離層
に異常が発生するらしいことが分かりました。ではこれを地震予知に利用できるのか?
しかし、そう簡単ではなさそうです。

理由その1:「異常」の判断基準がない。
fig1.jpg
(Wikiの「磁気嵐」を参考に作りました)
前回記事の3つ目のグラフでは、なだらかでない変化が「電離層の異常」と考えられます。
これ以外の時間帯のデータについて、知人のGPS研究者に見せて貰う機会がありました。
その研究者の方いわく、「あのような地震直前の異常な変化はめったにない」とのこと。
でも一緒にデータを眺めるとそうでもない。あれも異常?これも異常?っていう感じで、
地震の前1~2日には同様の異常と思える変化がたくさんありました。

続きを読む


nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

本気!? 電離層で地震を予知する(1) [ 電磁気で地震予知]

「本気」と書いて「マジ」と読む。皆さんお久しぶりです、「電磁気で地震予知」の
お時間です。今回は、電離層を観測すれば地震予知ができるのではないか?
というお話です。それって本当かなぁ? ご紹介いたしましょう。

この話題、地震直後の4月頃から最近まで、ちょくちょく新聞で取り上げられています。
●大震災40分前上空の電子急増 チリ地震と類似「前兆か」
 www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/281622.html
 ※すでに削除されています。
●電離層の変化、東日本大震災でも…予知に有望?
 www.yomiuri.co.jp/science/news/20110715-OYT1T00203.htm

新規作成_0.jpg
図は読売新聞の記事より。原理を簡単に説明すると、、、
・GPSアンテナは複数の衛星から電波を受けている。何秒前に送られた電波かもわかる。
・電波が届くのにかかる時間 X 電波の速度(約30万km/秒) =衛星とGPSアンテナの
 距離が分かる。(これがGPSカーナビの原理
・ところが地上と衛星の間にある電離層内では、電波の速度が遅くなる。カーナビ程度
 なら問題ないけど、地殻変動のような微小な移動をキャッチする場合は大きな誤差だ。
・そこで複数の電波を使って、電離層内の電波の”遅れ”を補正している
・電離層での電波の速度はそこを漂う電子の数に比例する。なので補正が目的
 なんだけど、ついでに電離層内の電子の数(GPS-TECという)が分かっちゃう。
・じゃあ、これを測ってたらなにか分かるかな?例えば地震予知とか?

ってことで北海道大学の先生が解析した結果がこちら。

続きを読む


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

高校生からの質問(4) [ 電磁気で地震予知]

さて、高校生からの質問に答えるシリーズ、最終回です。

Q. 地震は人々に悪影響を与えていますが、地震の美点はないのですか?
これは鋭い質問です。というのも、地震の研究者は自分たちの研究の重要性を伝えようして
地震の恐ろしさを強調する傾向があります(たぶん私も)。「怖いから調べる」ってのは
科学的モチベーションとして間違ってませんが、そうですねぇ、美点ですね。
その1)自然と歴史を知る大事さを教えてくれる
我々人間はお調子者です。ちょっとイロイロうまくいくと、これまでサボらなかったことを
サボりはじめたり、守らないといけない言い伝えや言いつけも守らなかったり。でもそれって
ちょっとした経験で決めてないですか? 地球の長い歴史から見たら間違ってないですか?
こういう大きな自然災害にであうと人は厳しい自然と向き合って暮らさねばならないことを
思い出すことになります(大きな犠牲と共に)。

その2)地震のエネルギーを地下数百kmの調査に利用する
生物だけでなく、星も進化します。この星の進化を知るためには地下数百km~数千km
を調査したいのですが、そこまで掘ることはできません。ダイナマイト爆発の振動を使って
調査できるのもせいぜい地下数十kmです。そこで地震が作る揺れを利用します。大きな
地震の揺れは地球の裏側まで届くので、地球を「輪切り」にできるのです(本当に輪切りに
するという意味ではなく、地球の中の地震波の伝わり方が詳しく分かるという意味ね)
こうしてプレートの構造や何百km以上の深さのマントルの様子がわかるのです。

その3)もしもプレートが移動しなかったら?
以前お話ししたように、地震の大元はプレートの移動です。このプレート移動が止まると
地震は止まります。ところで、もしもプレートが移動しなかったら、地球はどうなるでしょう?
実はいま私たちの知る地球とはまったく異なる星になります。例えば日本列島はなくなる
でしょう。石油も天然ガスもたぶん採れません。地表や海で見られる生物の姿も大きく変わり
ます。人間は誕生しなかったかも? プレートが移動しないだけでなんでそうなるの?
これは宿題にしましょう。みんなで調べてみてください。

planet.jpg
ってことは、遠くの惑星にプレート運動の痕跡らしき地形が見つかったら、
そこには知的生命体もいるかも??

では次の質問。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

高校生からの質問(3) [ 電磁気で地震予知]

海外出張などで間があいてしまいましたが、高校生からの質問に答えますよ~

Q. 世界で一番大きい地震は?
Q. プレート境界以外では大きな地震は起きないのでしょうか?
地震の真の大きさは「マグニチュード」というもので比べますが、マグニチュードにも
種類があります。下記ページでは「モーメントマグニチュード」で比較してます。
●地震について(気象庁:よくある質問集)
 http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/faq/faq7.html

日本で一番大きい地震は、先日の東北地方太平洋沖地震(Mw 9.0)です。上記の気象庁の
ページにはまだ載っていませんが、世界で4番目に大きな地震のようです。では大きな地震は
プレート境界だけで起きるのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。例えば日本の場合、
推定M8の濃尾地震(1891年)は、陸地の活断層が引き起こした典型的な「内陸型地震」です。

higai-1995.jpg
過去の被害地震(1872~1995年)
気象庁ページより(http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/higai/higai-1995.html

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

高校生からの質問(2) [ 電磁気で地震予知]

前回の続きです。高校生からの質問にどんどん答えていきます。

Q.地震速報はどうやって地震を予知してますか?
 今のテレビ等の地震の予測はなんですか?
緊急地震速報関係は最もたくさん質問をいただきました。テレビであれだけ
「緊急地震速報です。強い揺れにご注意ください」ってやってますからね。
でも緊急地震速報はいわゆる地震予知ではありません。仕組みはこうです。
 1) いくつかの地震観測点で強い揺れが観測されて、
 2) そのデータから大地震と判断されたら、
 3) まだ揺れが届いていない地域へ「これから○秒後に揺れるよ!」
なので、残念ながら震源直上の地域には緊急地震速報は間に合いません。一方、今回の
東北沖の地震は沖合で起きたので、緊急地震速報が間に合った地域もありました。
緊急地震速報の仕組みについては下記を見てね。
●緊急地震速報のしくみと予報・警報(気象庁)
 http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/EEW/kaisetsu/eew_naiyou.html
●緊急地震速報、惜しかった
 http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2008-05-09


なお海底に地震観測点があれば、沿岸域でも揺れる前に緊急地震速報が発令されます。
今回の地震はどうだったんかな? たしか釜石沖の海底に地震計があったんやけど。
ちなみに釜石沖には海底に水圧計も置いてあって、今回の津波を海底の水圧変化として
検出できました。沖合50kmくらいの場所で、津波の高さはすでに5m! 地震計も水圧計も
海底ケーブルにつながっていて、今回の地震でも陸上へデータを送り続けていました。
 新規作成_1.jpg
 東京大学地震研究所広報アウトリーチ室のページより。15:18くらいに記録が途切れて
 ますが、津波で海底ケーブルの陸上局(データ転送機など)が流されてしまったためらしい。
 
では次の質問。

続きを読む


nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

高校生からの質問(1) [ 電磁気で地震予知]

先日、三重県のとある高等学校さんへ出前講義に行ってきました。
110614-111758.jpg
正門。やっぱり大学と高校は雰囲気が違います。

そこでは「地震・海底・海」というようなお話をしてきました。本当は、もっと自分の
研究の話をしてもよかったのですが(実は高校の先生には事前にそういうことにして
頂いていたのですが)、東日本を襲った巨大地震の記憶も冷めやらず、また三重県は
来るべき南海トラフでの巨大地震に備えねばならいません。なので、もう少し、地震のこと
を話ししました。で、講義の最後に質問をたくさん頂いたので、それをこのブログで紹介しつつ
私なりにお返事していきたいと思います。時間とページの都合上、生徒さん全員の質問には
お答えできないかもしれませんが、ゆるしてね m(_ _)m

続きを読む


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

次の大地震はどこか?~東海地震はいつか~ [ 電磁気で地震予知]

前回の連載記事の続きである。気になるのは東海地震である。
つい先日、我が国の首相が会見を開き「国民の皆様に重要なお知らせがあります」
と、浜岡原発の運転停止を切りだした。このタイミングで緊急に止めるとは、もしや
東海地震発生が予知されたのではないか?と一部でざわめきもあったようだ。
●「浜岡原発停止」まで政局に利用した菅首相(日経BP)
 http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110513/269785/?ST=business&P=3

繰り返すが、先日の巨大地震は地震予知の成功例であり、失敗例でもある。つまり、
「宮城県沖地震が今後30年以内で99%の確率で発生する」とした点は予知成功であるが
規模が異なった点、何年何月何日に起きるかについては全く分からなかった点については
失敗、というかその肝心な情報を予測する方法は確立されていない。

なので東海地震がいつ起きるかは、わからない。おしまい。
それじゃあアンマリなので、いま私が知りうる情報を列挙しよう。
jpn.jpg
※ASCIIにいい図がありました。加筆させていただきました。
 http://ascii.jp/elem/000/000/455/455932/index-3.html

続きを読む


nice!(6)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

巨大地震は某国の陰謀? [ 電磁気で地震予知]

連載記事の続きです。東海地震のお話を擦る前にちょっとブレイク。
さて先日、読者の方からこんな質問を頂戴いたしました。
こちらのフォームからご質問を受け付けていますよ)

【 お名前 】:きら
【 ご質問・ご意見など】:はじめまして。時々、ツイッターの呟き、そして、
ブログ拝見しています^^今日、ツイッター内で、人工地震のこと知りました。
東海地震が、人工地震と関係があるとかなんとか、そして、陰謀とか。
ちょっと恐いなと感じ、質問させていただきました。
どのように思われますか?突然の質問すみません^^
 

「人工地震?なにをバカな事を~」と一笑に付したいところですが、実は密かに
話題になっていて、某県議会議員も「スワ、人工地震!」と言ったとかなんとか。
●「地震兵器、世界企業の陰謀......」震災で"トンデモ/デマ"に救いを求める人々
 http://www.cyzo.com/2011/05/post_7231.html

どうなんでしょう?ちょっとだけ解説。

続きを読む


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

次の大地震はどこか?~余効変動~ [ 電磁気で地震予知]

東日本大震災発生から二ヶ月が経過した。あっという間だ。それだけ災害が大きかった
ということか。しかし余震や誘発地震に対してはまだまだ注意が必要で、たとえば
前回の連載記事にも書いたが、日本海溝より海側での大地震が指摘されている。

今回は東日本のどこで次の大地震が起きそうかを私見であるが述べてみよう。
これは地震予知ではない。「もし次の場所で明日(あるいは10年後に)、M8の大地震が
起きたとしても、専門家は驚かないだろう」というレベルの話なので慌てずに読んでほしい。

◆ 房総沖が危ない
房総沖合では、太平洋プレートと日本の地殻の間に挟まっているフィリピン海プレートが、
今回の地震の破壊の連鎖を食い止めたような雰囲気である。
map.jpg
図は”地殻の破壊、茨城県沖で止まった…その理由は?”より。
(www.yomiuri.co.jp/science/news/20110324-OYT1T00611.htm)
元ネタはこちら:東北地方太平洋沖地震、震源域南限の地下構造(JAMSTEC)
http://www.jamstec.go.jp/jamstec-j/maritec/donet/tohoku1103_2/

しかし今後もずっと、破壊が止まったままなはずはない。非常に単純に考えると「今回地震を
起こした地域の隣が危ない」わけで、破壊が止まったその先、房総沖合には歪が溜まっている
はずだ。このことはすでに多くの専門家によって指摘されている。
●地震学者 房総半島沖での大地震発生の可能性を指摘
 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110318-00000000-pseven-pol
また前回の「赤青分布」の図でも、房総沖合の地域f(赤色)には歪が溜まっているようだ。

続きを読む


nice!(12)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

余震は予測できるか? [ 電磁気で地震予知]

これは趣味のブログです。だけれども、前回の連載「地震予知」から1ヶ月以上
あいてしまいました。実は今回の内容は1ヶ月前に下書きが終わっていました。しかし
端くれとはいえど専門家としてどう発言すればよいか、非常に悩みました。そんな折にも
余震はくる。中途半端な発言は慎むべきか、いっそブログもやめちまえ、とも思いましたが
でもまあ、所詮端くれですからね。自由に発言したいと思い直して、続きを書きます。

----
さて地震から1ヶ月半以上が経ったが、4月は余震に悩まされた1ヶ月といえる。
M7余震.jpg
気象庁資料「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第41報)」より
http://www.jma.go.jp/jma/press/1104/28a/kaisetsu201104281700.pdf

ご存知のとおり、M7を越える余震が5つ。4月12日には首都圏に近い房総沖でもM6.4の
余震が起きている。M9.0のために感覚が少し麻痺しているとはいえ、どれ1つとっても
大地震であり、大事件だ。これらの余震をどの程度予測できたのだろうか?

続きを読む


nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

東北地方太平洋沖地震を予知できたか? [ 電磁気で地震予知]

連載「電磁気で地震予知」の続き、今回はこの巨大地震発生の予知について考える。

※ネット検索をしてみると、どこのブログが予知に成功しただとか、霊能者やアイドルが
 予知に成功しただのあるけれど、それらについてはこちらを見てほしい。
 ・富山で地震は起きません:http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2007-09-12
 ・続・最新科学で地震予知は可能か?:http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2009-04-09
 ・未科学的地震予知:http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2009-05-07
 ・宏観異常では地震予知はできない:http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2009-09-08
ここでは至極、まじめに科学的に考える。

地震予知の科学

地震予知の科学

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東京大学出版会
  • 発売日: 2007/05
  • メディア: 単行本


巷ではこんな疑問があるようだ。”今回の地震は実は予知できていたのでは?”
前回、この地震に関わる科学的な謎について述べたので、私の答えは明白である。
    「予知はできなかった」
科学者にとって、今回の地震そのものが従来の仮説に大きな謎を問いかけてきて
いる。予知なんてできるはずがない。M9.0という超巨大地震に対してあまりにも
無力で、日本の地震予知科学は大きな敗北を喫したと言える。連戦連敗でもある。

こんな声もある。
「今回の超巨大地震には、前触れの地震があったんじゃあないの?」

続きを読む


nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(2) 
共通テーマ:学問

今回の地震の科学的な謎 [ 電磁気で地震予知]

連載「電磁気で地震予知」の続き、今回はこの巨大地震発生の謎を考える。
今回の地震は「アスペリティー」と呼ばれる、プレート境界で固着していると
思われる部分が複数同時に割れたことにより、大きな揺れと津波が広域を襲った。
謎とは「なぜアスペリティーは連動して破壊したか?」である。

例えばアスペリティー連動型の巨大地震が想定されている西南日本の場合、
沖合のプレート境界の様子を漫画で描くとこんな感じである。

nankai.jpg
立体的に描いたのでちょっと分かりづらいが、茶色いのが海洋プレート(フィリピン海プレート)。
半透明の灰色の「西南日本」で、沈み込むプレート境界上の様子を青や赤で模式的に示して
みた。西南日本の沖合では、微小な地震活動は平常時はほとんど見られない(※1)。この
ことから、普段はほぼすべっておらず、巨大地震発生の時に一気にずるっとすべるプレート
境界=アスペリティーが複数個、隣り合っていると思われている。1つのアスペリティーが
すべると(アスペリティー間の隙間がないため)すぐ隣のアスペリティーも一緒にすべって
しまう可能性が高い。このため西南日本では、アスペリティー連動型の巨大地震へ注意が
向けられてきた。一方、アスペリティーの上端や下端では大きな地震は起きず、むしろゆっくり
すべる地域があることも知られている(※2)。

一方、東北地方太平洋沖合のプレート境界の様子を漫画で書くと、こんな感じだろう。

続きを読む


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:学問

想定外の巨大地震だったのか? [ 電磁気で地震予知]

私は地震学者ではないけれど、活断層の調査などを行ったこともあるので専門家の
端くれだ。そんな私に古い友人からメールを貰った。そこにはある問いかけがあった。
「なぜ想定外の大地震が起こったのか」「大地震を予測するのは困難だったのか」
他の多くの方も、専門家へ同様の疑問をお持ちかもしれない。
このブログに友人の返事を綴ってみたいと思う。
結論だけ最初に書くと、今回の地震は想定内だったが、想像外だったと私は思う。

---
今回の地震にはさすがに驚いた。驚かなかった専門家はいないだろう。
まず、東北地方太平洋沖地震のおさらいをしよう。地震発生(3/11 14:46頃)から
約1.5日分の余震分布を下記に記す。
japanquakemap_com.jpg
http://www.japanquakemap.com/というサイトより。
 どれくらいの大きさの地震がいつ起きているか、アニメーションで見られる。

余震分布を断面図にすると、右から太平洋プレートが押し寄せて、左側の日本列島の下に
潜り込む様子がよくわかる。その境目の逆断層=プレート境界で今回の巨大地震が発生した。
depth.jpg
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eqarchives/poster/2011/20110311.php

ではこのプレート境界は本震発生時にはどのように壊れて滑ったのだろうか?
実は一気に、一様に、滑ったわけではなさそうだ。下のアニメーションを見てほしい。

続きを読む


nice!(14)  コメント(9)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

東北地方地震…京都に帰りつきました [ 電磁気で地震予知]

昨日、観測史上最大、いや日本の歴史上最大ではないかと思われる(※)
M(マグニチュード)8.8の「東北地方太平洋沖地震」が発生しました。
(※参照 → http://ja.wikipedia.org/wiki/地震の年表)



私はちょうど東京にいて、地下鉄の中で揺れを感じました。
以下は備忘録です。箇条書きにします。
・まず地下鉄車内に聞きなれない機械音(女性の声)で「急停車します、ご注意ください」と
 アナウンスが2回あり、ついで車掌さんの声で同内容が繰り返されたあと、すーっと停車。
・そして揺れが来ました。どうやら緊急地震速報で地下鉄が自動停車したようでした。
・地下鉄車内は長く、ゆっくり大きく揺れました。車内で「怖い」とつぶやく声も聞こえました。
・幸い、車内はガラ空きだったので、乗客は皆、座ったまま揺れがおさまるのを待ちました。
・20分くらいそのまま停車していましたが、停電もなく、車掌のアナウンスも落ちついてました。
・「地下鉄車内が一番安全ですので外に出ないでください」とのアナウンスも。

続きを読む


nice!(8)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

帰れなくなりました [ 電磁気で地震予知]

110311-192753.jpg
会議は終わりましたが、京都にどうも帰れなそうです。
とりあえず、会議のメンバーで食事することになりました。
コンビニに買い出しに行かれたグループ曰く、
商品が無くなりつつあったそうです。

あ、これって被災者だな。
ただ写真をみると単なる酒盛りに見えますが。
nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

地震だ [ 電磁気で地震予知]

110311-152830.jpg
地下鉄に乗ってて地震にあった。とくに被害はなし。
しばらく停車していたが、隣の駅で降ろされた。
上野駅だった。地下にしばらくいたが余震。駅から外に出された。
地下のほうが安全ではないか?
と思いつつ地上へ。

上野駅は凄い人だ。みんな建物の中は怖いので外で立っている。
とりあえず遅刻しているが、仕事へ向かいます。

ただ宮城が気がかりだ。津波、くるぞ。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

津波はなぜ日本に押し寄せるのか? [ 電磁気で地震予知]

前回の記事で「アメリカの対応と比較しても、(日本の対応は)やや慎重にすぎる」
というコメントを頂いていました。確かに下記を見ると、米国西海岸には50cm程度
の津波しか来ていないようです。
●Tsunami Event - February 27, 2010 Chile(NOAA:米国海洋大気庁)
 Model and Data Comparison Plots
 http://nctr.pmel.noaa.gov/chile20100227/chile20100227-modeldata.html

日本にはこれを上回る1.2mの津波が来ているのです。対応に違いがあるのは、
このあたりにも要因があります。ところで、チリからみれば、アメリカよりも遠い日本へ、
なぜ大きな津波が押し寄せるのでしょうか? その理由は2つほどあります。

----
と、解説の前に、、、同じくNOAAによる今回と前回のチリ地震の時の津波の最大波高の
分布を見ておきましょう。これらは数値計算による予測値ですが、観測値と概ね合うようです。
2010ChiliEq.jpg
  こちらが今回(2010年)。原図はこちら。黒~赤が高い津波の海域。
  赤い帯が炎のように日本方面に伸びている。赤=波高40cm位です。

1960ChiliEq.jpg
  こちらが前回(1960年)。原図はこちら
  炎の勢いが増した!黒=2m以上、紫=1m位。

続きを読む


nice!(8)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

大津波警報は大げさだったのか? [ 電磁気で地震予知]

みなさんご存じの通り、27日に発生したチリ沿岸部で発生した巨大地震に伴って
発生した津波は、太平洋を17000kmも横切って、日本に昨日襲来した。


この津波に先立って、気象庁は太平洋沿岸に大津波警報と津波警報を出した。実際、
最大で1.2mの津波が観測されており、沿岸の町や漁業施設に被害が出ているようだ。
●チリ巨大地震、日本に大津波・津波警報 最大1.2メートル観測(CNN)
 http://www.cnn.co.jp/science/CNN201002280001.html

しかし一部では「大津波警報は大げさだったのではないか?」との意見があるようだ。確かに
昨日は朝から晩までほぼすべてのTV画面には津波警報のアラートが表示されていて番組は
見づらかったし、沿岸を走る鉄道が運休したため休日が台無しになった人もいるだろう。
その結果、10cmだの、1mだの高さの津波。「これじゃ台風の時の波の方が高いんじゃね?
大津波って、↓↓こんなのをイメージしてたのに、ぜんぜん大したことないじゃん!」ってね。

デイ・アフター 首都水没 完全版 [DVD]

デイ・アフター 首都水没 完全版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD


果たして 大げさだったのだろうか? 簡単に検証してみよう。

続きを読む


電磁気で地震予知 ~宏観異常では地震予知はできない(14) [ 電磁気で地震予知]

連載「電磁気で地震予知」の第14回目です。前回の「大気イオンで地震予知?」の記事が
某掲示板に紹介されたらしく、多くの人にお読み頂いているようです。ご愛読ありがとう
ございます。その某掲示板を見ていると、以下を地震の前兆と考えてる人が多数おられました。
 ・耳が痛む、眠気がおそってくる。地面から音が聞こえた。
 ・ペットが朝からうろうろしてる、蟻が2階に上ってきた。金魚が暴れた。
 ・お風呂のお湯が濁っている、携帯のつながりが悪い。なんだか臭い。
こういう普段は見慣れない現象を大きな地震の前触れと考えて、地震を予知しようという
試みは昔からあり、「宏観異常現象」という名前も付けられているのですが、
世の中そう簡単には地震予知はできません。今日はそんなお話を。

さて世はネット時代。宏観異常現象とやらも、ネットで日々その増減を見ることができます。
例えば下記サイトでは、地震の前兆かな?と思われる異常現象を、パソコンや携帯から
報告できるサービスを開始しており、集まった異常報告数もWEBで公開しています。
なかなか良いアイデア、良い試みだと思います。
●みんなの力で地震予知しよう!(地震防災チームジスラボ)
 http://jislab.jb-network.org
 ※昔はグラフで公開されていましたが(http://blogmeter.jp/pub2.php?id=5795
  最近は数字のみ公開されてます(http://yochi.j-jis.com/
先日ご紹介しましたNPO法人e-PISCOさんでも同様のサービスがありますが、
ジスラボさんのほうが報告数が多く、実際の地震との対応を考えやすいです。

ではジスラボさんの公開データに基づいて、昨年5月に中国で起きた四川大地震の頃の
宏観異常の報告数変化を見てみましょう。

eq1.jpg
    地震の数日前に宏観異常現象の数が増えている?

続きを読む


nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:学問

電磁気で地震予知 ~大気イオンで地震予知?(13) [ 電磁気で地震予知]

静岡県沖で大きな地震があって10日ほど経ちました。名神高速が通行止めになったりして
大騒ぎでしたが、その後の静岡周辺の皆さんの生活は元に戻ったのでしょうか?
さて、そんな静岡県沖の地震でしたが、あるNPOが大気イオン濃度の異常からこの地震の
前兆をキャッチしたとの発表がありました。しかしこの異常は自然現象とはいいがたいものです。

●駿河湾の地震(M6.5)の前兆とらえる ~予測首都圏大地震とは異なる地震が発生~
 (NPO 法人 大気イオン地震予測研究会e-PISCO)
 http://www.e-pisco.jp/npo/pr/pr090811.pdf

こちらの資料の9頁によれば、緑色のグラフ(静岡県沼津での大気イオン濃度)が8/8~9に
振り切れるほど大きな値を示しています。そして8/11に静岡県沖の地震が発生しました。

fig1.jpg
            概略はこんな感じ

沼津が今回の地震の震源から近いことを考えると、地震の前兆であるにように見えます。
しかしよくよく見るとこのグラフ、変ですよ。

続きを読む


nice!(11)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

電磁気で地震予知 ~地下は硬い柔らかいか?(12) [ 電磁気で地震予知]

連載「電磁気と地震予知」に関連の深い記事が出てましたのでご紹介。

以前、この連載で「地下の構造が均一でない」ことが地震発生の複雑さを決める
要因の一つだと書きました。
●電磁気で地震予知 ~地下の"格差"が地震を起こす(6) 
 http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2008-03-26

今回、岩手・宮城内陸地震でも地下の構造が均一でなく、断層の下に
「軟らかい、液状とみられる領域がある」ことが分かったそうな。

●岩手・宮城内陸地震 断層下に液状領域 誘発の可能性 (毎日新聞)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090607-00000004-maip-soci
     
 図は地震学会ニュースレター(vol.20 no.4 )より(一番下に載ってます)
 ちょっと以前の解析結果のようですが。
 その他、観測時の様子はこちら、観測点分布はこちらにあります。

上記の毎日新聞の記事は端折りすぎなので補足すると、、、

続きを読む


nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
前の30件 | 次の30件  電磁気で地震予知 ブログトップ
メッセージを送る