So-net無料ブログ作成
検索選択

福岡での大規模陥没の理由はなにか? [▼科学ニュース New!]

皆さんの記憶にも新しいと思いますが、これ、大事件でした。
●博多の地下鉄、工事再開難航 道路の仮復旧は14日にも(2016.11.10)
 http://www.asahi.com/articles/ASJC951MYJC9TIPE01Y.html
 (下記写真も上記記事から)
 chika2.JPG

博多の陥没は地下鉄工事に伴うものです。
chika.jpg
 平成25年12月議会第4委員会報告資料(福岡市)に加筆。赤い部分が
 建設中の地下鉄の駅。その右端でトンネルが崩落し、真上の道路が陥没。
 http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/37615/1/251219houkoku-koutsuu1.pdf

1月17日に出された施工者の報告書では、トンネル崩落の様子が詳しく書かれて
いるようです。死者が出なかったのが不思議なくらいの大事故でした。
●博多陥没「砂、津波のよう」 JV報告書 作業員証言生々しく
 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/301780

その原因は?対策は? NHKでは繰り返し、解説されています。
ざざっとまとめてみました。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

あしあと帳 [▼このブログについて]

こちらはあしあと帳です。
気軽にひとこと、コメント欄へ残していただけると嬉しいです。

このブログへの質問などはこちらでも受け付けています。
http://blog.so-net.ne.jp/goto33/2005-10-3

人気ブログランキングへ

なお古い過去記事へのコメント、トラックバックも大歓迎です。
nice!(22)  コメント(78)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

Q & A [▼Q&A]

この当ブログへのご意見・ご質問などがございましたら、こちらのフォームをお使いください。
送信者のアドレスや氏名の個人情報は、管理者にも読者にも分かりません。ご安心を。

海の研究者に質問!

 ・おもしろかった、わかりにくかった、などのご感想
 ・海や地球に関する一般的な質問(例:マントルってなんですか?)
 ・研究に関する質問(例:どうやったら研究者になれるの?)
 ・So-net Blogに関する質問(例:使いやすい?使いにくい?)

ご質問については可能な範囲で回答させていただきます。
回答内容の詳細については、別途"新規記事"のうえでさせて頂く予定ですが、
メールでのご返答を希望される場合はその旨をフォーム中にお書きいただければ幸いです。

なお各記事個別のご感想・ご質問は、当該記事の下のコメント欄にお書きいただいても
問題ありません。どうぞお気楽にご意見などをお寄せ下さいませ。

人気ブログランキングへ

あしあと帳もつくりました~
http://blog.so-net.ne.jp/goto33/2005-10-3-1


nice!(30) 
共通テーマ:学問

海と地球の本・DVD [▼科学ニュース New!]

ときどき手動更新する"非"ライブリンクです。


nice!(52)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

月別の記事一覧 [▼ブログ管理]

月毎の記事一覧です。
()内は月毎の記事の数です。

calender.jpg

続きを読む


nice!(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大炎上政治のはじまり [▼科学ニュース New!]

世の中には「炎上商法」というものがあるらしい。正しくは炎上マーケティングと言うべきか。
炎上とは、SNSなどでの過激な発言に対して、批判的なコメントが殺到する状態を指す。
ある商品に関して炎上が起きれば、その企業は大打撃を受けるであろうと思われる。
ところが、、、実際には炎上によって商品が売れることがある。
意図的にこれを仕掛けることを、炎上商法と呼ぶらしい。例えばこちらはその疑い例。
●また炎上商法?キンコン西野が絵本の無料配信に仰々しい理由をこじつけたワケ 
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170123/Asajo_22953.html

近年はこれと同じ方法を、政治に使う傾向が強まっているように思う。例えばこちら。
アメリカって最近まで、テロ容疑者の尋問で水責めをやってたんやね。ゾゾー。
●トランプ大統領「水責めの拷問復活だ」
 http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/26/trump_n_14412718.html

22086904682_39fe74656c_z.jpg
 Ginger Trump by Manuel (protected by CC License)
 https://www.flickr.com/photos/9660499@N08/22086904682/

この水責め復活は、トランプ新大統領が当選前から主張していたことだ。
●トランプ氏、米当局による「水責め」復活を呼び掛け(2015.11.23)
 http://www.afpbb.com/articles/-/3067717
● トランプ氏、「水責め」などの拷問を改めて支持(2016.03.08)
 http://www.cnn.co.jp/usa/35079176.html

続きを読む


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

替え歌にモノマネ、ガンプラ(1) [ ブログ著作権メモ]

久々の本シリーズ「ブログのための著作権メモ」。更新のキッカケはこちら。
●森のくまさん 替え歌CD販売中止を 歌詞翻訳者が要請
 http://mainichi.jp/articles/20170119/k00/00e/040/140000c
 (以下、引用)
 ・米国民謡だった童謡「森のくまさん」
 ・お笑い芸人とレコード会社がパロディー作品を作って販売
 ・歌詞の翻訳者がCDの販売中止・回収と慰謝料を要求
 8506030103_e2a0459f38_m.jpg
 karhu_kokokuva by Antti Peltonen (protected by CC License) 
 https://www.flickr.com/photos/anttip/8506030103/
 クマーー!  ※ご注意

替え歌って普段からよくテレビでみるし、Youtubeでもみるし、何が問題なの?
と思う人が多かったはず。いやいや、著作権法とは実に恐ろしい(?)法律なんですよ。
替え歌をYoutubeにアップしたり、ストリートライブでモノマネを披露したり、
あるいはガンダムのプラモデルの写真をブログにアップ。厳密にはこれらはすべて
著作権(著作者人格権)の侵害なのです。 順に見ていきましょう。

1)替え歌はナゼあかんのか?
著作権法では最初に作品を作った人=著作者を徹底的に保護します。替え歌の場合、
元となる有名な歌があるはずです。元の歌の作詞家(外国の歌の場合は翻訳者)が
替え歌に対して、「自分の歌詞を変な感じに変えられた!」と怒るかもしれません。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:学問

深海の音 [▼科学ニュース New!]

先日、こんなニュースが。

●北極圏の海底から謎の音、動物も消えた? カナダ軍が調査へ
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-00000046-jij_afp-int
 Arctic.JPG
 https://openclipart.org/detail/266078/arctic-scene-3

ミステリー!? 以下引用です。
・北極圏に位置するカナダ北東部の沖合で、海底から複数回にわたり奇妙な音
・イッカクやホッキョククジラ、アザラシなどが見られなくなった
・地元住民を困惑、軍はパトロールの実施、専門家らを派遣

これ、どうやら去年から続いていたようです。

続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

小池都知事は危機管理能力に乏しい [▼科学ニュース New!]

先週の話だが、東京都の豊洲市場問題がまた賑やかになっている。
●豊洲地下水まだ有毒 最終結果で衝撃の基準値超え
 http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1765496.html

この見出しにある「最終結果」というのがそもそもおかしい。
今回(第9回)の調査では、72カ所で環境基準をを上回る(最大約79倍)ベンゼンを検出。
またヒ素やシアンも検出された。しかし、前回(第8回:昨年11月発表)でも3か所で
基準値を超えるベンゼンとヒ素が検出されている。小池東京都知事もこう語っている。
●小池知事定例会見録(2017.1.21)
 http://www.sankei.com/premium/news/170121/prm1701210029-n13.html
(以下引用)"1回目から8回目(※)まで数値が上がってこなかったのが、突然、8、9回目で
大きく跳ね上がるというのは一体どういうことなのか(中略)私も当然そのように、非常に
疑問を感じているところであります" (※注:おそらく「1回目から7回目」の誤り)

それならば、前回の8回目に疑問を感じておくべきだっただろう。そして「最終結果」と
いうつもりであったのならば、もっと万全の体制で地下水調査にのぞむべきだった。
・例えば第9回の地下水サンプルはどこかに保管されているのか?
・同じ地下水サンプルを複数社に測定させるなど、クロスチェックをしていたのか?

 3486090800_c6ee41751b_z.jpg
 Toyosu by Hajime NAKANO (protected by CC License)
 https://www.flickr.com/photos/jetalone/3486090800

しかしどうやらそういう万全さはなかったようである。

続きを読む


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

1億2100万画素の地球 [▼科学ニュース New!]

♪ 出会いは、億千万の~

THE GREATEST HITS OF HIROMI GO

THE GREATEST HITS OF HIROMI GO

  • アーティスト: 阿木燿子,唐沢晴之介,来生えつこ,岩谷時子,安井かずみ,橋本淳,秋元康,森雪之丞,南風沙子
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 発売日: 1994/11/02
  • メディア: CD


というのは郷ひろみさんのヒット曲ですが、今日の昼休み、こんなニュースを見ました。

●ひまわり9号が初撮影した「美しい地球」の高解像度画像をご覧あれ
 http://sorae.jp/10/2017_01_25_hi.html
(以下引用)"ただただ、その存在感に圧倒されてしまいます。昨年11月にH-IIAロケットによって打ち上げられた、静止気象衛星「ひまわり9号」。そのひまわり9号から、圧倒的な存在感を感じさせる「初となる地球の画像」が送り届けられました"

desktop.JPG
 画像をさっそくダウンロード。私のパソコンの壁紙にしてみました。
 地球がひしゃげちゃってますが、オリジナルの画像はもちろん真ん丸です。

続きを読む


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
メッセージを送る