So-net無料ブログ作成

査読とは(6) ~論文掲載の可否~ [ 連載 Old..]

シリーズ連載「査読とは」、今回を含めあと3回です。

査読者から査読結果が返送されれば、編集者の重要な仕事が始まる。まず査読結果が妥当かどうかを編集者が判断する。前々回前回に述べた点を査読者が留意しているかどうかをチェックする。再査読時(1度目の査読結果を元に著者が修正した原稿をもう一度査読する時)には、注意点が一つ加わる。原則として、1度目の査読で指摘しなかった事項を再査読時に新たに指摘してはいけないのだ。査読者と著者のやり取りを重ねて最終的によい原稿ができることが大事ではあるが、こうしないといつまでも査読が終わらず、査読者も著者も編集者も疲れ果ててしまう。

査読結果が妥当で、その判定結果が掲載可ならば、編集者は著者へ査読結果を送付し原稿受理の連絡をする。これで編集者の仕事はほぼ終わりである。あとは著者と事務局(印刷所)間で最終原稿の取り交わしや初稿のチェックなどを進める。一方、判定結果が要修正ならば、著者に査読結果を送付し修正箇所を連絡する。査読者が匿名の場合は匿名性を維持するよう注意する。最近は査読結果が電子ファイルとして送られてくることも多いが、査読者の使用ソフトによってはファイルの作成者名や会社名がファイル情報として残っている場合がある。このファイルをそのまま著者に送ってしまうと査読者名がもろバレである(実際私自身が論文を投稿した際に匿名査読者を知ってしまったことがある。知った側もなんとなく後味が悪い)。編集者は査読結果のファイル情報を必ずチェックしよう。学会によっては編集者が匿名の場合もあり、同様の注意が必要である。

編集者にとって最大の問題は「査読割れ」である。査読割れとは、2名以上査読者がいる場合に、査読者A氏が掲載可、査読者B氏が掲載不可の判定を行った状態を指す。例えばアイデアは新しいが発展途上な印象のある論文の場合、査読者Aが斬新さをとって掲載と判定し、査読者Bが未完成さから掲載不可と判定することがある。この場合は、査読者からの判定を参考として、編集委員会で掲載可否の最終判断を行うことが一般的である。論文の内容保証は、査読者ではなく学会がするのである。ケーススタディー(→第4回注参照)を取り扱った論文も査読われを引き起こすことがある。このケーススタディーが学会員にとって有用か?あるいは目新しさがなく掲載の価値がないか?どちらを最終判断とするか、毎回悩ましい。

いずれにせよ査読割れの場合は、査読者と編集委員会の判断が異なるので、納得いかない査読者が必ずいる。その場合どうするのか?掲載された論文に対して不満がある査読者には、学会誌に意見(Comment)をよせてもらう。意見が寄せられれば著者にはそれに対する返答(Reply)を書いてもらい、双方を学会誌に掲載する。公の場で議論をしていただくのである。これらの意見や返答に対する新たな意見も学会誌に掲載する。こうすることで学会誌はより活気づく。一方、査読割れ後に掲載不可だった論文に、掲載可の判定を出していた査読者は、編集委員会に個人的意見をよせる以外はできることはない。査読者から著者へ連絡を取り、論文を練り直して両者で共著として論文を出しなおすことは可能だろうか? ただあまり聞かない話である。

つづく。

人気ブログランキングに投票

※この記事の続きをよむには、サイドバーの「カテゴリーの紹介」をご覧下さい。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 1

英文校正エナゴ

英文校正のエナゴと申します。
弊社のブログでも査読の注意点や要点などを記事にしておりますので、
ぜひご覧になってみてください。
http://www.enago.jp/blog/category/%E6%9F%BB%E8%AA%AD%E8%80%85%E3%81%B8%E3%81%AE%E8%BF%94%E7%AD%94/


by 英文校正エナゴ (2011-08-08 17:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1