So-net無料ブログ作成

メタンハイドレートのシャボン玉 [ 科学ニュース Old..]

asahi.comなどに載ってますが、日本海でメタンハイドレートの「泡」が見つかったそうです。
海底から「泡」の柱 メタンハイドレートの撮影に成功(asahi.com)

東京大学の松本先生やJAMSTECの研究者が、ROVハイパードルフィンを日本海に派遣
した結果、メタンハイドレートが泡のように立ち上っている様子の撮影に成功しました。
日本海の「この場所」は、私にとってもおなじみです(こちら→

asahi.comには写真がありますが、様子がよくわかりません。
聞いた話と見せてもらった映像によれば、たぶんこういうことのようです。


  上昇するメタンガス、その周りに膜状のメタンハイドレート

地下から海底にあがってきたメタンガスは、そのままではほとんど海水に溶け込むようで
す。しかし日本海の海底は1℃を切る低温なので、メタンガスの一部は海水中でハイドレー
ト化するようです。「メタンハイドレートのシャボン玉」のような感じでしょうか?

asahi.comの写真の容器(=円錐を逆さにしたもの)には、この浮かびつつある「メタン
ハイドレートのシャボン玉」がたくさん溜まっているようです。

記事には「海底から数十センチの高さでハイドレートに変化したものらしい」とあります
が、メタンガスがハイドレート化するにはある程度の時間が必要でしょう。フラフラと浮
き始めたガスの周りがハイドレートになるというよりは、海底直下で浮こうか浮くまいか、
引っかかっているようなメタンガスの泡の周りがハイドレート化するように私は思います。

さてこれが興味深いのは、「メタンハイドレートのシャボン玉」が、海水に溶けやすいメ
タンを大気中へ運ぶ仕組みになることです。メタンガスは二酸化炭素の21倍の温室効果を
もたらすと言われてます。ということは、1) 氷河期に、2)メタンガスが海底にたくさん
供給されれば、3) メタンハイドレートのシャボン玉によって、メタンガスが効率よく大
気中へ運ばれて、4) 温暖化が促進されて氷河期が終わる、ということになります。メタ
ンハイドレートが地球の温度を調整している?? ほんとかなぁ…?
しかし一つの発見がこういう地球進化のストーリーを想像させてくれるのは興味深いです
ね。

人気ブログランキングへ

一方で地球温暖化は、その原因や対策をめぐって様々な意見が飛び交っています。
例:地球温暖化の原因と対策、できることは何もありません?(Technobahn)
 http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200702141950
どのモデルでもメタンハイドレートの効果はあまり考えられていないようですが、直に絡
んでいくのでしょうか? かなりコンガラガッテきましたね。


nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

nice! 5

コメント 5

MANTA さんの所なら解説がありそうなので来てみました。

asahi.com の記事だと、泡が完全にメタンハイドレートになっているかの印象を受けたのですが、周辺だけなのですね。

おかげさまで、良く分かりました。
ありがとうございます。
by (2007-03-05 01:35) 

honyapin-turedure

メタンハイドレートって何だったっけ?(も一回前記事読み直さなきゃ)と お間抜け言うようなモノ知らずですが・・・おっしゃる通り地球の進化に関わる出来事なのだとしたらというところでビビッときました。興味が少しですが(^^;)出てきました

ドラえもんの件、教えていただいてありがとうございました。色々なパターンがあるんですねー;
by honyapin-turedure (2007-03-05 10:42) 

MANTA

- たぶん上の解説であってるとおもうんですけど… > こーすけさん
東大にもJAMSTECにもプレス発表資料がでてないんですよねー
「泡」ですからね、メタンハイドレートの塊がフワフワ浮いてるのでは
ないと思います。

- 大丈夫!大丈夫ですよ。> ほにゃぴんさん
asahi.comの「be on Sunday」で分かりやすく解説されています。
Googleなどで「今さら聞けない  メタンハイドレート」で検索してみてください。当ブログの過去記事でしたらこちらかな?
http://blog.so-net.ne.jp/goto33/2006-02-24
あと、日経の取材を受けた際の「メタハイへの思い」はこちら
http://blog.so-net.ne.jp/goto33/2006-11-22
by MANTA (2007-03-05 12:57) 

ハニーm

近頃は、文書実務からブログご指南までお忙しいですね。
手持ちの1996年7月の新聞記事に、
「日本近海の埋蔵量はざっと六兆立方メートルで日本の年間の
天然ガス消費量の百年分に相当…」 と書かれています。

もう10年後の海の環境はどのようでしょう、想像するのが怖いような…
by ハニーm (2007-03-05 19:23) 

MANTA

- ハニーmさん、ブログ指南なんてとんでもない!教わることばかりです。
あ、前の記事のようなちょっとした技ですか?アレも人に習いました(^^)
みんなで真似しましょー!

>天然ガス消費量の百年分
そうなんです、それでも百年分しかないんですよね。それをどう生かすのか?
海の環境はどう守るのか?というか、いまもゴミだらけですが…
人類、このままでよいのかな…悩みますね。
by MANTA (2007-03-05 23:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1