So-net無料ブログ作成

水中ロボットはイルカの夢を見るか? [ 科学ニュース Old..]

今日のカガクニュースは水中ロボット関連を4連発!
まずはこちら。
●「映画とは違う」Jキャメロンの潜水艇
 http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2012030902
あの映画「タイタニック」の監督が、世界の海の中で最も深い場所、マリアナ海溝の
チャレンジャー海淵(水深10920m)への潜水に挑戦するんだって!!
ジェームズ・キャメロンは深海SF映画「アビス」の監督でもある。
やっぱ、自ら潜りたいんだね(そしてこれもドキュメント映画化か?)。

アビス (完全版) [DVD]

アビス (完全版) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD


使用される潜水艇「ディープシー・チャレンジャー号」は普通の潜水調査船と違って、
大人一人が立ったままの状態で、海底まで往復するらしい。すでに水深8200mまでの
テスト潜航済みで、あと数週間のうちに世界最深部へ挑戦するそうだ。成功すれば
1960年にジャック・ピカールとドン・ウォルシュの二人が潜水艇「トリエステ」で人類初の
最深部着地を果たしてから、50年以上ぶりの有人潜水になるね。
お、これで日本も「しんかい11000」を造る気になるかしら??

※こちらは本物の「しんかい6500」 (→こちら

そういえばどこかで見たけど、民間宇宙旅行に熱心なヴァージン・グループ、最近は
深海探査にも乗り出しているとか。いつのまにか深海ブーム??

----
2番目はこちら。
●「新型海中探査機」名称決定!(JAMSTEC=海洋研究開発機構)
http://www.jamstec.go.jp/j/jamstec_news/auv_naming/result.html
JAMSTECさんが、新型の水中ロボットを作っていて、昨年その名称募集がありました。
これは先輩のロボット「うらしま」と似ていて、ロボット単独で自動航行が可能なタイプ。

こちらが先輩の「うらしま」。かっこいい!

しかも「うらしま」より小型。ってことは「おとひめ」がいいんじゃない?
「うらしま」と「おとひめ」の2台のランデブーなんて素敵!と思って応募しました。
が、あえなく落選。しかし「ゆめいるか」かぁ。。。かわいいけど、ちょっと気恥ずかしい
名前だなぁ。「ゆめいるか、着水スタンバイ!」って、掛け声が今後 調査船に響くわけね。

----
お次はこちら。
●海洋探査の新時代
 http://jp.wsj.com/World/node_406398
自動航行ヨット型のロボット「ウェーブ・グライダー」の特徴は、波の力を利用して
電力を得ること。つまり、漂っている限り、生き続けるロボットなのだ。なるほど、
これなら海のはるか沖での気象情報とか、測定し続けてくれるかもね。

----
最後はこちら。
●メタンハイドレート海洋産出試験におけるROVのトラブル発生と対応について
 (JOGMEC=石油天然ガス・金属鉱物資源機構プレスリリース)
 http://www.jogmec.go.jp/news/release/docs/2011/newsrelease_120312.pdf
先日も当ブログで取り上げたように、現在 掘削船「ちきゅう」が愛知県沖合で
メタンハイドレートを試掘中なんだけど、掘削の様子を海底で監視している有線式
の水中ロボットが、ケーブルが切れてどっかに行ってしまったみたい。あらら。
おそらくメタンハイドレートが掘削中に海底に漏れていないかどうかを調べるロボット
なんでしょうね。代わりのロボットが必要だそうで、そこで登場するのが、おなじみ
JAMSTEC! ではなくて、JOGMECの新型水中ロボット!おおめずらしい、と思ったら
今回が初出動らしい。。。がんばれーーー(ちょい不安)

新規作成_1.jpg
JOGMECプレスリリースより。こんなとこで掘ってるのね。

追記:コメント欄で知りましたが、Googleがストリートビューの海底版をあらたに始める
そうです。水中カメラで撮影だとか。あれ?でもカメラの位置はどうやってしるんだ?
水中ではGPSは受からないのだけれど…興味津々。(みきぱぱさん、サンキューです!)


nice!(3)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 3

コメント 7

艶☆2号

ゆめいるか、いい名前だなぁ!と思ってたのですが
掛け声までは考えませんでした・笑
深海ブームがきたらいいですね~
宇宙も好きですけど、私は深海も大好きです!
by 艶☆2号 (2012-03-15 11:55) 

みきぱぱ

先日JAMSTECで水中ロボコンが行われました。
参加者は前回よりも少なかったですが、モノづくりが好きな人達が集まった、面白い大会でした。

by みきぱぱ (2012-03-16 01:06) 

MANTA

艶☆2号さん、「ゆめいるか」はいい名前だと思いますが、開発者や船乗り
の方々の男っぷりを知る私としては、複雑な思いです(笑)
といいながら、私自身も「おとひめ」なんて名前で応募しましたが。

みきぱぱさん、お疲れ様でした。最近、Makeというサイトを良く見ています。
水中ロボコンの方も参加されているのでしょうか?結構にぎやかなようです
ので、水中ロボコンの方ももっと盛り上がると良いですね。

海ブーム、来るといいですね。たとえば上記の「ウェーブ・グライダー」、
どこにいるかをGoogle Mapで見ることができるらしい。
こういうみんなが参加できる感じになると流行るかもねぇ。
by MANTA (2012-03-16 08:18) 

みきぱぱ

MAKEには水中ロボコンにも参加した有名人がいます。昨年から社会人になりましたが、モノづくりにかける情熱というか、すごい才能の無駄遣いは相変わらずのようです。

バージングループ会長のリチャード・ブランソンも近々マリアナへチャレンジしそうですね。
http://www.virginoceanic.com/

Google Mapといえばこんな試みもあるそうです。
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2863212/8584490
by みきぱぱ (2012-03-16 12:34) 

MANTA

>MAKEには水中ロボコンにも参加した有名人がいます。
やはりそうですか。いろいろコラボできると、輪が広がりそうですね!
ヴァージン・グループのお話も載せようかと思いましたが、文量の都合で割愛
しました。彼らは宇宙旅行も手がけていますね。いかにもアメリカ人ですねぇ。

Googleの「海底ストリートビュー」のご紹介もありがとうございます。
本文に追記しました。
by MANTA (2012-03-16 12:46) 

MANTA

続報:どうやらJAMSTECさんの新型AUVは実は3台あって、うち1台の名称が
「ゆめいるか」だけど、別の1台は「おとひめ」というらしい!!
やった、当選だ!! なんか、おくれ~ (笑)

by MANTA (2012-04-04 12:53) 

MANTA

マスコミにも公開されたようです。
●深海の資源など無人探査…新型3機を同時公開
 www.yomiuri.co.jp/science/news/20120405-OYT1T01102.htm
「ゆめいるか」「じんべい」「おとひめ」の3機が公開されたそうです!
私が名付けた「おとひめ」に会える日が楽しみです!
(あのーーー、賞状とかないのかしら。。。)
by MANTA (2012-04-06 12:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0