So-net無料ブログ作成

京では日本酒がマスト [ 京都で暮らす]

20131012_195431.jpg
ご存知ですか?
京都では乾杯は日本酒と条例で決まってるのです!

というわけで日本酒で。利き酒。
神聖に、慶長小判というお酒、そして黄桜の濁り酒。
飲まないと罰則があるのです(うそ)
なので仕方なく飲みます(うそ、嬉々として呑む)

場所はまた後でアップします〜(追記)
場所はこちら。
DSC_0014.JPG
四条烏丸にある「COCON KARASUMA:古今烏丸」さん。
四条烏丸界隈はビジネス街ですが、最近はレストランとかミニシアターとかが
でき始めていて、ちょっとオシャレに賑わっています。
(一方、四条河原町方面はいかがわしいお店が増えたなぁ…)



DSC_0010.JPG
ここで期間限定(10/1~12/8)で開かれているのが「京都伏見Sakezo Bar」。
伏見の銘酒をお手軽な価格で楽しめる日本酒Barです。今年で3年目?4年目?
今回はさらに充実! (特におつまみが。お寿司も食べられます)
1枚目の写真右上のはタコのアラビアータだったかな? 

DSC_0009.JPG
会場はこんな感じ。ビルの一角をお借りしての営業です。ちなみに写真だと
空いてるみたいですが、この数分前まで満席でした。たぶん、気軽に立ち寄って
日本酒を軽く1杯飲んで行かれる方が多いのでしょうね。

開催期間など、詳細は下記をご覧ください。
●始まりました。伏見の清酒バーがCOCON烏丸に期間限定オープン!!
 (伏見・日本酒便り 伏見酒造組合ブログ)
 http://maruta.be/fushimi/341
また蔵元さんが来られている日もあるらしい(下記にスケジュールあり)。
●松本酒造“蔵元DAY”が開催されました(伏見・日本酒便り 伏見酒造組合ブログ)
 http://maruta.be/fushimi/349

日本酒が苦手な人にも、飲みやすい濁りにごり酒とか(上記の黄桜のはお薦め)、
あと1枚目の写真に写ってますが、宇治茶+日本酒の「はんなりロック」もあります。
ただできれば、もうちょっと甘めの日本酒カクテルがあるといいなぁ~と、
日本酒が苦手な家内。たしかに。爽やか目のジュースで日本酒を割っても美味しいし
「はんなりロック」に砂糖を入れてもいいかも。
そういえば「乾杯に日本酒」ってのも実は難しい。みんな、そんなにお酒に強くないから。
ビールが好まれるのは、アレくらいの度数だったら何杯か飲めるからだよね。
例えば乾杯用の日本酒を作るのはどうだろう。あるいは日本酒ハイボールとか、
日本酒モヒートとか。こういうのが日本だけでなく、世界で流行ると面白いね。

フレンチ!イタリアン!中華! あらゆる料理に日本酒を! モダン酒道

フレンチ!イタリアン!中華! あらゆる料理に日本酒を! モダン酒道

  • 作者: 伊澤 治平
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2012/12/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



Discover Japan (ディスカバー・ジャパン) 2009年 12月号 [雑誌]

Discover Japan (ディスカバー・ジャパン) 2009年 12月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: エイ出版社
  • 発売日: 2009/11/06
  • メディア: 雑誌


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 4

コメント 4

MANTA

あ、ちなみに京都の日本酒で乾杯しよう!という条例は下記。

乾杯はビールでなく日本酒で! 条例制定広がる 酒どころの京都・伏見や兵庫・西宮など
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130820/wlf13082012000016-n1.htm
by MANTA (2013-10-13 08:59) 

MANTA

あれ? 地図が表示されていない。どうやらSo-net Blogの不具合のようです。
ご容赦下さい。
by MANTA (2013-10-13 12:01) 

アヨアン・イゴカー

>京都では乾杯は日本酒と条例で決まってるのです
知りませんでした。地産地消は望ましいことだと思いますが、条例があるのは意外でした。
日本酒が劣勢に立たされているのには、安価な発泡酒などにもその原因があるとは思います。安価な酒類が増えるとアルコール中毒患者も増える可能性もありますから、ある程度の価格を維持していることは、健康な生活のためにはいいことではないかとも思います。
by アヨアン・イゴカー (2013-10-14 13:34) 

MANTA

>日本酒が劣勢に立たされているのには、安価な発泡酒などにもその原因が
>あるとは思います。
アヨアン・イゴカーさん、激しい価格競争は既存の名品をいとも簡単になぎ倒し
ますから、その側面はあるとおもいます。

ただ私自身は価格だけが問題とは思っていません。随分以前の新聞記事
でしたが、日本酒の販売低迷について、大手酒造メーカーは「仕方がない」と
コメントしていました。甚だ呆れた、同時にガッカリした覚えがあります。

日本酒条例の開始に伴って、日本酒メーカーでは乾杯用日本酒を一部
無償提供しているらしいです。その甲斐もあってか、日本酒の販売量は
少し上向いているらしい(2013-10-13 08:59コメントの産経記事)。

サントリーも「ハイボール」で売上UPだそうです。ようするに商機をいかに
見出すかのようです。これって国際社会での日本のあり方そのものかも?
下記:古くて新しい製品「サントリー・ハイボール復活物語」(PRESIDENT)
http://president.jp/articles/-/5691

by MANTA (2013-10-16 12:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0