So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

年末なので、つぶやきをつぶやく(1) [▼研究実況 Now!]

Twitterは自分のメモ(落書き帳)として使っていますが、街で見かけた事とか
他人の気になる会話(つぶやき)も勝手につぶやいてます。年末ということで
ネタが溜まってきましたのでブログ記事にしてみます。
※いままでに6回ほど、同様の企画をやってます。
http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2010-07-11
http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2011-01-03
http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2012-10-13
http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2014-02-09
http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2016-12-18
http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2016-12-19

<子供の日常:その1>
  • santa.jpg
     マツコか、ゴジラか、サンタクロースか(Openclipartより)

    1つめは赤ちゃんとお母さんの会話。赤ちゃん、デカイものが好きなんでしょう。「マツコ」や「ゴジラ」は街角にあったポスターかな? でっかく育ってね!
    2つめも親子の会話。男の子、すくすく育ってね(横方向ではなく上下方向に)。

<子供の日常:その2>
  • 子供の声はよく響く。1つめはエレベータを目にした男の子。エレベータ、珍しいのかな?マンション暮らしではなくって、一戸建てかな? エレベータを知らない子供時代って、平成の日本ならむしろ「豊か」になっちゃうかも。
    2つめは小学生の子供同士の会話。昨年の年末に聞いた。大人の会話を真似してるんだろうね。あと年賀状を送り合うのかしら?
    otosihball.JPG
    そういえば今年のはじめに次のようなニュースもありました。
    子どもたちにはぜひ夢を持ってほしいし、大人も夢を与えなきゃ。そのためには大人が夢を持たないとね。
    ●男児の夢、学者・博士が2位=ノーベル賞効果で急浮上―第一生命調査
     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170106-00000088-jij-soci

まだまだつづくよ。
<科学って…?>
  • 今度は大人の会話。1つめはビジネスでありがちな光景。携帯にメールに多言語と、技術・電力・時間の無駄遣い。でもしゃーないね、伝えるって大変。人間はアホな生き物なのだ。
    2つめは、電車内での会話。遊園地のアトラクションの話らしく、立体映像+床の映像=4Dということか?ところで3Dの「D」って、みんな何か知ってる?この調子なら5Dや10Dも夢じゃないね。

Oldman.JPG
<年を取るということ>
  • 最後はお年寄りの方々の会話。元気なお年寄りは声もでかい(特に関西)。1つめは、関西人の代表のような芸能人のことをお年寄りが喋ってる。高知出身とは私も知らんかった。小さなことからコツコツと!
    2つめは飲み屋にて。初老のお二人の会話。その通りでもあり、その通りではなし。3つめはスーパーにて。いつも食べている「新米」を探されていたが、見当たらないそうだ。12月上旬の事だったので「もう新米はないやろ」と思ったけど、調べてみたら収穫年の12月31日までに精米・包装されたのは新米だそうな。そうなのか。
    4つめは、エレベータを降りた私に老人が発した言葉。「若い人は健康のため、歩くべきだ!」という老婆心からなんやろう。とはいえ、きっとこの方は見た目でわからない病気を抱えた人とか、妊娠初期の女性とかにも同じ言葉を日々浴びせかけているんだろう。

まだまだネタが残ってるので、続きます。
nice!(3)  コメント(2) 

nice! 3

コメント 2

伊牟田勝美

こうしてメディアが取り上げるから、デタラメ地震予知も続いていくわけですね。

理科離れが進んでしまったメディアに、デタラメ地震予知を科学的に見抜く力は無いとは思いますが、予知内容が使い物にならないくらいは分かっていると思います。
なぜなら、デタラメ地震予知は成功率を稼ぐために期間・場所・規模を極端に緩くするので、実用性がないくらいは簡単に分かります。
例えば、村井氏は日本中を危険地域にしてしまっています。

ところが、これがメディアからすれば好都合のようです。
なぜなら、日本中を危険地域に指定しているので、日本中の読者に売ることができるのです。
多くの読者は、自身が住む地域以外への関心は低いものです。
なので、できるだけ多くの人に買ってもらうためには、広い範囲を危険地域に指定するタイプの地震予知が好都合なのです。

例えば、2016年の地震を完璧に予知していたとします。
被害地震は熊本地震だけですので、熊本県以外は安全となっているわけです。
こんな雑誌は、熊本県に所縁のない人には売れません。

メディアとしての責任を放棄し、営利の追求しかしないようでは、いずれメディアとしての機能を失うのでしょうね。
by 伊牟田勝美 (2017-12-29 16:50) 

MANTA

おそらくはこちらへのコメントですね? > 伊牟田勝美さん
http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2017-12-27

>例えば、2016年の地震を完璧に予知していたとします。
>被害地震は熊本地震だけですので、熊本県以外は安全となっているわけ
>です。こんな雑誌は、熊本県に所縁のない人には売れません。

なるほど、そうですね!
結局、毒にも薬にもならないから、メディアに載ると。
まあそうかもしれませんね。そしてそんな無責任な報道を許している
私達一般市民にも大きな責任があるのでしょう。
本当に大事なことは報道されず、どうでもいい事ばかりをメディアを
通じて一生懸命共有するわけですから。
(例:昨今の相撲問題とか、芸能人の不倫とか)

by MANTA (2017-12-30 15:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント