So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

追記:台風の予想は正しかった [▼科学ニュース New!]

先の台風の記事への追記です。
今回、諸事情で出勤せざるを得なかったのですが、
どの時刻に台風が最接近するかを知る必要がありました。

ところが気象庁のサイトがあまり役に立たない。
Typhoon.JPG
※気象庁HPより(https://www.jma.go.jp/jp/typh/

いま台風がどこにいて、何時くらいにどこにいそうかは、この地図から
わかります。でも私が知りたいのは、何時頃に最接近するのか?
その時はどれくらいの雨が降り、どれくらいの風が吹くのか、です。
雨は「雨雲レーダー」とか「雨雲の動き」でみることはできます。
●レーダー・ナウキャスト(降水・雷・竜巻):全国(気象庁)
 https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/
●近畿地方の雨雲の動き(予報)(日本気象協会 )
 https://tenki.jp/radar/6/rainmesh.html
同じような機能は「Yahoo!天気」にもありますね。
私は普段はYahoo!天気を活用させてもらっています。

ただし上記サイトでは、風の強さはわからないし、台風の中心がどこを
通りそうかもわかりません。予想できる未来(時間)も限られています。
そんなときはいつも、こちらのサイトを見ています。

●GPV天気予報
 http://weather-gpv.info/
こちらは実は、気象庁の数値予報に基づいた情報可視化サイトです。
以下、詳細です(同サイトページより引用)。
・GPVとは気象庁や米国海洋大気局等の気象予測モデルをスーパーコンピュ
 ータで計算した予測値を指します。 気象予測モデルには、低解像度で長期間
 の予測をするモデルや高解像度で短期間予測するモデル、波浪を計算する
 モデル等あり、GPV気象予報では様々なモデルの予測を提供します。
・地図上に5kmまたは20kmメッシュの詳細な気象予報を表示します。
 5kmメッシュ詳細予報では1時間毎の予測を39時間先まで、20kmメッシュ
 広域予報では11日(264時間)先まで予測。
・詳細予報の更新:1日8回(2:30,5:30,8:30,11:30,14:30,17:30,20:30,23:30)
 広域予報の更新:1日1回(4:00)
・沿岸波浪予報(波高・波向・周期)の詳細予報は3時間毎72時間先まで、
 更新は1日4回(2:15,8:15,14:15,20:15) 広域予報は11日(264時間)先まで予報。

今回の台風の予測は次のようでした。
Typhoon_2.JPG
3日 21:00時点での予想(15時間後=4日 12:00の気圧および風速予想)

Typhoon_3.JPG
3日 21:00時点での予想(20時間後=4日 17:00の気圧および風速予想)

これらは台風を観測した「結果」ではありません。台風の来る10時間以上前の
「予測」です。これよりも細かい予測(近畿地方)も公開されています。
昨日は朝9時にだされた近畿地方の予測値を見ながら、台風の迫り来る時間や
風の強さの予報をチェックしつつ、日中の用務をこなすことができました。
その精度は素晴らしく、台風の進路も風向きも、風の強さも概ね予想通りでした。
GPV予報、すごい!

気圧や風速以外にも、雨量や海上の波の高さなどの予想もあるため、
海の研究者としましては、大変重宝しております。
サイトの管理人さんに感謝、感謝。 m(_ _)m

、、、ところで、これって気象庁の数値予報データに基づいているんですよね。
、、、気象庁さん、オフィシャルに同庁のホームページに載せるのが筋だと
、、、思うのですが、いかがなもんでしょうか?
、、、っていうか、載せてくれ。

どうも気象庁は情報発信に後ろ向きだったり、情報整理が下手だったりします。
もっと頑張ってください(エール)。
nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:学問

nice! 3

コメント 1

MANTA

ツィッターでSさんよりコメントをいただきました(以下)。

Sさん「不満を感じられるひとはまだよいのです。この情報を知らずに被災する人は少なからずいるでしょうね。」
 ↓
私「不満を感じられるひとはまだよいのです。この情報を知らずに被災する人は少なからずいるでしょうね。」

by MANTA (2018-09-05 17:27) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント